« | Home | »

2011/12/31

仕事が忙しいのは毎年のことだけれど、
今年は出張が多く、拘束時間がプライベートに浸食がちで
映画館に足を運べず本当に残念だった。

21時台のラストショーも諦めがちで、家で2時間ビデオを見る気力がなく
もっぱら1時間ものの海外TVドラマが活躍。

2年越しで『ザ・ソプラノズ』シーズン5で終了、
それからちょっと『ヒーローズ』に寄り道したものの、
あまりしっくりこず、『バーン・ノーティス』シーズン3を押さえ、
途中打ち切りになった『カイルXY』の尻切れトンボな終わりにびっくりし、
大望の『ホワイト・カラー』へ。

その合間に地上波でCSIマイアミと、NY、
コールド・ケースにライ・トゥ・ミーと、本当にドラマ三昧。

気晴らしとしてはドラマはいいけれど、
2時間完結で起承転結が1回でおさまる映画が、やっぱり一番いい。

振り返ってみると、たくさん見れない時は割と厳選しているもの。

『バーレスク』は出来すぎたありきたりストーリーだったけれど
ダンスと歌はエンターテイメント性抜群だった。
『ソーシャル・ネットワーク』のストーリー展開のテンポは
今の情報社会の世の中を象徴しているんだろうなと思え、
『ブラック・スワン』のある1点を目指す凄まじいエネルギーに圧倒されつつ
芸術が目に見えるまでの努力を観客が思い出したのでは、と思う。
何しろ私たちは、お金を払えばエンターテイメントが手に入ることに
慣れすぎてしまっている。

もちろんハズレだってある。
『グリーン・ホーネット』には全く新しいことを見出せないばかりか
どうにもこうにも、面白さを見つけられず、お金はしょうがないが、
久々に時間を返して欲しいと思った。
『スーパーエイト』は少しましだったけど、スピールバーグ製作、というのに
期待しすぎたのか、映像は綺麗だったけど、
あまりストーリーにいかされてなく、これまた残念だった。

同時期に似てるのかなと思いつつ観た『アイ・アム・ナンバー4』は
期待してなかったせいか、割と話が良くできていて、
次作があってもいいと思う。

夏は比較的時間があって、他にもいろいろ見た。
『マイティ・ソー』もこれまた話がちぐはぐなのに、
ナタリー・ポートマンが出演してたり、浅野忠信のセリフの少なさや、
カイルXYのジェシー役のジェイミー・アレクサンダーのやや演技のなさに
冷や冷やしながら見る、別の楽しみがあった。
役者がキャリアを積んでいく作品を見るのは楽しい。

『トランスフォーマー/ダークサイドムーン』は安定感があり、
あれこそ映画館で見る楽しみがあるというもの。
『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』を見逃したのは痛かったけど
ギリギリ機内映画で鑑賞。
人気アメコミながらの原作がある、シリーズなのに
矛盾の少ないストーリーに、すごくテーマ性を感じおもしろい。

コラムにも書いた『コンテイジョン』は通常私が好んで見る
いわゆるエンターテイメント映画とは異なる。
けれど意外に、テーマは重いのにそれを感じさせず2時間を淡々と進行した。
本当はこういう映画をもっとたくさん観たいとは思うが、
残念ながら考えなくてはならないことは日々の生活で間に合っているので、
映画ぐらい”ほうけて”観たい、というのが本音である。

そして今年ラストは『リアル・スティール』だった。
観た時はもちろんラストとは思っていなかったけれど。
これまたドラマロストのケイト役エヴァンジェリン・リリーが出演していて、
いい役柄だった。
マルコビッチ主演の『AFTERWARDS(邦題:メッセージ そして、愛が残る)』
では、ドラマから映画へうまくキャリアシフトできるんだろうかと、
余計な心配をしてしまったが、今後が楽しみ。
もちろん、脚本が丁寧で、映画自体が良かった。

その『リアル・スティール』のキーワードが
“Your secret is safe with me.”
単純に『大丈夫、秘密にするよ』、というコトだけど
“with me”があるから、信頼、の要素が入る。
言いすぎかもしれないけれど、一度知ったことが、with meではなくなる時が、
死んでしまう時であるならば、秘密とは墓場まで持っていくモノ、に近い。

今、自分に信頼できる人がどれだけいるんだろうか、
今、自分を信頼してくれる人がどれだけいるんだろうか
と、少し考えさせられた。

もう少しで年が明ける。
2012年の映画からどんなコトバ出てくるのか、本当に楽しみだ。

2011/12/31 11:31 | firstStep, movies, things | 3 Comments

Trackback URL
Comment & Trackback

[…] 一昨年の年末に『2011年の映画館』のコラムを書いた時は もう少しマシだったように思う。 […]

Wow, this is in every repsect what I needed to know.

Thinking like that is ralley amazing

Posted at 2013.06.21 2:38 PM by Aya
Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">