« | Home | »

2011/11/03

さてさて、今回は体の美容についてです。
「ボディ」です。
私はエステティシャンでも整体師でも医者でもないので
個人的な見解と経験からのお話になります。
それから、
私が神々しい美ボディの持ち主でもありませんことを強く主張いたします。
あくまで大切なのは意識の問題よね、ということで、ひとつよしなに頼みます。
また、病気などが原因の症状には触れておりませんことをご了承ください。

部位部位のお悩みが多いのは世の女性の常ではないでしょうか。
どこかだけにコンプレックスを抱えている、
あるいはトラブルを抱えているということは稀で
トータル的に悩まれている方がほとんどかと思います。

まず痩せたい。
顔も小さくしたいし、お尻も小さくしたい。
このお腹のお肉をどうにかしたいし、セルライトも気になる。
足も細くなりたいし、出来ればバストももう少しボリュームアップで。。。
などなど。

これまで私も色々と悩みを抱えてきました。
もちろん今でも真っ最中です。
ただ、最近になってようやく自分らしい美容法を探し当てた気分でいます。
そのうちの少しをご紹介しようと思います。

若いうちは、手っ取り早く即効性のある美容整形なども視野に入れてました。
「メス」です。
しかしご存知の通りメスを入れることは、必ず何らかの弊害を伴うようで踏み出せませんでした。
結果今となっては正解だったと安心しています。

その次は、エステサロンに通いプロのエステティシャンの手にかかる方法です。
リラクゼーション効果も高くさすがに自分では行き届かない施術、効果もそこそこあります。
しかし何といっても高価です。
大抵はお金が続かず、長期間通うことはかないません。
止めてしまえば元の木阿弥。みるみる通う前の状態に戻ってしまいます。

最終的には、「自分で頑張る」というシンプルなところに落ち着きます。
お金も大してかかりません。通う手間ひまもありません。

が!
みなさんのお声が聞こえるようですが。。。
なかなか出来ないんですよねぇ、コレ。
ついつい面倒になってしまいます。即効性にもかけるし、何というか張り合いがないわけです。

面倒で即効性がない。
ここに実は大切な核心があります。

面倒=こまめにやらないとダメ
即効性がない=それだけ蓄積されたコンプレックスは手ごわい

なわけですから、

こまめにコツコツ続け、少しずつしかし確実に変えていく
ことが出来れば、持続性のある効果が期待できるわけです。

余分なお肉が付いている部位は、マッサージしかありません。
ほぐすこと以外にメスをいれずに無くす方法はないのです。
セルライトや脂肪は、想像以上に頑固です。
マッサージもかなりぐいぐい念入りにやらないとダメです。
ローラーや微弱な電流を流すパットを付けるのもいいですが、
私はアロマオイル(精油)の力を借りています。

アロマオイルは、欧米では医療行為として捉えられているほどその効果は確かなものです。
症状によっては禁忌もあるほど、逆をいえば効くわけなのです。
日本においては、まだまだリラクゼーションの一環くらいにしか位置づけされておらずアロマファンの私としても非常に残念です。
友人にセラピストがいるため、彼女にレシピ(調合)を作ってもらっています。
きちんと勉強をしたセラピストは、我が家ではかかりつけ医のような存在になっています。
美容はもちろん、肌や体のトラブルなども大抵はアロマの力で良くなってしまいます。
(もちろん医療行為ではありません)

マッサージオイルとしては、セサミとヒマワリオイル。
脂肪を分解し代謝を高めるアロマオイルは、ペパーミント、スィートマジョラム、ジェニパーベリー、ローズマリー、サイプレス、ティートゥリー、ブラックペッパー。
以上が調合されいます。
(それぞれの割合が大切なので、ご興味ある方は必ずプロのセラピストにご相談くださいね)

これらのオイルの力を借りれば、むやみに疲れるだけのマッサージから開放されます。

お腹は経皮吸収率が高い場所なので、週に1回程度でも十分だそうです。
腸はお臍を中心に円を描いているので、それを意識してやさしくくるくるとマッサージします。
毎日必要な場所は、足~お尻、二の腕~手、です。
リンパの流れは、簡単にいうと太い骨の側にあるのでそこを集中的にさすります。
ふくらはぎは細長い平目筋の真ん中を。ひざ周りも大切な場所なので丁寧にマッサージ。
これで、老廃物が流れ代謝が高まるので浮腫み解消です。
脂肪も柔らかくなり動いてくれるので、徐々に分解されていきます。
お通じが不規則な方にはなお効果的みたいです。
体全体の流れがよくなったため、始めてまもなく私は「痩せたね!」と言われることが多くなりました。

バストは、ホルモンを活発にして豊かさをアップさせたい場所なので、オイルを変えます。
フランキンセンス、イランイラン、パチュリのように、女性らしさをサポートする効果のあるもの中心です。
バストマッサージに関してはいろいろなやり方があるので、その方のお悩み別に試されるべきでしょう。

毎晩お風呂上りの日課にして、頑張ります。

とはいえ、めげそうになりますよね。。。

そんなときは、
なりたいボディを想像して奮起してみたり、
あるいはなりたくないボディを想像してみたりすると、私の場合は効果的。
やってはいけないのは、「今日くらいはいいだろう」と勝手に言い訳をしてやらないこと。
今日くらい、が明日も明後日もになるのは目に見えています。
私はそんな気持ちがムラムラっと起きたときは、
「今日やって明日は休もう」と思うようにしてます。
そうすれば、結果毎日続きます。

体重が減らないのに、サイズダウンしていたり、周りから「痩せた?」と聞かれたら大成功です。
なにより、血行がよくなってくるのでお肌のトーンも明るくなります。
生足の「まだら模様」的な恥ずかしさとはサヨナラです。
肌色の整ったしっとりした脚になります。

マッサージで体をほぐすことと同じくらい大切なのは、
ストレッチと筋トレです。
わざわざジムに通わなくても、毎日15分程度続ければ十分効果は期待できます。

そのお話はまた次回に。

2011/11/03 01:53 | 美容 | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.
No comments.