« | Home | »

2012/10/04

せっかくお金を出してサロンで綺麗にしてもらったネイル、
出来るだけ長く楽しみたいですよね。

今回はネイルを長く楽しむためのコツをお話しようと思います。

まずは反対に、ネイルをダメにしてしまいがちな行動を挙げてみます。
・指先ではなく爪の先を使ってしまう(シールをガリガリ剥がすなど)
・サウナやプールに頻繁に通う(週に2~3度)
・家事炊事においてゴム手袋を使う習慣がない
・1日の中でハンドクリームを塗らないこともある
・頻繁に指先にオイル分が付く(オイルマッサージをする職業など)

ネイルの敵は、外的衝撃と乾燥などによる荒れ、過剰な水分・油分です。
このウィークポイントを意識して守ってあげると持ちは格段に良くなると思われます。

・爪を立てる仕草はせず、指の腹や小物を利用する
(缶のプルタブは鍵などを使って開けたりします。面倒なようですが何事も習慣化すれば問題なしです)
・サウナやプール通いの習慣をネイリストに話し、強化した施術をしてもらう
・洗剤はもちろん水洗いでも出来るだけゴム手袋を使うよにする
(ネイルのためだけでなく、合成物のけい皮吸収も防げます。何より手全体が美しくなります)
・冬場でなくてもクリームを塗る習慣をつける
(しっとりした状態が通常であるよう慣らしましょう)
・油分の過剰な与えすぎは逆に剥がれやすくなる原因になるのでほどほどに
(ご職業柄などやむを得ない場合はネイリストに相談してみてください)

コツは「ちょっとしたこと」です。大切なのは、習慣化すること。
それが難しいのよね…というお声が聞こえてきそうですが
自分以外に出来る人はいないですものね。
美しい手とネイルに出会った時の惚れ惚れする気持ちと
人前に出すのをためらう状態の時の恥ずかしい気持ち、
思い出して発起しましょう。

すぐにでも出来る手軽なコツもあります。
1日1回、透明なマニキュアを上から塗ってみてください。
コーティングが重なることで持ちもよくなり、
ストーンなどがある場合は取れ難くなると思います。
爪の先がうっすら剥げかけてきたな…という時には
お手持ちのラメマニキュアを先端や全体に塗ってみましょう。
アラを隠すと同時に剥げ難いのでまたしばらくは楽しめるはずです。
違ったデザインになったようで新鮮味もあります。

ジェルネイルの時も同様です。
上から塗っても構わないので、
次回サロンへ行くまでの応急処置としてこのようにマニキュアを使用しても良いでしょう。

サロンでも気軽にネイリストにコツなどを聞いてみてください。
きっとアドバイスがもらえると思います。

2012/10/04 05:15 | ネイル | 1 Comment

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.

[…] もちろん、現役ネイリストならではコラムも満載。 手に汗握るコンペの模様や、サロンで施術を受けた後のケアの方法、モデルの確保などの問題について説明した後は、サロンでの働き方のイメージも提示。イメージもついていよいよ開業したい!という方には自宅サロンの開業方法まで幅広く教えてくれる星野さんのシリーズは、女性なら(男性でも)読むだけでわくわくしてくるのではないでしょうか。 […]