« | Home | »

2009/12/08

 さて、前回はこの音響就職氷河期にどうしたら? を書きましたが、今回は、就職しなくても音響が好きなんだから良いでは無いか!! という人に向けて。

 以前も書きましたが、音響は実は資格職業の部分も有るのですがそれは有る程度の大きな会社で必要で有って、大半は資格も何も必要有りません。

 これを読んでいるあなたが「今日から自分は音響です。」と言えばすぐにでも音響さんになれます(まぁ、極論ですが。)

 でも、これが実は本質なのです。

 例え音響の専門学校に行かなくても、音響さんにはなれます。 かく言う柏も専門学校は行ってません。 現場で叩き上げて貰いました。

 「音響が好き」

 その気持ちは裏切らないと思います。 只、もの凄く苦労はするとは思います。。。

 就職して、音響会社に入社して倉庫整理や事務から現場スタッフになる、又、ライブハウスにアルバイトスタッフとして入って、徐々にやらせて貰えるようになる。 舞台の現場で荷物運び、設営スタッフから音響をやるようになる。

 色々と道は有るんです。

 「好きな仕事」=「お金」 は理想ですが、それを最初から求めてしまうと、「好きな仕事」が「嫌い」になってしまうという若い子達をいっぱい見て来ました。

 「好き」だからこそ、自分のやりたい事を突き詰めて欲しい。

 メインストリームでは無いかもしれませんが、特定ジャンルの音響が好きだからこそ本職は別にして、その期間だけ音響さんとして仕事をされていて、とても素晴らしい技術も知識も経験も持ち合わせているという人も居ます。

 自分がどうしたいか。

 そこが一番です。

 音響という仕事だけで就職しないでアルバイトで食べて行くのはとても厳しい事だとは思います。 しかし、結果は後からしか付いて来ませんから。

 とはいえ「好きな事」を「仕事」にするとやりたい事だけしてれば良いという訳では無くなるのも事実で、そこがとてもジレンマになったりする訳です。 でも、その部分が有るのはどんな仕事でも同じですよね。

 やりたい事が見つからないという人が増えて来ている昨今、「好きな事」が有る時点で、それを仕事にしようと思った時点で素敵な事じゃないですか。

 

 ライブハウスのドリンクカウンターから音響チーフになった人だっていっぱい居ます。 ツアーの荷運び搬入バイトから音響スタッフになった人だっていっぱい居ます。

 チャンスは目の前に沢山有ると思うのです。 それを掴むかそうでは無いか、それはその人次第です。

 就職先が見つからないと、それで諦めてしまうよりも視野を広げてみて下さい。 そして本

2009/12/08 08:30 | 音響デザイン, 音響<道草>デザイン | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.
No comments.