Home > books

2013/06/30

最近読んだ アーシュラ・K・ル=グウィン【Ursula K. Le Guin】の
『空飛び猫【Catwin】』の一節にこんな文章がある。

===
「お母さんはここを出て行きたいとは思いません」とタビーお母さんは静かに言いました。「私はここで生きていきます。ゆうべトム・ジョーンズさんが私に、結婚の申しこみをしました。私はその申しこみを受けるつもりです。そうなると、子供たちは邪魔になるのです。」

子供たちはみんなしくしく泣きました。でもみんなにはわかっていました。猫の親子にとってはそれが当たり前なのだということが。子猫たちはまた誇らしくも思いました。これなら大丈夫、もうちゃんと独り立ちできるとお母さんが認めてくれたわけですから。
===

何故自分の子供たちに羽が生えて生まれたのかがずっと分からなかった
お母さん猫ジェーン・タビー【Mrs. Jane Tabby】が、ある日犬から逃げるために
ふわっと飛んだ一番ちび猫のハリエット【Harriet】を目撃、環境の悪いこの街を出て
もっと良い地へ飛んで行くための翼だと悟り、子供たちに旅立ちを促す。

気になったのは『子供たちは邪魔になるのです。』と言い切り
子供たちも『猫の親子にとってはそれが当たり前』というところ。

この本は猫の家族の話であるけれど、読み手は人間の子供である。
原作が1988年(アメリカ)、村上春樹氏の訳本が1993年。

正直な印象は、猫一家の話とは言え、
再婚するから前の旦那との子供は邪魔なのよ、だからあなたたちは自分たちで生きなさい
ということかしら? 子供たちを旅立たせたいとは言えそんな表現でいいの? と驚いた。

1988年、まだ日本にいた自分のまわりには『お母さんだけ』『お父さんだけ』
という家族が少なく、たまに病気で、という話を聞くことがある程度の環境。

もともとそういう話題に疎い、という性格と、多分本当にまわりに少なかった、
という環境のせいか、『離婚した』『再婚した』という話題は
1991年にボストンの大学寮の生活を始めてから聞くようになる。

私のように両親が生まれた時から一緒(というのでしょうか)という友達と
両親が離婚して、再婚して、家族構成が変わった、という友達が半々ぐらいに。

最初親が離婚して、再婚して、と聞かされ、なんと答えて良いやら、と戸惑った。
それが、何か情をもった返答を求められ言われていることではなく
単に情報として伝えられていること、つまり家庭にはそれぞれの形がある、
と理解してからは、聞いてもあまり気張らなくなった。

(この話は深いので今回はここまでに留めます。いつか言葉にできる時が来るまで)

その時と同じくらいの気持ちでこの一節は割と重く響いた。

だから原文を読むことになったら、
そこがどういう風になっているかを確認しよう、と思っていた。

===
“I have no wish to leave,” said Mrs. Tabby quietly.
“My work is here. Tom Jones proposed to me last night, and I intend to accept him.
I don’t want you children underfoot!”

All the children wept, but they knew that that is the way it must be, in cat families.
They were proud,too, than their mother trusted to them look after themselves.
===

すぐには意味がわからなかったが『underfoot』がポイントに違いない、
と調べてみる。

underfootは副詞で『足元に』という意味、
leave ~ underfootは~を足元に残す、という意味。

子供たちが母親や大人の“足元にいる”=“まとわりつく”=“邪魔をする”
の意で多く使われている。

可愛い子には旅をさせよ、ライオンは子供ライオンを谷に突き落とす、というように
タビーお母さんは何としてでも子供たちを旅立たせたかった。
だから『邪魔になるのです』、と。

そしてそもそも、新しい旦那トム・ジョーンズとの新生活はただの口実にすぎず
離婚だ、再婚だ、なんて話は私の取り越し苦労であった。

けれど、人間に当てはめると当たり前ではないから
『猫の親子のとってはそれが当たり前【that is the way it must be, in cat families】
の一文が入っているならば、この箇所はやっぱりそうそう楽観的な事ではない。

訳者の村上春樹氏に葛藤があったかは分からないが、
1993年の私が訳していたら躊躇していたと思う。

そして躊躇した結果、最終的にタビーお母さんの心情を言葉にしたら
やっぱり『子供たちは邪魔になるのです』としていたとも思う。
だから今、この訳にたどり着く訳者という職の素晴らしさを思う。

参考)
村上春樹氏の訳書 『犬の人生』についてのコラムは こちら から

***
全く余談ですが、2年前に猫を火葬したら、
肩甲骨が綺麗に形が残ったままで、まるで羽のようだったことがある。

火葬場の人曰く、人間の肩甲骨は滅多に形は残らず、
犬や猫は時々あんな風に形が保たれることがあるそう。

多分その昔、こんな風に“羽”が残った、生前に人徳ある人がいて、
それが背中に翼“天使の羽”を持つ、天使誕生の由来かなぁ、
と思うほどそれは対になった、真っ白で大きなだ円を描く翼でした。

2011/10/25

最近読んだ本のあとがき

正確には本文を読めども読めども内容がわからず
しびれを切らして訳者あとがきを先に読むことにした

そこに綴られた、素敵な詩と訳

Keeping Things Whole
…………. 物事を崩さぬために

In a field
…………. 野原の中で
I am the absence
…………. 僕の分だけ
of field.
…………. 野原が欠けている。
This is
…………. いつだって
always the case.
…………. そうなんだ。
Wherever I am
…………. どこにいても
I am what is missing.
…………. 僕はその欠けた部分

When I walk
…………. 歩いていると
I part the air.
…………. 僕は空気を分かつのだけど
and always
…………. いつも決まって
the air moves in
…………. 空気がさっと動いて
to fill the spaces
…………. 僕がそれまでいた空間を
where my body’s been
…………. 塞いでいく。

We all have reasons
…………. 僕らはみんな動くための
for moving
…………. 理由をもっているけれど
I move
…………. 僕が動くのは
to keep things whole.
…………. 物事を崩さぬため

そして気がついた。
この本が詩人の本であることを。

そして、意味の分からない言葉の羅列に、音以外の意味はなく
けれどそれは本質をついている。

私が動いた後の穴を埋める空気はどこから来るのだろう。
埋めた分だけ、どこかが減っているのだろうか。

I am what missing.

まわりが私をとりまくのではなく、
私がそこからなくなれば、足りなくなるひとかけら

本の内容はさっぱりだけれど、この素晴らしい一節だけで十分。
こんな英語と訳は、心を幸せにする

マーク・ストランド【Mark Strand】
犬の人生【Mr. And Mrs.Baby and other stories】
村上春樹 訳

07:39 | books | 1 Comment
2011/07/31

本の原題と邦題についての話が主で、
内容に関してはネタバレにならない程度に書いたつもりですが、
これから 『13時間前の未来』 を読もうと思われる方で
事前に少しも内容を知りたくない!という方は後でお読みください。

++++

映画を見るのも好きですが、本を読むのも大好き。

アメリカに行く前は、海外の作家のSF小説をよく読んでいたけれど、
日本に戻ってきてからは、日本の作家やエッセイ、短編集が多くなったのは、
少し大きな変化。
それでもノンフィクションより“小説”を好む、というのはあまり変わらず、
それがそのまま選ぶ映画のカテゴリーと類字しているのも否めない。

そんな最近 久しぶりに翻訳モノ、
リチャード・ドイッチ【Richard Doetsch】 の 『13時間前の未来』 を読んだ。

読み始めようと思ったら、映画化されるということに気がつく。
余談だが、つくづく映画に続く道を選ぶよう。

内容はともかくとして、題名について。
原題は “The 13th Hour” 直訳すると “13時間目”
 
ストーリーは第12章【Chapter 12】午後9時から始まり
主人公が1時間前の始め、厳密に言うと2時間前に遡り、
その1時間をやり直しては59分また前の1時間の初めに遡るという
2歩下がり1歩進む、的なタイムスリップ式で進んでいく。
9:00~10:00pmをすごし、8:00pmに移動する、という具合だ。

第12章が午後9時だから、第1章は午前10時、それが物語の全てが始まる時刻。

では、題名となる13時間目の第13章は?
もちろん第12章が午後9時なら第13章は午後10時である。

読み終えて考えさせられたのは、原題“13時間目”を
邦題として13時間前の未来”と“後”を“前”に変換し、更に“未来”を付けた
訳者の佐藤耕士さんのセンス。

13時間目という時間軸は何をしようが変わらないけれど
その内容は毎時間主人公が過去を変えることによって、
常に新しい内容の“13時間目”が生成されるパラドックス。

だから結果、13時間前にとっての13時間後の未来を変えるべく、
12時間奮闘するという、13時間前の未来を変える話で意味は違いない。

更に、これは私の深読みかもしれないけれど、1時間ずつ過去に遡っていても
主人公の時間軸では1時間ずつ時間は進んでいく。
だから午前10時までの12時間は主人公にとっては未来であり
その後にやってくる1時間を13番目とすれば、やっぱり、13時間前の未来となる。

・・・その場合午前10時から午後10時までまた戻ってきたら、
実質24時間後になるから、やっぱり違うかな、、、などと頭が痛くなるパズルだが、
結末を読むと、それもあり、と思える。

ちなみに主人公は一体自分が何時間前まで遡るかなんて知りはしないから
13時間と知っているのは読者だけということを、決して忘れてはいけない。
その方がずっと話が楽しめる。

++++

日本に戻ってきてからは、英語を忘れない為のトレーニングも兼ね、
英語圏の本は、なるべく原書で読むことにしている。

ただ残念ながら、そのスピードは日本語の本の何十倍もかかり
結局読み始めることも出来ないままリストだけが増え続ける現状。

そうそう英語で読めばイイってもんでもないと、
この本を読んでみて、方針を変える気になった。