« | Home | »

2009/04/20

またもや更新が早いのは暇だから、、、では有りません。日曜日は天気が良かったですよね(都内しか知りませんが)久しぶりに洗車しながら汗をかいてました。あれ?暇じゃ無いですよ、暇じゃ。

 さて、今回は前回の続きです。何故に携帯音楽プレーヤーの音が悪いか、という所でした。では早速前回にお約束したファイル形式によって違う音の出方について写真を交えてご紹介出来ればと思います。 今回の測定条件は、ピンクノイズと呼ばれる人が聞く事が出来る周波数をほぼ全てカバーしている波長を使って、CDクオリティーでその波長を出した時と、指定のファイル形式にした場合との差で見て頂こうかと思います。

 今回のシリーズはちょっとマニアックですが、でも皆さんの音楽生活の参考になれば幸いです。

 まずは、CDクオリティーです(16bit,44.1k)この先も解りやすいようにこの発生周波数領域を緑で表記してます。ちなみに、このグラフの一番下から上までが人が聴こえるとされる周波数の範囲になります。

 ちなみに横に表記されているレベルは参考レベルなので、実際の視聴環境によっても異なりますので、あくまでも今回の測定時のレベルです。

aiff.jpg

 どうでしょうか?ちょっと細かくしているので個々の周波数の微量な差が有りますが、全体的に全域をカバーしているのが見えると思います。

 では、次に。多分、皆さんが一番多く耳にするであろう、mp3の形式で見てみたいと思います。今回は2種類作成してみましたビットレートと呼ばれますが(96k,128k)という取り込みの音質の差が出れば面白いかと思います。

mp396k.jpg96kです。

mp3128k.jpg 128kです。

 96k、128kの形式双方で、高音部分の青いグラフが低くなってますよね。要はこの部分は同じ音のファイルを圧縮する事によって、人が聴こえにくい部分をカットしてしまってるんです。以前にお話しさせて頂きましたが、このグラフが下がっている部分は年齢とともに聴こえにくくなる部分でもありますので、ここに重点を置いて圧縮されているのでしょうか?

 では、次に。Windowsの音楽ファイルの形式(wma)です。

wma.jpgwmaです。

 mp3よりは上が出ていますが、これも取り込みのレート次第で変化してきます。どんどん行ってみましょう。次はWindows と来たらMacという事で、現在のitunesのデフォルトの形式(AAC)です。

aac.jpgAACです。

 なんか上まで出てますが、なだらかに下がってます。じゃぁ、同じMacの形式のAppleロスレスエンコーダーです。

applerossless.jpgAppleロスレスエンコーダーです。

 ほぼAACと同じですが、低音の方がちょっと下がり気味ですかね。

 ざっくりと飛ばしてきましたが、このように音を圧縮するという事は有る部分の音が出ていない、もしくは下がっていると簡単に考えてもらっても良いと思

2009/04/20 02:26 | 携帯音楽 | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
No comments.
Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">