« | Home | »

2017/01/09

少々遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

昨年の1月に開始した本コラムですが、不定期ながら1年間続けることができました。今後もネタだけは豊富にありますので、鋭意続行する所存でございます。
今後とも、変わらぬご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

さて、1月。
プロレスファン的には、1月と言えば1月4日に毎年開催される新日本プロレスの東京ドームを連想する向きも多いことでしょう。メインのオカダ・カズチカ×ケニー・オメガの試合は確かに素晴らしかったと思います。
しかし!我々WWEファンにとっては、何と言っても1月は「ロイヤルランブル」です!

「ロイヤルランブル」とは、ペイ・パー・ビュー(PPV)大会の名称でありつつ、非常に特徴ある試合形式の名称でもあります。
イベントとしては、レッスルマニア、サマースラム、サバイバーシリーズと並び、WWEの“4大PPV”のひとつです。
例年1月下旬に開催され、今年2017年は30回目の記念すべき大会となります。そして、例年は1万〜2万人キャパの会場が選ばれるところ、今回は7万人を収容するテキサスのアラモドームでの開催。これはプロレス界最大のイベントであるレッスルマニアに匹敵する規模です。

最大の呼び物になるのが、そのまんま「ロイヤル・ランブル・マッチ」。30人(2011年だけ40人でした)のスーパースターが参加する一種のバトルロイヤルなのですが、ちょっとしたアレンジで、単なるバトルロイヤルとは一線を画しているのです。

ご存知の方も多いでしょうが、バトルロイヤルはプロレスの試合形式のひとつです。自分以外は全員が敵で、最後に勝ち残ったレスラーが優勝者となる形式です。
アメリカでのバトルロイヤルは、通常“オーバー・ザ・トップロープ・ルール”が適用され、トップロープ越しに場外に落ちて、床に足がついたら負けになります。うっかり落ちても負けは負けです。
これにより、格上のレスラーが勝つとは限らない展開が可能になり、最後まで展開が読めない試合形式になるのです。

これに加え、ロイヤルランブルでは“時間差入場”という工夫がされています。これが最大の特徴となっています。最初は2人のレスラーで試合が開始され、以後、2分間隔で1人ずつ入場して試合に加わっていくのです。

▼WWEによるロイヤルランブル2017の予告編

「時間差で入場する」たったこれだけの工夫で、多くの盛り上がりが演出できるんです。
たとえば……

次に誰が出てくるかというワクワク感を演出

出場者は、試合開始まで全員は発表されません。また、原則として入場順も非公開です。会場のスクリーンには次のレスラーが出てくるまでのタイマーが表示されますので、会場はカウントダウンの大合唱となり、テーマ曲がかかった時にはドカーンと盛り上がるわけです。

サプライズ登場の舞台に

長期欠場していたレスラーの復帰や、新しいレスラーの初登場などの舞台として使われることが多く、これまた爆発的に盛り上がります。
2010年には、負傷欠場していたエッジが終盤で突然復帰した挙げ句、優勝をかっさらい、爆発的な盛り上がりでした。
昨年2016年には、つい21日前に新日本プロレスの東京ドーム大会に出ていたAJスタイルズが登場、ファンを驚かせています。

試合がダレない

ロイヤルランブルは、2分おきに30人が登場するわけなので、試合時間は確実に1時間を超えます。入場が28回で、それだけで56分ですからね。
それだけの長丁場を、同じメンバーでダレずに試合をするには、それはそれは高いスキルが必要になります。
しかし、2分ずつ時間差入場すれば、2分に1回は必ず見せ場が作れますので、レスラーのスキルに頼らなくでも、長尺の試合が成立するわけです。

参戦する人の幅が広げられる

前項のように出番が短時間で済むので、プロレスラーでなくても参加できる余地があります。
過去には、フットボーラーやバスケットボール選手が参戦したこともありますし、引退した元レスラーや、女子プロレスラーも出てきました。
当然そういう人は、体力的・技術的に普通のプロレスの試合をすることができません。しかし、ちょっと出て行ってすぐに落とされてしまう分には、何とかなるわけです。
そうしたアトラクションも可能な試合形式なのです。

 

さて、そんなロイヤルランブル、かつてはWWE王座が賭けられたりしてたのですが、ここしばらくは優勝者に与えられる権利は統一されています。
すなわち、春の大祭典レッスルマニアのメインイベントの出る権利です。ロイヤルランブルの優勝者は、無条件にレッスルマニアの最後の試合に出ることができるのです。
ほとんどの場合、レッスルマニアのメインイベントは最高峰王座のタイトルマッチですから、WWE世界王座あるいはWWEユニバーサル王座に挑戦することになります。
プロレス業界最大のイベントで、主人公のひとりになる者が、ここで決まるんですよ、これが!

ロイヤルランブルは1月30日(現地時間29日)です。下の動画をご覧いただくとわかるように、初めての人が何となく見ても、メチャクチャ楽しめるのがロイヤルランブルです。
日本でも、WWEネットワークでご覧になれます。初月無料ですので、ご興味のある方はぜひお仲間に(勝手ステマ。お金はもらってません。何ならください)。

▼ロイヤルランブル転落シーン100連続

2017/01/09 06:22 | 全般, 見方 | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.
No comments.