2009/12/20

私はかなり慌しい毎日を送っているわけね。

寝る間もないくらい・・・。

一日平均で2~3時間の睡眠時間なわけね。

それでも、頑張って原稿をUPしていたけれど、もうボランティアで原稿を提供する時間がなくなってしまいました。

ブログを更新するので精一杯だし。。。

ということで、これを持ちまして『恋子の恋愛万華鏡』は最終回とさせていただきます。

今まで、大変お世話になりましたが、続きはブログの方で・・・。

気になる方はどうぞ、遊びにいらして下さいませ。

 http://ameblo.jp/koikoinissi1192/

おしまい・・・

2009/12/20 09:10 | エピローグ | No Comments
2009/12/15

最近の女子はどうして自分勝手なんだろう・・・・。

私、かなり忙しくて、寝る間もないっちゅうのに、なにかと私の時間をよこせといってくる。

空いていれば何とかするけどさ・・・

空いてないんだから仕方ないじゃん・・・

で、断るわけね。。。

最近、愛ちゃんの影響を受けて自分が嫌だと思うことにはNOが言えるようになったから。

NOといっちゃうの。。。

一度言うと、なかなかいいもんで・・・

次々とNOが言えているわけ。

こんな時、相手が男の場合なら了解で済ましてくれる。

でも、女の場合はすねるわけ。

どんなにすねられてもねぇ~

優先順位は①仕事②プライベート

これって普通でしょ???

だって、生活の糧を稼がなきゃ、プライベートも何もありゃしないわけじゃない。。。

いやいや何でこんなことぶつくさ愚痴言ってるかと言うと・・・

この間、とある女友達にランチに誘われたわけね。

で、かなり忙しくて、スケジュールぎっしりだからお断りしの・・

 そしたら・・・・

「なんで?何か用事があるの?仕事なの?そんなに仕事が入ってるの??」

質問責め。

しかも、その後・・・・

「東京に住むからそんなに働かなきゃならないのよ。家賃高いし。東京は大変だわ」

と言われてもね。。。

どこ行けっての???

その後も、グチグチと嫌味・・・・・。

不愉快だぁ~~~~!!!

と思ったんだけど、心の中で縁切ることで解決。。。

まったく、彼女みたいな態度、明治女なら到底考えられないこと。

人の事情を考えられなくなって、自分がこうして欲しいと思う時にしてもらえないとすねる。

まったくもって・・・・・

なんて・・・・

自分がやられるとついぞそう思っちゃうんだけどね。。。

実際に恋子自身だってそうなんだろうね。。。と思うよ。。。

全く持って、女は自分勝手な生き物だからね。。。

自分含めて、困ったもんだ。。。

2009/12/15 12:31 | エピソード | No Comments
2009/12/07

恋子は現在未亡人になって8ヶ月目。

先月の15日に結婚記念日1周年だという、とても短い結婚生活でした。

実はこの結婚生活は、何とか幸せな部分を見つけ出そうと努力しなくてはならない結婚生活だったの。

4ヵ月半の結婚生活の内、9割方は地獄。

4月10日に彼が亡くなった時は、失った悲しみもあったけれど、地獄から開放されたと言うなんともいえない安心感に包まれたものだわ。

まさに、地獄からの生還。。

その後は、様々な友人の力で私の心は徐々に回復。

現在は新しい恋に夢中・・・・。

でもね・・・

結婚は出来ない恋なの。。。

その人は、恋子の感性を磨いてくれるし、何より、同じ作家の大先輩として文章も磨いてくれる。 

万葉集の中に出てくる恋のように、和歌を詠みあったりね。。

本当に大切にしてくれるんだけど・・・

結婚できない恋なのさ。。。

でも、恋子は未亡人になったばかりだし、暫くはこういう形態の恋もいいかなって思ってはいるんだけどね。。

つい先日、成功している旦那さんを持つ友人にチクチク嫌味を言われたわけね。

「うちの主人は○○○しているし、その業界では○○○が選ぶトップ5に入っている人だから。恋ちゃんは男にもてるけれど、相手選びが下手ね。もっと選んで結婚しないと老後に孤独になるわよ。これからは、愛だの恋だの言ってないで、きちんと稼いで金のある男と結婚しなきゃだめよ。くだらない恋愛ばっかりしないで・・・本当に心配してるんだから」

急に、上から目線でガッツリ言われたわけ。。。

彼女は電話の度に「これは悪口じゃないのよ・・・●●さんってね・・・」と言う具合に、いつも誰かさんの悪口を言ってるから、多分、私のこともこんな感じに言ってるんだろうなぁ~~

なんて考えていたら欝状態になったわ。

ただ、欝状態から立ち直って改めて思ったのは、彼女の言い分もまんざら間違ってはいないってことね。

恋愛なら、嫌になれば「さよなら」で済んじゃうけれど、結婚となると法律上のこ難しい問題が生じるじゃない。

だから、愛だの恋だの甘いことを言う前に、経済的なことや社会的なことを慎重に調べなければならないのかもしれない・・・。

つまり、ある程度の打算が必要ってことなのね・・・

今更ながらに打算が必要だってことに気付いた・・・晩熟な恋子。。。

打算で恋愛は出来ないけれど、がんばってみる!!!

幸い、婚活している人が大勢いるし。。。

心細くないしね。。。

ってか・・・・

その前に、気持ちを結婚したいって方向に向けなくっちゃぁ~~~!!

だね・・・

2009/12/07 01:27 | エピソード | No Comments
2009/11/24

クリスマスパーティーを開催しますクリスマスツリー

 南北線六本木一丁目駅から歩いて5分の超高級マンションの一室で・・・ドキドキ

次回の鹿鳴館倶楽部&大人の遊び場倶楽部…クリスマスパーティーを開催しますよ~!!

ドラマのロケにも使われたことがある程、ゴージャスでお洒落・・・ラブラブ!

一度は住んでみたいというようなかなり素敵なマンションです。。

今回はクリスマスなので、お部屋に合わせた更にゴージャスなお料理を沢山ご用意して皆様をお待ちしておりますねクリスマスツリー

まさに食べ切れない料をお出ししますので、おなかペコリンでお越しくださいねナイフとフォーク

今年最後の鹿鳴館倶楽部&大人の遊び場倶楽部パーティーなので、ゆったりとお過ごし頂きたいと思い、会期を二回に分けました。。クラッカー

床に座って、我が家気分に浸ってみて下さい。。クローバー

夜景も最高なので、是非是非スナップ写真を撮っちゃって下さいねカメラ

ご都合のよろしい日をご指定して、お申し込み下さい。

■日時:①12月16日(水)
     19:00受付開始(19:30スタート~約22時終了)

     ②12月23日(水)

     18:00受付開始()18:30スタート~約20時終了)

■場所: 六本木一丁目の超高級マンション

※参加頂けます方に直接お知らせ致します。

■参加費: 各回6000円

■ドレスコード: ちょっとしたよそ行き。

※ネットワークビジネスや投資、融資などのビジネスに関することについては、早坂恋子&松本愛理は一切の関与しておりませんので、全て自己責任の上でよろしくお願い申し上げます。

※こちらのマンションは実際に様々な方がお住まいになっておりますので、エントランスホールや共有廊下等はお静かにお願い申し上げます。

※会場内は一切禁煙となっておりますので、よろしくお願い申し上げます。

お申し込みはブログかHPにメールください。。。

http://www.11koi.com/otoiawase/index.html

恋恋・・素敵な恋をしましょ!!

恋恋・・素敵な恋をしましょ!!

恋恋・・素敵な恋をしましょ!!

2009/11/24 03:16 | エピソード | No Comments
2009/11/15

最近、恋子は一人の殿方と熱愛中です。

彼は、同じ作家なので、感性がぴったり合うのね。

それに、本当にロマンティックな人だから、恋子はとっても充実しているわ。

たぶん、今まで感じたことのない、心からの充実感。

お互いに、かなりハードな生活をしているから、逢瀬も月に一度しか出来ない感じだけど。

でも、彼から毎朝毎晩来るメールを読むだけで心がほっこりするの。

生まれて初めて、真剣に恋をしたような気がする。。

彼との恋を考えると、今までの恋はなんだったのって感じに嘘臭く感じてしまうくらいなの。

 だってね、 彼は和歌も好きな人だから、丁度、万葉集の恋の歌のやり取りのように素敵な和歌を送ってくれるんだもの。

このあいだも・・・

『恋を聞く 枕の奥のしじまより 熱き思いのたぎり立つまで 』

と言う彼からのちょっとセクシーな歌をもらったので・・・

『 我が君と 逢瀬待ちまつ 艶肌は 蕾恥らう甘き露園』

なんて、ちょこっとエロティックな歌をお返ししちゃいました。

こんな感じに、今恋子が夢中になっている恋は、かくもロマンティックな恋なのです。。。

あぁ~~

今回は、かなり自慢したかったんだぁ~~

読者の方、やきもち焼かないでね。。。

だって、4ヵ月半の地獄の結婚生活を耐えたんだから、ちょっとくらい幸せ感じたって、罰当たらないでしょ! 

おしまい・・・

200911071233501.jpg

2009/11/15 06:23 | エピソード | No Comments
2009/10/26

先日、とあるパーティーで出会った男。

正直、顔すら覚えてない訳よ。

友達のバースデーパーティーだから出席したけど、時間に追われてるから、かなりしんどくて、出席するのがやっと。

パーティー自体、主役の彼女以外は眼中になかったのが本音。

でね、話は戻るけれど、前述のその男がパーティーの次の日に電話をよこしたわけ。

私、うっかりやだから、友達と思ってでちまった。

名字が同じなんよね。

でてから、あちゃっと思ったわ。

だって、内容がエロいんだもん。

相手さんにしてみれば、テレフォンセックスのつもりだったんだろうけどね。

「僕とエッチする時はどうやって喜ばしてくれるの?」

ってさ・・・

何で、誰かも覚えてない人を喜ばさなきゃなんないわけ??? 

でも、適当にその時はあしらったのね。

ところが、次の日のお昼間にも彼から電話が掛かってきたの。。 

恋人でもないのに、ただでくだらない電話の相手なんてしたくないじゃん。

しかも、かなり忙しい最中なのにさ。。

その上、女紹介しろとか言うの。。

恋子は、愛人斡旋業なんかしてないし、恋に悩んだ子羊ちゃん達は高い相談料を支払ってるわけじゃない。

それなのに、たかだか、パーティーで一回しか会ってない男の退屈を紛らわす電話をただで受けてるのが馬鹿にされているような気がしてならない。。

だから、がっつり、カウンセリング料金を記したメールを送ってやったわ。

勿論、お馬鹿さんに対しては、通常料金の倍ね。

当然じゃん。

あ~すっきりした!

2009/10/26 04:01 | エピソード | No Comments
2009/10/10

今日は、一風変わったお話。。。

このところ、恋子はかなり忙しい日々を送っている。

そんな折、とある出版社の社長から食事に誘われた。

といっても、彼は恋子の本を出版しているところではないので、あくまでもお友達として。。。

で、その日の食事もほぼ強引に約束させられたんだけどね。。

当日になって、校了が伸びちゃって、今日は無理。。

なんて、ドタキャン食らったわけよ。。

大丈夫よ。。

と、理解ある姿を見せたけど、実は、これで3回目のドタキャン。。。

しかも、いつも強引に約束させられているから内心ムカムカ。。。

後日、彼とその話をしていた時に、チクリいやみを言ってやったのね。。

そしたら、女心は判らないなんて言うからさ。

メールで女心を教えてあげたわけ。。。

そのメールがこれ

↓ 

あなた、女性を知らなさすぎのようだから、簡単に教えてあげるわね
私って、親切よねぇ~
本当はお代頂いて教えてるのよ(笑)

女は物わかりの良い振りをする

顔で笑っていても、いつか復讐の機会を狙っているかもしれませんよ

女の爪は長い


ちやほやされると可愛い子猫を演じるけれど、粗末に扱うと長い爪で引っかかれるかもしれません

女は誉めて育てましょう
女は子供と同じく、誉めて育てると扱いやすくなりますよ

女のジェラシー百までも
女は惚れた男にジェラシーを抱くもの。どうでもよいキープ君には抱かないけれどね

女は嘘がお上手
男は浮気をしたらすぐばれますが、女はばれにくいのは嘘が上手いからです

女は我慢の限界を越すと怖い


普段は大人しく我慢していても、限界に達すると、大爆発して、牙をむくのが女なのです

女は男より喋る


ウェルニッケル言語中枢が男性より発達していますから、お喋り好きな女性が多いわけです

女は男より器用


右脳と左脳を結ぶ脳梁という架け橋が、男性より太いので、女性はながら族ができてしまいます

女は子宮で考える


だから、子宮の状態によって、感情の起伏があるのです。生理前の女性がヒステリックなのは、子宮が鬱血しているからです

女は明日を考えて生きる


だから、どのように苦境に置かれても、明日はきっとと笑っていられれのです

女は大概迷探偵


大脳の構造上、女は男性より想像力が発達していますから、見えざる敵を作り出し、ジェラシーを煮えたぎらせるものです

どんな女も意外にウェット


明るい女でも、どつぼにはまるといきなりドカンと落ち込みます。立ち直るまで、ウェット状態でネチネチしています

女は粘着テープ


女は過去を意外に覚えている生き物です。ですから、喧嘩などすると、いきなり、大昔の仕打ちを持ち出したりなんかする訳なんですね。奥様と喧嘩した際に、身に覚えありませんか

というのが女です。まだまだありますが、それを知りたかったら、私のカウンセリングをお受けになってね
かなり、高いけど(笑)

彼と喧嘩した時なんかにこういうメールを送ってみては如何かしら?

ネチッコイ言葉や、遠まわしに嫌味を言うよりも、すっきりするわよ。。。

2009/10/10 03:32 | エピソード | No Comments
2009/09/09

風水は中国・漢の時代、環境改善のため様々な観測データを基に確立された環境学です。

 環境とは、『衣』『食』・『住』のことを指し、その良し悪しが運気に多大な影響を与えることから、『環境を改善し運気をUPさせるためのマニュアル』といわれています。 

 

    幸せな気は清潔な空間に宿る!

といっても、いったい何から手をつけたらいいのか判らないという人のために・・・

     捨てる◆

自然界に存在する物には『陰』(悪い気)と『陽』(良い気)が宿ります。

新しい物には『陽』の気が、古い物は『陰』の気が充満するので、古い物の中で暮らしていると『運の悪い人』となってしまうのです。

古い物や不用品は速やかに捨てましょう!!

【捨て時の目安】

洋服・・・2年以上袖を通していない物。

下着・・・使い始めから1年が寿命。

アクセサリー・・・使わなくなった貴金属。海に流す。

昔の恋人の写真・・・過去の恋人の写真。新しい出会いを妨げるので、晴れた日に白い半紙に包んで処分。

食器・・・不要な食器。割ってから処分。 

◇開運アドバイス◇

ついてない時は、気の流れが停滞している証拠なので、古い物や不用品を処分して気の流れを循環させましょう。 

◆掃除の順番◆

①全体運を司る玄関を掃除し『陽』の気が入り易くすることで、その家にツキがどんどん入り込みます。

水に粗塩を一つまみ入れ、床を雑巾掛けするとよいでしょう。 

【玄関に置いてはならない物】

ぬいぐるみ・・・『陽』の気を吸い取ってしまう。

犬の置物・・・変化の象徴である犬を玄関に飾ると、運気が不安定になり家族争議

になり易い。

汚れた水・・・汚れた水は気の流れを停滞させてしまう。

靴が出しっぱなし・・・家の主の運気が落ちてしまう。

ドライフラワー・・・死花であるドライフラワーを飾ると、『陽』の気を消し去ってしまう。

ゴルフバック・・・玄関に余計なものを置くと気の入口が狭くなってしまう。 

②寝室は全体運を司る場所なので清潔を心掛けて下さい。

寝具をこまめに洗濯し、粗塩を一つまみ入れた水で床を拭くことによって、『陰』の    

気を浄化することが出来ます。

枕元にぬいぐるみやドライフラワーを置くことはNGです。 

③金運を司るキッチンは常に清潔を心掛け、特に気の入口である換気扇はこまめに

  掃除します。

冷蔵庫の上に電子レンジを置いたり、鍋が汚れていたり、包丁が出しっぱなしになっているのは運気の停滞につながります。

また冷蔵庫の扉にメモなどを張るのも庫内に『陽』の気が入るのを妨げますので 

絶対にNGです。 

④トイレは健康運を司る場所なので掃除を日課にし、浄化した水晶・ヒマラヤ岩塩・大豆の3アイテムを置きましょう。また、便座の蓋を開けっ放しにすると、逆流した『陰』の気が便器から空間に漂ってしまいます。 

⑤浴室は恋愛運を司る空間で、清潔を心掛けることによって恋愛運がUPします。こまめな換気や排水溝の掃除を心掛けましょう。  

⑥恋愛と美容を司る洗面所は常に整理整頓を心掛け、鏡はピカピカにして下さい。 ◇開運アドバイス◇

掃除は風水だけでなく精神衛生上もとても良いので、気分転換や癒しの効果もあります。 

 ◆インテリアと色彩◆ 3色の色彩をバランスよくインテリアに取り入れると、色彩エネルギーを受け運気がUPします。

自然界の中にはじめから存在するエネルギーは強いので、例えば、『赤』なら、塗装されたものより薔薇や林檎の『赤』を選びましょう。

また、『白』『黒』『灰色』は無彩色なので、エネルギーは存在しません。 

◇開運アドバイス◇面積を占める大物家具は色彩を統一し、観葉植物を置くことによって、エネルギーが循環します。 

◆その日の念はその日の内に◆

自分が出す邪念で部屋を澱ませてしまうと運気は低下します。

浄化作用のある水晶やヒマラヤ岩塩、観葉植物を置き、こまめな換気をした後、ホ

ワイトセージの葉を炊くと運気がUPします。

◇開運アドバイス◇

風水を楽しみながら、インテリアに取り入れることによって、約1ヶ月程度で人生が好転し始めます。 

 

2009/09/09 12:49 | 未分類 | No Comments
2009/08/27

一昨日は渋谷にオープンするカフェのオープニングセレモニーに恋愛コンビの愛理ちゃんと参加することになったの。

このカフェは渋カジ復活を企んで、建てられたルミネマンの中にあって、なかなかお洒落にできてるのね。

でも、この日はオープニングイベントだから、

招待客ですし詰め状態。

恋子達はカンパリオレンジ片手に・・・

「座るとこをないかねぇ~~」

なんて、きょろきょろしていたわけ。

で、ちょこっとした隙間があったので、そこにはまった二人に、一人のダンディーな紳士が・・・

 「ここにお座り・・」

腰をずらして恋子達に席を作ってくれました。

「ラッキーだねぇ~~!」

愛理ちゃんといると、恋子は不思議とラッキーなことがわんさか。

恋の天使と愛の天使だからかねぇ~~

でも・・・

あたしたちは申し合わせてこのような芸名をつけたわけではなく・・・

偶然! 

本当に偶然、恋と愛が友達になったのです。

しかも・・・

職業もなんとなく似ているから、共感できるとこがいい・・・

さらに・・・

住まいもご近所だから、何かあったら駆けつけてこれる距離にある。

なにから何まで、まさに運命!!

そのうえ・・・

彼女と恋愛コンビ結成してからというものの・・・

恋子の周辺には不思議な現象が・・・

まず、スピリュチャルのパワーも増して、かなりの確立で恋愛成就を果たさせている。。

勿論、恋子の子羊ちゃん達のだけどね。

で・・恋子の恋の模様はというと・・・

実は、恋をしているのね。

それも、一人じゃないわけ。。

まだ、一人に決めかねているといった方が適当な表現かもしれないけれど。

とにかく、恋子は今、吟味の最中・・・なわけね。

ところで、恋子が恋する一人は・・・

時々、お酒を飲みにいっては色々と語り合う仲なの。 

あっ・・・

でも、別に深い関係というわけではないの。

今は、そういう恋愛を求めてはいないのです。

友達以上。

恋人未満。

という関係がちょうど良い訳なのです。

と・・・

ほんのこの前・・・

麻布十番祭りの日に彼と楽しい時間を過ごした時はそう思っていた!

確かにそう思っていたのよ・・・

ところが・・・

このパーティーで恋子は再会してしまったの。

昔々、恋子がまだ純情可憐な頃のこと。

一人の男性とポッカポッカな恋をしていたの。

それは、ごく平凡だけど、本当に温かい恋でした。

そう・・・

まだ、早坂恋子が生まれる前のお話だから、かれこれ5年ほど前だったかな・・・。

なんとなく、彼と結婚するんだって恋子は思っていたのに・・・。

ちょっとしたことがきっかけで、喧嘩。。。

火事と喧嘩は江戸の華

なんていうけどね・・・

男と女の喧嘩は、時には恋が終わってしまうこともあるわけね。

彼と別れた後、恋子は作家になったわけなんだけどね。

ずっと、引きずっていたかなぁ~。

だって、純粋に好きだったんだもの・・・

だから、この再会はとっても切ない思い出が再現された感じでした。

パーティーの途中、素敵なドクターとお話している愛理ちゃんに・・

ごめんなさいして・・・

彼とお茶をしに行くことになったの。。

で、1時間程昔々の純情可憐な恋子に戻って彼と渋谷の街をブラブラ・・・

まるで、過去に戻ったように幸せ気分・・・。

彼に忘れられなかったっていわれた時、本当に幸せだったわ。

勿論、あの頃のように沢山、ハグしてキスしたかったし、とってもエッチしたいなぁ~って思ったけど・・・。

勿論、我慢したわよ!

だって・・・

大切に吟味したかったもの・・・

これから、彼との恋の行方は・・・?

基、恋子が恋してる他の殿方達との恋の行方は・・・?

いかに!

いずれにしても、今の恋子は一人の人とのリアルな恋はちょっと無理かもしれないね。

まっ・・・

恋心抱きながら、セクシーな時間を楽しむシーズンなのかもね。

まだまだ恋子は恋せよ乙女・・だからさ・・・。

2009/08/27 05:52 | 未分類 | No Comments
2009/07/17

先日、懇意にしている占い師の先生と話した。

結婚以来、恋のことで占うのは久々・・・。

たいてい、辛い愚痴を話すことが多かったからねぇ~

「なんとなく、好きかも知れないのよ。もしかしたら恋かなって」

「そうね。恋だわよ」

「やっぱ、そうなのかしらん」

「で、恋ちゃんのカードはなんと言ってるの?」

カードとはタロットカードのことで、恋子のタロットは自慢じゃないけれど外さない。

「過去の気持ちに星の正位置が出てるんだよ」

「理想や憧れの人って感じかしら・・」

「でも、現在は隠者の正位置が出てたから、動く気ない。秘めたる思い。って感じかしらね」

「純愛でもあるのね。で、未来は?」

「太陽が出てた」

「じゃあ、オープンな交際ってところかしら」

「そうとも取れるけれど、良い友人という意味もあるね」

「友人。星と隠者が出て友人?もし、恋ちゃんがご相談者に対してそのカードが出たらなんていう?」

「そうね。彼はメロメロで、でも、今は時期じゃないから静観視しているけれど、未来にはラブラブになる。ってところかな」

「でしょ・・・」

「でもさ。自分のことだといいようにリーディングできないんだよね」

「まあ、臆病になっちゃうからね」

「そうね。まだ、未亡人になって3ヶ月だし、なんとなく恋活するのは気が引けるしね」

「そっか・・・なら、弱気になるのも仕方ないね」

「うん・・・でもね。あたしゃ、やっぱ彼のことが好きなんだと思うわ」

「だったら、積極的に動いてみれば?彼もそれを望んでいると思うよ」

「できないよ」

「もどかしいね」

「もどかしいからいいんだよ」

「そんなものかね?」

「そんなものだよ」

という会話が続いたわけ。

そこで思ったことは、恋子は実は恋に臆病なのかもしれない。

自分以外の誰かさんの恋なら、色々と感じることやアドバイスができるけれど、自分のことだとからっきし。

全く弱気になっちまうから、見えないし、何もできないのよね。

人様から恋愛のプロなんていわれてる。

たしかに、他人に対してはプロフェッショナルになれる。

でも、自分のことになったらビギナーズラックになっちゃう。

まったくもって、情けない恋愛カウンセラーの恋子でした。。

2009/07/17 06:06 | 未分類 | No Comments

Next »