Home > 美容

2011/11/10

前回に続き、ボディのお話です。

ボディに限らずですが、
お肌表面だけをいくら整えても、内側をおろそかにしていてはいけません。
ハリだのキメだのツヤだの。
美しく健康なお肌を表現するおきまりの言葉がありますが、
これは支える筋肉やその細胞が元気でなければ生まれてこないのです。

ストレッチと筋トレ、この2つが大切なのはそういう理由からでもあります。

テレビコマーシャルなどを見ていると、ついつい美容効果を劇的に生んでくれるような化粧品に依存してしまいそうな誘惑にかられます。
リフトアップ、なんてエイジングケアラインの化粧品の代名詞です。
かたやストレッチと筋トレというキーワードは、美容というより健康志向のようなイメージを持たれる方も少なくないようです。
「別に筋肉とかいらないし」とか
「筋肉よりこの浮腫みをどうにかしたいの」なんてお言葉も耳にしますが、
そうではないんですね。
美容と健康はセットです。
健康だけが一人歩きすることはあっても美容だけが一人歩きすることはありません。
いっけんそうであったとしても、必ずどこかトラブルを抱えていたりします。
黙っていても代謝が活発な若いうちは気にもなりませんが、
30代を過ぎ代謝が落ち始めると驚愕とともに実感される方も多いはずです。
かくいう私もその一人でした。
お顔の筋肉でさえも鍛えなければ落ちていく、重力に従い垂れ下がっていくわけです。
考えてみれば至極当然です。なにも肌表面の変化だけが原因ではありません。
にっくきホウレイ線や顎まわりのたるみの正体みたり、です。

足を細くしたいなら、
お肉を支える筋肉を鍛えてそのラインを維持する必要があります。
代謝をよくして余分な脂肪が燃えやすく付きにくくする必要があります。
浮腫みも代謝と血行の滞りが原因ですから、やはり運動とストレッチが必要です。
肌表面の潤い不足は表面から栄養を与えて整えます。
せっかく努力しているのだから、相乗効果も期待して食事にも気をつけてみます。

以上のような理屈が腑に落ちて習慣化できれば数ヵ月後に結果はでます。
足のラインが変わる頃、きっとそれ以外のパーツにも変化が起きているはずです。
さらに意識が高じているので、今まで気にならなかったパーツにも気配りが出来るようになるでしょう。
他のパーツも同じ、なんです。もちろんお顔も。

ボディ、お顔、で下地の美容と健康が廻り始めると
次は表面を飾る楽しみが出てきます。
服のサイズが変わり(戻り)着てみてもサマになる。
ファンデーションのノリもよくなり崩れにくくなってくる。
心なしか髪の毛もツヤが出てきた気がする。
手を出したときにネイルが綺麗だと何だか嬉しい。

お洋服、お化粧、ヘアースタイル、ネイル。。。
そう、ファッションです。

モデルさんや女優さんが美しいのは、この関連性に気づいて実行しているからではないでしょうか。
○○だけ、を真似しても総じた美しさには程遠いのです。

完全であることより、完全を目指すその姿勢と意識が
きっと内面からにじみ出る美しさを生んでいるのだと思います。

ボディの美と題しましたが、
美容用語とは別に、すべて(ファッションにいたるまで)を包括する意味でのお話をしてみました。
ネイルを愛する方々が、おおよそ魅力的である理由はこういったことからではないかと
その世界に身をおく者として感じています。

12:47 | 美容 | No Comments
2011/11/03

さてさて、今回は体の美容についてです。
「ボディ」です。
私はエステティシャンでも整体師でも医者でもないので
個人的な見解と経験からのお話になります。
それから、
私が神々しい美ボディの持ち主でもありませんことを強く主張いたします。
あくまで大切なのは意識の問題よね、ということで、ひとつよしなに頼みます。
また、病気などが原因の症状には触れておりませんことをご了承ください。

部位部位のお悩みが多いのは世の女性の常ではないでしょうか。
どこかだけにコンプレックスを抱えている、
あるいはトラブルを抱えているということは稀で
トータル的に悩まれている方がほとんどかと思います。

まず痩せたい。
顔も小さくしたいし、お尻も小さくしたい。
このお腹のお肉をどうにかしたいし、セルライトも気になる。
足も細くなりたいし、出来ればバストももう少しボリュームアップで。。。
などなど。

これまで私も色々と悩みを抱えてきました。
もちろん今でも真っ最中です。
ただ、最近になってようやく自分らしい美容法を探し当てた気分でいます。
そのうちの少しをご紹介しようと思います。

若いうちは、手っ取り早く即効性のある美容整形なども視野に入れてました。
「メス」です。
しかしご存知の通りメスを入れることは、必ず何らかの弊害を伴うようで踏み出せませんでした。
結果今となっては正解だったと安心しています。

その次は、エステサロンに通いプロのエステティシャンの手にかかる方法です。
リラクゼーション効果も高くさすがに自分では行き届かない施術、効果もそこそこあります。
しかし何といっても高価です。
大抵はお金が続かず、長期間通うことはかないません。
止めてしまえば元の木阿弥。みるみる通う前の状態に戻ってしまいます。

最終的には、「自分で頑張る」というシンプルなところに落ち着きます。
お金も大してかかりません。通う手間ひまもありません。

が!
みなさんのお声が聞こえるようですが。。。
なかなか出来ないんですよねぇ、コレ。
ついつい面倒になってしまいます。即効性にもかけるし、何というか張り合いがないわけです。

面倒で即効性がない。
ここに実は大切な核心があります。

面倒=こまめにやらないとダメ
即効性がない=それだけ蓄積されたコンプレックスは手ごわい

なわけですから、

こまめにコツコツ続け、少しずつしかし確実に変えていく
ことが出来れば、持続性のある効果が期待できるわけです。

余分なお肉が付いている部位は、マッサージしかありません。
ほぐすこと以外にメスをいれずに無くす方法はないのです。
セルライトや脂肪は、想像以上に頑固です。
マッサージもかなりぐいぐい念入りにやらないとダメです。
ローラーや微弱な電流を流すパットを付けるのもいいですが、
私はアロマオイル(精油)の力を借りています。

アロマオイルは、欧米では医療行為として捉えられているほどその効果は確かなものです。
症状によっては禁忌もあるほど、逆をいえば効くわけなのです。
日本においては、まだまだリラクゼーションの一環くらいにしか位置づけされておらずアロマファンの私としても非常に残念です。
友人にセラピストがいるため、彼女にレシピ(調合)を作ってもらっています。
きちんと勉強をしたセラピストは、我が家ではかかりつけ医のような存在になっています。
美容はもちろん、肌や体のトラブルなども大抵はアロマの力で良くなってしまいます。
(もちろん医療行為ではありません)

マッサージオイルとしては、セサミとヒマワリオイル。
脂肪を分解し代謝を高めるアロマオイルは、ペパーミント、スィートマジョラム、ジェニパーベリー、ローズマリー、サイプレス、ティートゥリー、ブラックペッパー。
以上が調合されいます。
(それぞれの割合が大切なので、ご興味ある方は必ずプロのセラピストにご相談くださいね)

これらのオイルの力を借りれば、むやみに疲れるだけのマッサージから開放されます。

お腹は経皮吸収率が高い場所なので、週に1回程度でも十分だそうです。
腸はお臍を中心に円を描いているので、それを意識してやさしくくるくるとマッサージします。
毎日必要な場所は、足~お尻、二の腕~手、です。
リンパの流れは、簡単にいうと太い骨の側にあるのでそこを集中的にさすります。
ふくらはぎは細長い平目筋の真ん中を。ひざ周りも大切な場所なので丁寧にマッサージ。
これで、老廃物が流れ代謝が高まるので浮腫み解消です。
脂肪も柔らかくなり動いてくれるので、徐々に分解されていきます。
お通じが不規則な方にはなお効果的みたいです。
体全体の流れがよくなったため、始めてまもなく私は「痩せたね!」と言われることが多くなりました。

バストは、ホルモンを活発にして豊かさをアップさせたい場所なので、オイルを変えます。
フランキンセンス、イランイラン、パチュリのように、女性らしさをサポートする効果のあるもの中心です。
バストマッサージに関してはいろいろなやり方があるので、その方のお悩み別に試されるべきでしょう。

毎晩お風呂上りの日課にして、頑張ります。

とはいえ、めげそうになりますよね。。。

そんなときは、
なりたいボディを想像して奮起してみたり、
あるいはなりたくないボディを想像してみたりすると、私の場合は効果的。
やってはいけないのは、「今日くらいはいいだろう」と勝手に言い訳をしてやらないこと。
今日くらい、が明日も明後日もになるのは目に見えています。
私はそんな気持ちがムラムラっと起きたときは、
「今日やって明日は休もう」と思うようにしてます。
そうすれば、結果毎日続きます。

体重が減らないのに、サイズダウンしていたり、周りから「痩せた?」と聞かれたら大成功です。
なにより、血行がよくなってくるのでお肌のトーンも明るくなります。
生足の「まだら模様」的な恥ずかしさとはサヨナラです。
肌色の整ったしっとりした脚になります。

マッサージで体をほぐすことと同じくらい大切なのは、
ストレッチと筋トレです。
わざわざジムに通わなくても、毎日15分程度続ければ十分効果は期待できます。

そのお話はまた次回に。

01:53 | 美容 | No Comments
2011/10/27

さて「美」に関して、私なりの見解などを書いてみたいと思います。
(頑張ります、ウッス!)

まずは、ネイリストとして基本中の基本である指先の美から。

美しい指先とはどんなものでしょう?

白魚のような、とよく喩えられますが
確かにキメの細かくしっとりした色白で、スーッと細く長い指は美しいですね。
それは理想形だとしても、お顔同様にお手入れが行き届いているであろう手指は美しいものです。

ではその先にあるお爪はどうでしょう。

短い方が清潔感がありますか?
長い方がさらにスラッとしていて素敵でしょうか?

爪そのものは「どちらでもよい」が正解です。
長かろうか短かろうが、それ自体は関係ありません。
むしろ、その根元の甘皮の周りや爪が問題なのです。
甘皮とは爪を囲む周りの皮膚の部分です。

ささくれがあったり、ゴワゴワカチカチの角質があったり、
爪は欠けたままと伸びたままがごちゃ混ぜのバラバラだったり、
甘皮が伸び放題で爪との境目を曖昧にしていたり。。。

ネイルに興味のない方は、「それが普通」の状態と思われているかもしれませんが
正しくお手入れされた爪周りの美しさを、一度ぜひご覧いただきたいと思います。
まさに「清潔感溢れる」美しい指先です。

お手入れが行き届くことは清潔になること。
いくら爪が短くとも、その短い爪先に得体の知れないカスが入り込み、
変色しているようではむしろ不潔です。
爪が長くとも、ネイルブラシで丹念に爪の裏を洗う習慣のある方がよほど清潔なのです。
また、合成洗剤などに対する無頓着も指先の美しさを損なう大きな要因です。
これは全身の美容にも通ずる観念です。

出来るだけ低刺激の洗剤を使う。
洗い物をするときは必ずゴム手袋をする。
用事が済んだら手を清潔に洗浄する癖をつける。
手が水に触れたらクリームを付ける習慣を徹底する。
就寝前のハンドクリームはたっぷりとつけ、寝ている間のメンテナンスを心がける。

以上が美しく健康で清潔な指先を保つコツです。
マメさと意識の高さが求められます。
そう、これが「美意識」なんですね。

手につけるハンドクリームは特に高価なものである必要はありません。
ドラッグストアで手に入るもので十分です。
大事なのは習慣化させる美意識です。
家事をこなすことで、美意識の欠如を言い訳にせず
むしろ家事もこなすことを自慢できるような指先を保ちたいものです。

美しい手指と家事、この関係においては私もかなり敏感です。
誤解されている方が非常に多く、
ネイルを楽しむ方やネイリストは時としてその偏見の矛先が向けられることも少なくありません。
この件に関しては、十分に一コラムを埋めるであろうフツフツとした思いがありますので
また後ほどのネタとしてとっておこうと思います。

美とは、おそらく、
自己満足であり他者を不愉快にさせないわきまえであり、
総じては第三者からの自分への評価を認識するツールであると私は考えています。
まずは、指先から。
否、指先までもぬかりなくというのが私の考える「指先の美」です。

2011/10/20

ふと。
ふとコラムタイトルの紹介文を読み直してみました。

職人として「指先の美容」に拘り続けるネイリストの美に関するコラム。
とあります。

これまでの投稿を見直すと、「美に関する」ことにあまり触れていないことに気づき遅ればせながらあわてている次第です。
私がネイリストであり、ネイルやネイリスト養成に対する情熱は、深度のかなり深い火傷のようにガンガン伝わっているようですが。。。

今回は反省の意味も含め、話題を変えてみます。
シェアリングを通してのお話は早々ではありますが、ちょっとお休みです。

指先はもちろん、全身においての美容もネイリストの得意分野かもしれません。

本当は飾る必要のない爪を飾り立てては悦に浸るネイリスト、
他のパーツをおざなりにすることもないに決まってます。
ネイリスト、特にトップネイリストは、皆さんそれぞれに個性的で素敵です。
良く言えば華やか、悪く言えば派手です(ご、ごめんなさい)。
基本的にお洒落が大好きな人間の集まりで、さらには凝り性という性分も加わっているためその放つオーラは明らかに玄人そのもの。

たとえば、
協会が主催する大きなイベント(検定試験も含む)では、
私たち協会の人間には黒スーツ着用が求められているため集団になるとその雰囲気も目を瞠るものがあります。

黒スーツなのに、決していわゆる会社勤めのそれとは異なります。
みんな決められた枠の中でお洒落に余念がないため、どこぞの高級クラブの幹部集団のような(褒めてます)出で立ちです。
しかし上品さを意識していることと、内部に併せ持つ芯の強さがかもし出されるせいか、「カッコいい」のです。

手前味噌ですみません。

でも、ほんとに。

ネイリストの卵たちはこの姿に憧れたりするものなんです。
(もちろん私もそうでした)
なかには威圧感を感じてしまうくらいのようなんですが…。
ま、目立つわけです。

そして特筆すべきはみなさん揃いもそろって、
年齢不詳の美魔女であることです。

特にイベントの主軸運営を担うトップネイリストの方々は、
ネイリストとしても、人生経験としても、長いキャリアをお持ちの方が多いのですが、
みなさんそれぞれにその実年齢よりは若いのです。
アンチエイジング極めたり、といった感じです。
スタイルが良い方が多いのも特徴かもしれません。

自画自賛のような前振りが長くなりました。
私自身がその中に含まれているかどうかは別として(汗)、
どんな「美」に拘っているのか、少し紹介してみたいと思います。

ただし!
この手の分野は、非常にデリケートかつ細分化されているので
「私が証明です」とどこかで耳にした台詞を吐くつもりは毛頭ございません。
ネイリストという美魔女に囲まれ、その高い美的感覚に触発され微力ながらもちょっと頑張ってみているアラフォー主婦ネイリストの独り言、という感覚でいきますので
どうぞよろしくお願いします。

…えぇ、かなりビビッてます。
だって、この手の世界は美しくも厳しいオネーサマがたくさんいるものですから!

次回に続きます。