« | Home | »

2015/10/31

オブリビオン
【Oblivion】
2013

注意:ネタバレあり

映画館で見て、また見ようと思っていた。
月に囚われた男 のテーマに似ていて、コラムも書いた。

テーマ曲も好きで、即座に手に入れるほど、記憶に残る映画のひとつ。

トムクルーズ演じるジャックが、自分が’クローン’であると気がつく。

ジュリアが言う。

You always loved this song.
あなたの好きな曲・・・

‘loved’
過去の話し、好きだった曲。

ジャックがつぶやく

I’m not him.
僕は複製だ

I know I’m not
“本物”じゃない

‘クローン’とも’本物’とも言っていない。

ジュリアが話しかけているその曲が好きな’ジャック’ではなく、
そして、自分と思っていたジャックは’彼’になる。

それでもジャックではない自分はジュリアを愛していた、
その記憶は何故かあり、そしてそれが真実と。

確かに彼は、ある分岐点までは’ジャック’であった。

記憶を正とするのか、物質的な存在を正とするのか。

本当にヒトのクローンが、自分のクローンが
そして自分がクローンだったとしたら、
その境目はどこにあり、それを共有し生きていけるのか、
と思ってしまう。

2015/10/31 11:37 | movies | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.
No comments.