Home > 未分類

2014/08/31

こちらの谷間でも、8月に入ってから本当に雨が多く、何となくすっきりしない夏になりました。幸いこの谷間では大きな人的な被害は出ませんでしたが、それでも県道の峠の切り通しの山が崩れてしばらく通行止めになりました。今も片道通行で工事をしています。

全国で、水の力に翻弄された夏、被害に遭われた方々の一刻も早い復興をお祈りしております。

皆さま、お元気にお過ごしでしょうか?

そんな夏も、変わらず田畑に立つのみ、お百姓になりたい、川口辰次郎です。

先回の、「自然農」まなびの場についての続きのお話です。

今では、全国で「自然農」に取り組んでいらっしゃる方々はたくさんいらっしゃいます。
そして、それぞれの地域で、それぞれの形で、川口由一さんが始められた「自然農」を、まるで種を引き継ぐように、伝えている方々がいらっしゃいます。

まだ「自然農」を始めて日も浅く、決して、経験も知識も、技術も全く優れてはいない僕ですが、そんな僕もここで「まなびの場」を運営させて戴いています。

自然農の「まなびの場」は、誰か指導者が居て、その人が一方的に誰かに教える、というような場所ではありません。

勿論、僕が主催している「まなびの場」でも、毎月の集合日のスケジュールや実施する事々は僕が主体になって決め、準備、運営をしてはいますが、当日に集まる方々と共に、僕も、この場で、学ばせて戴く、そんな場所が、まなびの場なのです。

ここの学びの場では、今年は5組の方々がご自分の田の区画を持って、お米作りに取り組んでいらっしゃいます。ここの田でお米を作っていない方々も、毎月の月例会で田や畑での作物の世話を共に学んでいます。
こちらが今の共同実習田の様子。畔豆が元気に育ち、お米は間もなく穂を出します。
共同田_140825_104256
この田で、こんな風にお米作りを学んでいる方々の費用負担は、田への水入れを担って下さっている地域の水利組合さんに支払う年間の水利費の実費のみ。

田そのものは無償でお借り出来ていますので、年間でも半畝で数千円以下の費用で、お米の苗床作り、種おろしから、秋の収穫、稲架掛け、脱穀、更には、冬から春にかけての麦や玉葱、豆類などの栽培、収穫に至るまで、十二分に経験して戴くことが出来ます。それぞれのまなびの場で出来る事、形態はまったく異なるのですが、僕がこのまなびの場で一番大切にしたいと想っているのは、自分だけの田畑で作物を育ててみる経験をご提供することです。

というのも、そもそも、田や畑といった農地を手に入れるのは決して容易な事ではないからです。

地域ごとに、地主(農家)さん、農業員会、行政が様々な係わり方をしているし、それ故に、借りるにしても、買うにしても、当然、値段もあって無いような世界。

そもそも、碌に作物を育てた経験も無い都会育ちがいきなり農地を探すのはリスクが大き過ぎます。

ですから、先ずは、本当に小さくても良いから、自分の田、畑を持って、一年を通して幾つかの作物を作ってみて戴ければ、それも、「自然農」で作物を育てる経験をして戴くことが出来るならば、それに優る経験は無いと信じているのです。

という訳ですから、自然が自ずからめぐんでくれるいのちに、自ら生かされるような暮らしをしてみたい、と少しでも想う方は、ぜひ、全国の自然農まなびの場を訪ねてみてください。

これから深まる秋、きっと、たわわに実った美しい稲が、あなたを迎え入れてくれることでしょう!

2014/06/30

早いものでもう6月も終わりですね。

この明るい谷間での僕たちの暮らしの6月、それは、田植えの季節です。

僕たちが自分たちが食べるお米は「自然農」のやり方で自ら育てるようになってから、6回目のお米づくりになりました。

当初は、夫婦2人だけで取り組んでいたお米づくりですが、3年前からは僕たちと同じ様に「自然農」でお米をつくりたい、と通ってくる仲間達が集まって、彼らと並行してお米をつくるようになっています。

140620_114801 実習田の苗代と麦稈

僕が取り組んでいる「自然農」、以前、こちらでご紹介した事がありますが、このリストでご覧戴ける様に、全国で様々な方々が、それぞれに「学びの場」を開いて下さり、求める方は「自然農」の方法、在り方を学んで戴けます。そして、僕たちの小さな田畑も、昨年来、その「学びの場」の一つとして活動させて戴くようになっているのです。

多くの先輩方が長年の経験に基づいて教えて下さるところとは比べるべくもない、正にひよっこな僕たちの「学びの場」ではありますが、個々別々の田畑に立ちながら、それでいて一体となって共に学び合う、そんな場所になっています。

そもそもの始まりは、3年前の春先のこと。

近隣の街でのアースデイのイヴェントに招いて戴いて、僕が棉を育て、収穫した綿から糸を紡ぐまでの作業を紹介するワークショップをしていた折にそこで出会ったお母さんの「私も『自然農』でお米を作ってみたいんです。」という一言からでした。

「それなら、僕たちの田の一角であなたもやってみますか?来週には苗代に種を降ろします。」と訊くと、「はい、是非!」と即決。

帰途の車中、送迎をして下さった別のお母さんにそんな事があったのですよ、と話をしていたら、彼女が、運転手をして下さっていたお義兄さんに、「そうだ、お義兄ちゃんも一緒にしなよ!」と一言。で、彼の参加も即決。

そんな風に突然に、その春の日2組の方々が僕たちの田の一角で個々にお米つくりに取り組まれることになったのでした。

始めてみると、田植え、草刈、収穫やら、それぞれ折々にご友人の方々などが集まって来て、折々の作業の手伝いなどするようになり、そうこうしている内に、「私たちも自分で作ってみたい!」、という方々も現れて、それならば、来年は隣の休耕田や畑を借りてもう少し本格的に出来ないか訊いてみよう、という事になって、今に至っているのです。

後に明らかになった事でしたが、2人目の参加者となったお義兄ちゃんは実は全く乗り気ではなかった、いや、というよりも、正直な処では全然やりたくは無かったのだそうです。が、人に謂われると断れない、とても性格の良い(弱い・笑)方だったから、否応なしに始めることになって、その結果、このお義兄ちゃんの義妹のお母さんの友人達からの拡がりで参加する人が増えていったのでした。

今年は5組の方々が昨年皆で休耕田を拓き直した田に、ご自分の畝、畦を持って、個々別々にお米と畔豆(大豆や小豆)を育てて居られます。

それぞれの方々のご友人や、月々の定例会にいらっしゃる方々で、賑やかな集まりになっています。

今、無償で借していただいている田は、畦も含めて三畝半程の小さなものですが、嬉しい事に昨年はとても豊かな実りを得ることが出来ました。

以前、こちらでご紹介したムービーで、そんな仲間たちも加わっての「自然農」のお米づくりの夏までの様子をご覧いただけます。

ちなみに、当初は「自然農」のお米作りには殆ど興味を持っていなかったというそのお義兄ちゃん、どうなっていると想います?



勿論、今年もお米作りをしているのですよ。それも、お2人、カップルで(笑)

お義兄ちゃん曰く、「お米づくりが趣味なんです。」だそうな・笑

そんな僕たちの「自然農」学びの場の今を、次回はもう少し詳しくご紹介させて戴きたいと思います。

 

2013/01/31

皆様、寒中お見舞いを申し上げます。
旧暦の師走も後半、大寒の候となり、日本列島は毎日よく冷え込んでおるようですね。

私も寒いので田畑での仕事はしばらくお休みして、山での芝刈り薪作り以外には、日々、縁側で日向ぼっこをしながら、籾を摺り、麦を挽き、糀をたてたり、甘酒を仕込んだりしつつ、静かに日々のご飯の支度を繰り返して時を過ごしております。
毎日、勤めに出掛けることもなく日々を過ごすようになって、いつの間にやら5年の時が過ぎようとしています。基本的に、半径100m 以内だけで日々の全ての用事も食べ物の調達も済んでしまい、お金には触れることすら珍しい、という生活になりました。当初は不安ばかりでしたが、今ではそんな暮らしが当たり前のこと、大きな安心感をもたらして暮れる様になって来てました。

今年は更に、身の周りの暮らしを自然のめぐみにほんのわずかな自らの力を加えてもっともっと豊かなものにして行きます。

さて、第弐回でぴたりと更新が滞っているわたくしの「合宿の想い出」の記事を後目に、Yuu さんの連載は新しい年を迎えてすぐに完結してしまいましたが、皆さん、お読み頂きましたでしょうか?私もまだしばらくはこの「合宿」について書かせて頂こうと想っておりますが、お客様としていらして下さった Yuuさん、そして、ジャン子さんの記事もぜひご覧になってください。

さて、今回は、自然農仲間の友人が制作した素晴らしい百姓グッズをご紹介しておきたいのです。

こちら「百姓かるた」 !!!  です。

 

日本中、いや、世界中の「百姓」を目指して日夜奮闘する全てのご家族にっ!(って、そんな家族、あんまり居ないかな…?)

京都新聞でも紹介されました。

皆様のご家庭にもぜひ一組常備いただけますれば、寒い冬の夜も、ほのぼのとした家族団欒の時が約束されることでしょう!

ご興味を持たれた方は、ぜひ、こちら hyakushoukaruta☆gmail.com まで、(☆を@に変えて)お問い合わせください。

それではまた!