Home > 自分のこと

2013/12/04

JunkStageをご覧の皆様、こんにちは。 いつもJunkStageをご訪問いただき、ありがとうございます。

病室の千羽鶴は飛ばない」のライター、医学生・朽木誠一郎さんですが、現在学業を優先されるため2014年3月末日までこちらの連載を休載とさせて頂いております。

ご愛読頂いております皆様には大変申し訳ございませんが、次回更新の際をお楽しみにお待ちくださいますよう、お願い申しあげます。

(JunkStage編集部)

2012/09/17

はじめまして。朽木誠一郎です。

子どもの頃の夢は「お医者さん」か「小説家」でした。
いまは、医療の現場で医学の勉強をしつつ、いくつかのメディアで記事をかかせていただいています。

僕はライターです。そして、医学生として、毎日外来や病棟でたくさんのことを見聞きします。

そこにいろいろな配慮を加えたら、医療の実際や、命というものについて、みなさんと一緒に考えることができるのではないか、と思うようになりました。

どうぞ、よろしくお願いします。

朽木誠一郎

—–

※個人情報への配慮について
このコラムは基本的にノンフィクションです。でも、特定の患者さんを話題にするものではありません。
場所も、時間も、患者さんの病名も、病歴も、すべて僕が経験したことを、
ゆるやかに織り交ぜ、一部に変更を加えています。ご了承ください。