« | Home

2017/11/21

和製英語だらけのプロレス技

和製英語、よくありますよね。ナイター(英語ではnight game)とかガソリンスタンド(英語ではgas station)とか。
さらに、テンションとかセレブリティとか、英語と微妙に意味合いが異なる使われ方をしている言葉を入れると、私たちはかなりの和製英語を使っています。

意外なことに、アメリカのエンターテインメントをまんま輸入したはずのプロレスでも、実は非常に多くの和製英語が氾濫しているのです。
日本でも、プロレス技の名前はほとんど英語ではあるのですが、実はけっこうな割合で、英語ではなくカタカナ語だったりするんですよ、これが。

ラリアット


スタン・ハンセンが創始者のこの技、今ではプロレスの代表的な技のひとつで、世界中どこでも、1興行で最低1回は出てくる技です。
が、アメリカでは基本「lariat」とは言いません。「clothesline」が一般的な名称なんですよ、実は。

直訳は「物干しロープ」で、物干しロープに首を引っ掛けて転んでしまうことが由来とのことです。
ちなみに、スタン・ハンセンはアメリカではスタン・“ザ・ラリアット”・ハンセンなので、元はニックネームなんですかね。
なおここ数年は、日本のプロレスに詳しいアナウンサーが敢えて「lariat」と呼んだり、わざと日本語発音で「rariattoooooooo!!」とか言ったりしますが、マニア受けを狙っただけだと思われ、一般名詞としてはあくまでclotheslineなのです。

スープレックス


プロレスの神様カール・ゴッチ曰く「スープレックスと呼んでいいのはジャーマン・スープレックスだけ」だそうですが、実況を聞いている限り、自分が後ろに倒れながら頭越しに投げる技は、全部「suplex」と呼ばれています。

たとえばバックドロップは「back suplex」、

ブレーンバスターは「vertical suplex」、

フロント・スープレックスは「belly to belly suplex」、

サイド・スープレックスは「gutwrench suplex」


ですが、そんな区別をしないで単にsuplexと言われる場合がほとんどです。
(Wikipedia風に言うと“独自研究”ですが)下図Aのような投げ方をする技がsuplex、Bのような投げ方をする技がdrop、と言われているようです。

図A

図B

ロック様の「Samoan Drop」ですね。
サモア系のレスラーしか使わない技です。サモア人はムチャクチャ強いので、おそらく他の人種が使うと殺されるのでしょう。

なお、日本では“雪崩式”と言われる、トップロープからの投げ技は、「superplex」と言います。

 

コブラツイスト


ディック・ハットンが開発し、日本ではあのアントニオ猪木が使い手だったこの技、これも和製英語で、アメリカでは「abdominal stretch」と言います。
確かに、「cobra twist」と書いてみると、何となく珍妙な気がします。用法的にはどうかわかりませんが、少なくともプロレス技の英語名としてはおかしいような……

ローリング・クラッチ・ホールド


日本語で回転エビ固めということが多いとは思いますが、上記の横文字も使われます。
が、アメリカで「rolling clutch hold」と言っているのを聞いたことがありません。
何と「sunset flip」と言うんですよ。

古くからのファンにとっては、サンセット・フリップと言えば、マイティ井上が前宙して背中から相手の上に落ちる技が浮かぶと思いますが、それは「senton」。日本では「セントーン」と言うとジャンプして素直に背中から相手の上に落ちる技のことですが、アメリカではケツから相手の上から落ちる技は、みんな「senton」です。
※スペイン語「sentón」が元で、「尻餅」のことみたいです。

ショルダー・スルー

プロレスならではの技で、走ってくる相手を空中に跳ね上げ、後ろに落とす技です。
これを食らった時のリック・フレアーのリアクションが素晴らしいのですが、それはまた別の機会に。

これは「back body drop」と言います。「後ろ身体落とし」何のひねりもありませんね。

エルボースマッシュ


左手で相手の首を取り、下から回した右腕で相手の顎をカチ上げるこの技、ドリー・ファンク・ジュニアなんかが得意にしていました。
これがなぜか「European uppercut」。ヨーロッパのレスラーがよく使ってたからだそうです。

フライング・ボディ・シザース・ドロップ


走って正面から飛び上がって、脚で相手の胴を挟み込み、そのまま押し潰す技です。
これが何と「Lou Thesz press」。ルー・テーズさんがオリジナルなんですね。

各種キック

キック全般はもちろんkickですが、日本とはその中身が異なります。

boot


こういう正面から蹴るキックは、bootと言います。
ローリング・ストーンズやレッド・ツェッペリンのファンの皆様は「bootleg」(非公式な音源から作られる海賊盤)の略語を連想する向きもあるかもしれませんが、無関係です。

super kick


何がスーパーなのかはわかりませんが。
いわゆる後ろ蹴りです。日本ではトラース・キックなんて言いますが、英語にはそれに該当する言葉がなく、語源不明だそうです。

heel kick


こうした飛び後ろ回し蹴りを日本ではニール・キックと呼びますが、恐らく最初に訳した人が読み間違えたのではないかと。
聞いて間違えるとは思えませんが、「n」と「h」は、字が下手な人が書くと似てますしね。

sharp shooter


滑舌の悪さで有名な長州力の得意技サソリ固めのことです。

ただし、シャープ・シューターの方が一般的になったのには変わった経緯があります。
元々は、WCW(WWEと真っ向勝負した唯一のガチ競合)のトップスターだったスティング(notミュージシャン)が、サソリ固めを英訳した「scorpion death lock」として使っていました。

同じ技をWWEのブレット・ハートも使ったのですが、差別化のためかシャープ・シューターと名前を変更。他のレスラーが使っても、WWEではあくまでシャープ・シューターという名称を貫きました。その後、WCWはWWEに買収されてしまったので、名前もシャープ・シューターしか残らなかった、というわけです。

スティングが後にWWEのリングに上がった時は「scorpion death lock」を使用しましたが、その頃には一般名称が「シャープ…」で、スティング用の特殊な名前が「スコーピオン…」という状態になっていたのです。
なお、WWEは公式に動画を制作し、「sharp shooterの本家は、長州力のscorpion death lockだ」と認めています

というわけで、プロレス英語の道は奥が深いのであります。

2017/11/21 10:37 | プロレス英語, 全般, 見方 | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.
No comments.