« | Home | »

2016/04/15

前回は、観戦記なのに本編に入る前までという、何とも間抜けな展開でした。
本編の観戦記も、やはり2本に分かれております。
試合の概略および感想とちょっとした考察だけで、こんなになっちゃうほどのビッグ・イベントだとご理解ください。
これでも、本当に書きたいことの半分くらいなんです。動画が入れられるおかげで、試合そのものの描写なんかがずいぶんと短縮できてるんですよ。

レッスルマニア本編

第1試合 インターコンチネンタル王座戦 7ウェイ・ラダーマッチ

ケビン・オーエンズ(王者)
ザ・ミズ
ザック・ライダー
サミ・ゼイン
シン・カラ
スターダスト
ドルフ・ジグラー
(五十音順)

スタジアムでの試合では、ラダーマッチは欠かせません。

※上空にベルト等をつるし、ハシゴを登って取った者が勝者という試合形式

反則なしなので、当然ながらハシゴによる殴打とか、ハシゴへの激突とか、ハシゴから場外への落下とか、楽しいシーンの連続になります。
この試合も例外ではなく、「それ、やるの!?」的なシーンが続出でした。

個人的には、無名時代に来日してたオーエンズとゼインが、10万の大観衆の歓声を浴びながら殴り合うシーンに、感慨を禁じえませんでした。いやあ、2人とも立派になって……

そして、結末はまさかのザック・ライダーの王座奪取! ここ数年、ミスターかませ犬的ポジションだったので、驚いたのなんの。
ブレイクもしないままベテランの域に入りつつあるので、一花咲かせてほしいところではあります。

第2試合

AJスタイルズ×クリス・ジェリコ

職人肌の2人の見応えある折り目正しいプロレスの試合だったので、とくに“事件”なし。
ただ、このタイミングでジェリコの勝ちだったのは驚きました。

今年の頭まで新日本プロレスにいたAJ。日本での経験が長いジェリコなら、彼の良さを引き出せるでしょうから、この抗争をしばらく引っ張って、AJの良さを引き出して価値を上げる意図でしょうか?
AJを売り出そうというWWEの意図は明らかなだけに、この敗戦がどんな展開の伏線なのか、見極めたいところです。
もっともWWEの場合は、単なる思いつきである可能性が多々ありますが……

第3試合 3×4タッグマッチ

ニュー・デイ
(ビッグE、コフィ・キングストン、エグザビア・ウッズ)
×
リーグ・オブ・ネイションズ
(シェイマス、キング・バレット、アルベルト・デル・リオ、ルセフ)

アイルランド、イングランド、メキシコ、ブルガリアの4人を「League Of Nations」とするセンスはいいと思うんですが、J Sportsの字幕では「国際同盟」、オフィシャルサイトの訳では「多国籍同盟」なのが気になります。「League Of Nations」は「国際連盟」でしょうが……

なぜかドラゴンボールみたいな衣装を着たニュー・デイのトリオ漫才やなんかも面白かったのですが、いつもの試合とそんなに違わないような……と思っていたら、この後の展開の前振りでした。

国際連盟のニュー・デイへの暴行から救出するため、レジェンドかつWWE殿堂者、ストーン・コールド・スティーブ・オースチン、ショーン・マイケルズ、ミック・フォーリーが登場!

オチは、ついにストーン・コールドがニュー・デイに合わせて踊ったかと思いきや、エグザビアにスタナーを決めてビール大会でした。

いつかやってみたいんですよね、このビール大会。

いや、そりゃ風呂場でやればいつでもできるんですが、誰も見てないところでやっても虚しいですし……

第4試合 ノー・ホールズ・バード・ストリート・ファイト・マッチ

ディーン・アンブローズ×ブロック・レスナー

率直に言うと、有刺鉄線バットは使って欲しかった!(レッスルマニアに至るまでの番組中で、レジェンドたちが自分のトレードマークの凶器を持って、アンブローズを激励に来る小芝居があったんです。テリー・ファンクはチェーンソー、ミック・フォーリーが有刺鉄線バットを渡してました)
……けど、PG12の番組ではダメでしょうね。血ィ出ちゃうし。

それより、最近のブロック・レスナーの扱いが、“素手に闘ったら絶対に勝てない人”になりつつあり、どうもモヤモヤします。
ここ数年で普通に勝ったのはジョン・シナとトリプルHだけ。両方ともノールール系の試合で、リングに鉄階段を引っ張り上げて、その上での必殺技がフィニッシュでした。
アンダーテイカーも一度勝ったんですが、急所打ちを食らわせた挙げ句の疑惑の勝利でした。

アンブローズ戦もご多分に漏れず、素手で闘っている局面では、アンブローズは手も足も出ず、竹刀や椅子を手にした時だけ攻勢に出る展開でした。
そして、さんざん凶器攻撃を加えても、ラストはF5一発でピンフォールですから。

率直に言って、これからどうすんだろ?と。

Hall Of Fame Class 2016紹介

WWE殿堂入り式典は毎年レッスルマニアの前日に行われ、当日は殿堂者たちのお披露目があります。
今年2016年に殿堂入りしたのは……

日本のファンとしては、スタン・ハンセンの殿堂入りが嬉しいではありませんか! 10万人の前にハンセンが現れ、喝采を受けるなんて……感無量です。
紹介映像では、天龍源一郎がラリアットで吹っ飛ばされる映像が出てましたが、あんなの食らってたら、そりゃ喉も潰れてガラガラにもなりますわな。

セレブ部門はスヌープ・ドッグ。彼のこれまでのWWEへの貢献を考えると、まあ順当ですかね。

ウォリアー賞

ジョーン・ランデン

亡くなったアルティメット・ウォリアーに由来する賞で、精神力と忍耐を持って闘った人に贈られる賞です。
ランデン氏は著名なジャーナリストで、乳がんにかかったことを公表、その闘いを通じて多くの人の手本となったことを評価されました。

レガシー部門

“レガシー部門”の設立には、唸りましたね!

ファンが見れば、今回選ばれたレスラーたちは、モノホンの“レスラー”であることがわかると思います。ザックリ言うと、“本当に闘っても強い人たち”なのです。

社名をWW“E”に変えた頃から、「レスリング」という言葉がタブーになったようで、「レスリング」は「スポーツ・エンターテインメント」、「レスラー」は「スーパースター」「ディーバ」「コンペティター」などに言い換えられました。
実況でも、プロモでも、まず聞かれない言葉になっていたのです。

が、3年くらい前から、稀に聞かれるようになってきました。この1年は、2週間に1回くらいは聞かれるのです。
そして今回、プロレスが競技として行われていた時代、レスラーとしての強さが必要だった時代のレジェンドたちが、WWEの“レガシー”と定義されたのです。

これは、プロレスリングの歴史を思うと、非常に感慨深い事実なのです。
そのうち、こうしたことも書いていこうと思います。

(下)に続く!

2016/04/15 12:34 | 観戦記 | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.
No comments.