« | Home | »

2008/12/11

言語そして文化の違いから生じる字幕にない英語タチ
こんな英語の表現がいいよ、なんて書いていると、
日本語すなわち日本を批判しているように思えるかもしれない。
しかし、私自身はとても日本とその文化が好きなヒトだ。

主語をわざわざ言わなくてもわかる=日本の以心伝心、わびさび
OH, JAPANESE BEAUTIFUL!
なんて言っている時点ですでに日本離れをした海外かぶれ、
でも決して日本が嫌いなわけではない。
だから日本が嫌いでアメリカに行ったワケではない。

ならば、何故にアメリカへ行ったのか?

高校2年生の終わり、受験する大学と学部の決定を迫られる。
当時得意とし、好きと言えた科目は数学と体育。
今ここで将来を決断するならば、数学者しかなる道しかないけど、そもそも数学者って何?
なんとなく疑問が湧いた。でも選択肢はそれぐらいしかないみたい。

そんな時に知ったのが、アメリカの大学制度。
入学して最初の2年間は一般教養を受け、3年生・JUNIOR YEARに専門学部を決定すればイイ。

だから渡米した。結果日本を出ることとなった。

ただそれだけ。

人生の岐路なんて、そんなもん。

だから今でも日本は嫌いじゃないし、海外生活は長いけれど、日本が大好き。
だから11年もアメリカにいて、骨をうずめたって良かったのに、日本に戻ってきたのかもしれない。

けれど、アメリカ英語圏での11年間は確実に体得されていて、悪いところもあれば良いところもあり。
そんな良いところを今、大好きな日本に足されて欲しい要素と言いたいワケで。

2008/12/11 12:11 | yes/no | 2 Comments

Trackback URL
Comment & Trackback

It’s always a pleasure to hear from someone with extiprese.

It’s sopoky how clever some ppl are. Thanks!

Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">