Home > ジャンクステージのつくり方 > ミーティング録

2011/06/17

みなさん、こんにちはー。ジャン子だヨ。

きょうは、みなさんに、「ろうほう」がありまス!
ジャン子が、”りんぎ”のうったえにさんかした「うちわ」が、じつげんすることになりまシタ。

ゆう「東京暑い!なんじゃこら!節電か?!節電はいいが、山手線のおやじ臭をどうにかし…」
もも「そう、だからやっぱりうちわを刷ろう!」
しとし「だから、刷るのはいいが、なんに使うんだ。」
ゆう「Junkの9/11公演の当日パンフレットをうちわにするっていうのは?」
もも「ゆうちゃん、超めずらしくいいこと言った。それだ。」
ゆう「第1回のときも、このくそ暑いのに並ばせるなら麦茶出せってクレームあったしねー。」
もも「…なんでそういうとこだけ執念深いの?」
しとし「なんでもいいが…いくらだ。金ならないぞ。」
ゆう「いま音声検索で調べるから。 えー、”うちわ 格安印刷 少ロット”」
もも「ゆうちゃん…検索ワードが的確すぎるよ…びんぼうくさいよ…びんぼ…」
ゆう「なにーっ 震災の影響で一時受注を停止しています、だとー!」
もも「ひとしさんのケチっ!!!!」
しとし「…いや、あきらかに、俺のせいじゃないだろ、それ。」
ゆう「ええーい、もう、Dニッポン印刷とか、超大手に頼んでやるー」
しとし「…金ならないぞ。あと、伏せ字になってないぞ。」
ゆう「ケチっ!!!!!」
しとし「…」

ジャン子は、しとしさんがかわいそうだとおもいましタが、
しんまいなのに あまりでしゃばるとおこられるので しずかにしていまシタ。
ゆうさんが、ぎゃらくしーたぶ にむかって、「かくやす」とつぶやきつづけて、
40ぷんご、やすい かいしゃを さがして、”ことなき” をえましタ。
ジャン子は、うちわのすみっこに、のせてもらえることになりましタ。
これは、ぶたいこうえん に きたひとだけが、もらえるのだそうでス。

そのあとのぎろんは、なんだか、どうぶつのなまえがいっぱいでてきまシタ。
ももうさんにしつもんすると、「ジャン子ちゃんはしらなくていいのよ」というので、だまりましタ。
ゆうさんは、「はやく会議終わらせてビアガーデン行く」と、しらべものをはじめまシタ。

みーてぃんぐがおわって、ジャン子がかえろうとしていると、
「おい、そこの、ちっこいの。どこ行くんだ。」と、ゆうさんによびとめられて、
「9がつ11にちのジャンクステージぶたいこうえん」のみーてぃんぐにはつさんか!しました。
らいたーのみんなにあったのは、はじめてでありマシた!
すごく、たくさん、いろんなひとにあって、ジャン子は、かんどうしまシタ。
でも、そのことはかくな、といわれました。
ももうさんが、このひのれぽーとを、かくからだそうです。
これを、ジャンクステージようごで、”カニバる”と、いうそうでス。
カニでス。

ジャン子はそのご、ゆうさんごひいきのビアガーデンにもいきまシた。
スギさんのあさんゆかりさんイトうさんしとしさんももうさんゆうさんといきましタ。
「いんぼう」とももうんさんがいい、「ふぇーどあうと」とスギさんがいい、
「てれび なげる」とゆうさんがいい、「じえいたいはぐんたいです」とイトうさんがいいましタ。
それらは、まとめて、”こいばな”なのだそうでス。
「こいばな」は、「恋の話」のことだそうでス。
ジャン子にはよくわからなかったけレど、はやくみんなとそんなはなしがしたいとおもいまシた。

フェイスブっクの、ジャンクステージこうえんじょうほう のページ
24いいねになりましタ。よろしくおねがいしまス。

06:15 | ミーティング録 | らいたーのみんなに あいました。 はコメントを受け付けていません
2011/05/23

みなさん、こんにちはー。
ジャン子です。

このあいだ、ももうさんによばれて、
「ジャン子ちゃん、CCO就任式をするから、スタッフミーティングへいらっしゃい。」
と、てをひかれてトウキョウ駅へいったよ。
ももうさんは、やさしくてとてもいいひとです。
でも、イトウさんなどは、「かじ、かみなり、ももう」といっておそれています。ナンデかな?

あるカフェへいったのですが、どこかばらしてはいけないといわれましタ。
ジャンクステージのみんなが”ねじろ”にしているいきつけなんだって。
”ねむろ”のちかくで写真をとっているのは、山田さん でス。

ゆう「こんな園児にCCOの座を奪われるとは…」
もも「ゆうちゃん権力に興味ないでしょ。しかも別にカニバってないから。
 ゆうちゃんは相変わらずCCOだし、ジャン子ちゃんはかわいい・コメディ・オフィサーだから。」
ゆう「かわいいとか何。っていうかなんでちゃん付け?」
もも「そこかよw あんまいじめるとゆうちゃんのイメージがこれ以上悪くな…」
ゆう「ムキィーッ」
しとし「おい、おまえら。」

ジャンクステージはどこからどう見ても”かかあてんか”なのに
しとしさんがひとりごとのようにあきれると、
なんだかみんながだまるのがフシギでしタ。
しとしさんは、ジャン子が目に入っていないみたいでしタ。
いつか、しとしさんに、ムネアツされたいでス。(つかいかたあってるかな

ジャン子は、こんぶ茶をたのみまシタ。
せんべいが4まい、ついてきまシタ。

ゆう「ところで、今年の体制を確認したいんだけど。」
もも「今年、もうすぐ半分終わるけどね…」
ゆう「じゃあJunkは3月を期〆にしよう。」
ジャン子「しょうがっこうみたいでスねー!」
ゆう「あぁ?」
ジャン子「ヒィ」
もも「ちょっとやめてよゆうちゃん」

ももうさんがかばってくれたけれど、
われながらジャン子、話にみずをあけたかとおもい
あまりしゃべらずに目もをとることにしましタ。

ゆう「大きな流れは5月のリニューアル。ソーシャルメディアからの流入率もバカにならなくなってきてるしね。6月に広報冊子の発行。去年やってた、プレス向けの定期的なニュース配信もレギュラーにしていきたい。何度も言うけどアクセスの”数”がほしいわけじゃないし、今年はトライブ同士の接点を作っていきたいよね。だから9月の舞台公演も、パフォーマーだけじゃなくて作品展示もしたいし、なんらかの形ですべてのライターが関わって作っていきたい。ひとことで言うと”総力戦”。コンテンツを基点にして、プレス、個人のブログ、twitterとかのいちユーザまで、…」
もも「そのためにはコンテンツとライターのクオリティ担保だよね。今回のリニューアルの方向性でもわかるけど、ウチは”News”つまり記事の速報性よりも、誰が書いているかの人間主体じゃん。更新頻度の管理はしつつ、記事の数は二次的要素になるわけだから、内容の質をいかに上げてくか。その世界を知らない人が読んでも興味が持てて、でも同業者に支持される中間的、っていうのは難しいけど…たとえば、読者の声を可視化して、それを書く側の参考資料としてだけじゃなく、…」

ゆう「今年もある程度の投資は必要になるか…」
もも「まあ、最低限だけど。最低限っていうかかわいいもんだよ。」
しとし「…で、いくら欲しいんだ。おまえら。」

ジャン子はかんどうしましタ。
これまでのながい話は、このためのふせきだったのでス。

そのご、ももうさんが、今回のミーティングでゆいいつ用意された印刷物として
すうじがいっぱいかいてある紙を しとしさんにわたして、ミーティングはおひらきとなりましタ。

これを、ジャンクステージ用語で、「りんぎ」というそうです。
目も。

07:20 | ジャンクステージのつくり方, ミーティング録 | ミーティング初体験。 はコメントを受け付けていません

« Previous