« | Home | »

2012/06/28

みなさん、なぜ「梅雨(つゆ)」は「梅の雨」と書くかご存知ですか?
いま、ちょうど梅が実をつける時期なのです。ちょうど南高梅などがスーパーに出回っています。私も今年は梅干し作りに初挑戦!と2袋買って、熟すまで置いておいたのです。

ところが、熟すなり、うっすらと黴が生え始めてくるんです。それだけ黴の生えやすいシーズンなのでしょうけど、漬ける前の梅がこんなに貧弱だということにはちょっとビックリ。いわゆる「梅干し」は、お弁当にひとつ入れておくと、それだけで防腐剤代わりになるのに・・・。梅は塩に漬けることで、じぶんが腐りにくくなるだけでなく、他も腐りにくくする強さを持つようになる。梅干しは、人類の貴重な発明ですよね。

石垣島でのキャンプ生活でも、梅干しは必需品でした。炊いた白米は通常、翌日までもたないものなのですが、梅干しを埋めておけば、なんとかもつのです。すごい威力です。梅そのものや、一緒に漬け込む赤紫蘇の香りに、その秘密があるのではないか?と私は睨んでおります。香りには、リモートで黴菌を殺す力があるということは、精油などの研究でわかっていますしね。

しかし、香りには、殺菌作用だけではない何かがある。そう思ったのは、い草マットで寝始めてからです。友人が「涼しく寝れるよ」と勧めてくれた100円ショップのい草マットを敷いて寝るようになってからは、蓄膿の調子がわりと良いのです。

私は花粉症が酷くなってから、ダニやハウスダストへのアレルギーを併発してしまったので、なるべく「ハウスダスト・フリー」目指して環境整備しています。しかし、布団から完全にダニを退治するなんて無理だし、寝るときはどうしても舞ってしまうし、鼻が発生源に近い。ところが、い草マットを敷いてからは、「すっきり感」があるんです。気づくと起床時の鼻詰まりがない。

い草には、ハウスダストや黴を「不活性化」させる作用があるのではないか? と思ったのです。もしかしたら「マイナスイオン」というものと関係してるかもしれません。その先は、その道の方に説明を求めるとしましょう。寝苦しいこれからの季節、体感温度も涼しくなるし、何より森林のような爽快な香りで癒してくれる「い草」マット。たったの100円ですよ〜。おすすめです。

さて。これから気温が上がってくるとみなさん気になるのが、「体臭」だと思います。ドラッグ・ストアにはズラッと消臭剤が並んでいますが、私は体臭を消すなんてもったいない!と思ってしまう派。それよりは、いかに「体臭」を「魅力的な香り」に変えられるか。じぶんの体を使って日々実験をしております。(^^)

たとえば。サンダルウッド(白檀)などの精油を、無臭のさらっとしたオイル(ホホバなど)に混ぜて香油を作り、それを腋などのニオイの気になるところに塗り込んだり。ヘア・オイルとしても使えますしね。もっとニオイの蒸れるところ(股下など)は、サンダルウッドじゃ効かないな、ローズかジャスミンを足そうかな、それとももっと動物的な香料(ホワイトムスク)にしようかな、など、試行錯誤をしています。

ローズの香りもジャスミンの香りも、「シベット」という猫の尿のようなニオイのする香料と組み合わせると、単体の時よりもずっと魅力的な香りになるものです。このように、良い芳香と嫌な芳香は、組み合わせることにより、魅力がお互いに引き出される。この法則を覚えておけば、十分です。あとは相性なので、いろいろ組み合わせてみるのみ。みなさんも是非試してみてください。じぶんの体臭を否定する必要はありません。じぶんの体臭ならではの、魅力的・魅惑的な香りを、創造してみましょう〜。(^^)

 

今回は、本エッセイにも関係する私の作品たちをちょっとご紹介しましょう。

 

↓あるパフォーマンスのドキュメンテーションとして、7人のダンサーの体臭を衣裳から抽出した「香水作品」。7人7色のにおいがします。

 詳細はこちら

 

↓い草の香りを蒸留で抽出して、作品にしました。他にも「ぬか漬け」「せっけん」「味噌汁」など、日本女性にまつわるにおいを蒸留。名付けて 「PERFECT JAPANESE WOMANの香水」。

詳細はこちら

2012/06/28 07:14 | 体臭, 匂い・嗅覚 | 1 Comment

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.

[…] もちろん、上田さんご自身も実験材料。自分の体臭をどこまで魅力的に変えられるか、好ましい異性の香りとは何か、日本に置いて遊女たちがどれだけ香りを効果的につかっていたか… […]