Home > ジャンクステージのつくり方

2012/09/30

みなさん、こんにちは。ジャン子でス。
11がつに、ジャンクステージの”がっしゅく”をすることになりましタ。

ライターで、”ひゃくしょう”の、かわぐちさん のところへいきまス。
はじめての、がっしゅくでの”えんせい”でス。
かわぐちさんのところへいって、”さんさい”をとったり りょうり をして
いなかぐらし を たいけんしまス。

とてもたのしみでス!

↑ かわぐちさんの、ようすでス。

ももうさんわ、いちど いきのがしたことがあるそうで
たいへんはりきっていまス。
ジャンクステージのほかのスタッフもみんなでいきまス。
めぐみぶちょう も いっしょでス。

ゆうさんわ、”じむしごと”がだいきらいなのに
こんかい、たいへんはりきって、しきっていまス。
なんでも、「さんらいず せと」という、”夜行列車”にのるとのことでス。
ゆうさんわ、”てつどうおたく” なのだそうでス。

10じにとうきょうえきを しゅっぱつして
れっしゃのなかでねるそうでス!

ジャン子には、そうぞうがつきませン。
たのしみでス。

2012/07/24

みなさん、こんにちは。ジャン子でス。
せんじつ、「ジャンクステージぶちょう会」がひらかれましタ。
ジャンクステージは、ライターのみんなの”ジャンル”ごとに
”びじゅつぶ” ”かていかぶ” ”うんどうぶ”などにわかれていて、
それぞれ、ぶちょうさんのライターがいまス。

ぶちょう会でわ、ひとつ、だいじなけっていがなされ、
ゆうさんの”むちゃぶり”がいりょくをはっきすることになりましタ。
「しらはのやをたてる」とゆうさんわいっていましタ。いみふめいでス。

また、12がつ1にちのジャン子の6さいのおたんじょうびに
”ジャンク バー”をやることなどがけっていされ、
展示のないようなどわ、ちひろさん に”むちゃぶり”されましタ。

そのご、ぶちょう会は、”じょし会”になりましタ。
めぐみさんの”絵”がひどいということで、
みんなで、めぐみさんのかいた”にんぎょ”の絵をかんしょうし、
ジャン子も、”ぜっく”しましタ。

ゆうさんが「絵心のないわたしでもこれには勝てる」といい、
ちひろさんは、プロの絵心をはっきしましタ。
これが、ちひろさんの”にんぎょ”の絵でス。

 

”にんぎょ”ははーどるがたかかったということで
つぎはちひろさんのすきな”とり”をかくことにしましタ。


ちひろさんのおてほんでス。


ひとし「めぐみさん、なんで4本足なんですか。ケンタッキーのブラックジョークですか?」
めぐみ「えっ?!(←なぜかちょっと怒っていまス。)足はわたしが一番正確じゃない!」
ひとし「あ、足の形ですか…」


ひとし「ゆう、これはニワトリというよりもサンバカーニバルだ。」
ゆう「いやこれはマジで自信があるね!」


ひとし「理紀さん、あの、なんていうか…」
まさき「…なにかまちがいがありますか。」
ひとし「…いえ?」

ひつじでス。


ゆう「ちひろちゃんの、めっちゃかわいい!ストレイシープだ!」


ひとし「ゆうのは、だから、羊ではなくて、ポン・デ・ライオンだ。」


ちひろ「めぐみさんのは、へたとかうまいとかではなくて、アートですね。」

こうして、よるはふけていきましタ。
さいしょの”にんぎょ”の絵わ、めぐみさんがのんでいたときにかいたそうでス。
「みんなやさしいなあと思って。わたしが飲んでたら絵描こうよって誘ってくれてね。
 素晴らしいじゃない?生きてるって!」
と、めぐみさんがまとめましタ。

ジャン子わ、このコラムをかくために、みんなのかいた絵をだいじにほぞんしましタ。
ジャンクステージは、とてもたのしいでス。
ジャンク バーが、たのしみでス。

2012/06/27

みなさん、こんにちわ。ジャン子でス。
いま、ジャンクステージは、ほんをつくっていまス。

ジャンクステージが、5さいになっタので、
5ねんかんのきろくを、ほんにすることになりましタ。

メグミさんわ、うまのおいしゃさん の シゲノブさん と ”たいだん”をしましタ。
海外部のみんなわ、おたがいの”しょうかいぶん”をかきましタ。
家庭科部のみんなわ、りょうりのしゃしんを あつめましタ。

水族館人の こばやしさん わ、「おさかな ほかく ぼうけんにっき」を、
行政書士の なかはしさん わ、「レインボーノートの人間模様」を、
かおりのアーティストの まっきーさん わ、「アーティストの使命」を、
屋久島の ひだかさん わ、「屋久島との縁」を、それぞれ、
このほんのために かきおろしてくれましタ!!

そのほか、ジャンクステージのきろくを ”へんさん”ちゅうでス。
ジャン子も、おてつだいを、がんばりまス。

2012/05/08

みなさん、こんにちは。ジャン子でス。
ジャン子をかいてくれているのは、
イラストレーターのささきちひろさん でス。

こんど、ささきちひろさん の いらすとの、てちょうが はつばいされまス。
ぷろでゅーすは、ゆうさんがしたようでス。
ゆうさん と ちひろさん は これのために、3がつ よくはたらきましタ。
ジャン子も、てつだいましタ。

ほんとうは、ジャン子をてちょうにしたい、と ”おふぁー”があったのでスが、
「キャラクターが一人歩きすると、”せんとくん”みたいになるぞ。」
という しとしさん の いけんのもと、
ジャン子の”おねえちゃん”の”ピムちゃん”が でびゅーしましタ。

ピムちゃん は、ジャンクステージには、いまセン。
ささきちひろさんの、きゃらくたーでス。
でも、おかあさんがいっしょなので、ジャン子のおねえちゃんでス。

ジャン子はせんげつ、ささきちひろさん の てんじかいに いきましタ。
ピムちゃんのめもちょうが、4しゅるいでていましタ。
1しゅるいは、”かんばい”していましタ!

ピムちゃんをかったら、ささきちひろさん が、
こびとの しーる を くれましタ。かわいいでス。
ゆうさんわ、「くじ」をひいて、びーずの ざっか を あてましタ。

かわいいものがたくさんあって とてもたのしかったでス。

ジャン子は、「ささきちひろさん」と、れんぞくして10かい
いえるようになりましタ。

ジャン子

2012/03/19

みなさん、こんにちは。ジャン子でス。

しゅうまつ、「ジャンクステージ りじ会」がありましタ。
ゆうさん、ももうさん、しとしさん、があつまるのが”りじ会”でスが、
とても じゅうようなことを きめるときは、”るのあーる”に しゅうごうしまス。
このまえのりじ会は、”るのあーる”でしタ。

ジャン子は、”ほごしゃ”であるところのささきちひろさんの おてつだい で、おくれましタ。
ゆうさんが、ちひろさんと、いろいろと”きかく”をすすめていて、
ジャン子は、”しょるい”のおつかいをしたり、”でーた”のおつかいをしたり
てつだいをしているのでス。えっへん。
これについては、ごじつ、ゆうさんから はっぴょうがありまス。

ジャン子が”りじ会”についタときは、
「じゅうようじこう」のかいぎはすでにおわっていましタ。

ももう「じゃ、これで、残す議題はもうナシだよね。」
ゆう「大丈夫?整さん。」
しとし「…俺なのか…」
ゆう「整さんがサイトリニューアルする、整さんが掲示板作る、整さんがアレとアレ消す、
   整さんお金出す、でファイナルアンサーでいいのよね?」
ももう「まちがいない!よろしくお願いします!」
しとし「…なんか最後にちょっと違うの入ってなかったか、今…」

それから、3にんわ、”お花み”について、もめはじめましタ。

しとし「…だから、桜は10日には散ると。」
ももう「20日以降にして!ゼッタイ!」
ゆう「あ、●●●●なら何種類も桜があって3ヶ月くらいなんかしら咲いてるよ」
しとし「…そんな高尚な場所でどんちゃん騒ぎができるか。」
ゆう「じゃーもう梅とか桃とかでいいんじゃないの!」
しとし「…だから、それは、桜よりも前だ…。」
ももう「バーベキューにしよう!」
しとし「…バーベキューを4月にやる意味あるのか…。」
ゆう「寒くない? 前バーベキューしたの6月じゃなかった?」
ももう「飲めばあったかくなる!」
ゆう「…そうだな。」
しとし「…えっ…」

というわけで、ばーべきゅー大会をすることになりましタ。
たのしみでス。
なんと、”いんどねしあ”の、ンゴンゴ大学から、たかくらさん がかけつけてくれるそうでス!
さぷらいずでス。

ジャン子

2012/02/22

みなさん、こんにちは。ジャン子でス。
このあいだ、ジャンクステージの「ぶちょう会」が、ありましタ!

これは、ライターさんから ジャンクステージで やりたいことの プロジェクトをあげてもらう
ことし、ジャンクステージが”どうにゅう”した”せいど”だとのことでス。
スタッフのみんなわ、”ぶかつどう”と、よんでいまス。

にたジャンルのひとたちで、9つの”部”にらいたーさんを わけて、
らいたーさんのなかから、”ぶちょう”さんをせんしゅつしましタ。
なぜか、”風紀委員”というものがあり、これだけ、”部”でわなくて、”委員”でス。
ぶちょうさんは、こんご、”めるまが”などにもとうじょうするそうでス。
めるまがのとうろくは、こちらでス。

ゆうさん の いえに ぶちょうさん が あつまり、かいぎをしましタ。

ゆう「イトウさん。なんですか、そのあやしいふろしきは。」
イトう「えっ、えっ、これ、ワイン冷やしてきたから、あたたまらないように…」
メグミ「ちょっと、イトウさんのあの紙袋、カ●ティエなんだけど。どういう事?」
ゆう「疑惑ですね。あの大きさは、時計か、アクセサリーか…」
「紙袋って、ひとり歩きして、流通するからな。」
理紀「あ、どうも、遅れてごめんなさい。これ、日向夏です。」
イトう「ヒューバランス?! 僕、東京マラソンに出るんです!」
ゆう「イトウさん、もう、なんていうか、なんなんですか。」
理紀「そうそう、わたし今日、太鼓の居残り自主練があるので、途中で失礼します。」
整「…太鼓…突っ込むべきか…」
イトう「ぼくは、女子とデー…いえ、東京マラソンの練習で8時に失礼します。」
ゆう「っていうか、東京マラソン当たったんだ、イトウさん。」
メグミ「わたし外れたのに!! あ、ゆうさん、これ、イカ飯ね。」
ゆう「あ、はい、メグミ部長。お湯ですね。…あっっっつつちぃぃぃぃぃ!!!!!!!!!」
整「…だから、なぜ、なんでも素手でやろうとするのかと…」
ゆう「…わたしの失敗はすべて、”常になんでも強火”が原因です(キリッ」

といったふうで、イトうさんの”ぎわく”と、ゆうさんの”やけど”から、
”ぶちょう会”は、はじまりました。

イトうさんは、”帰宅部”といって、
いままでのジャンクステージのOBOGのコラムから、すばらしいものを
”はっくつ”するのがしごとでス。
メグミさんは、”保健部”といって、
”医療系”のライターさんの、おやぶんでス。
そして、理紀さんは、”風紀委員”で、
ジャンクステージの”もはん的”なコラムニストの、おやぶんでス。
みんなが、「委員長」と、よんでいまス。
そのたの”部”は、また、しょうかいしまス。

みんながアイデアをもちよって、
ジャンクステージのことや、ことし、5しゅうねん の”まがじん”をだすので、
そのことについて、はなしあいましタ。
わくわく しましタ。

でも、ジャン子は、”部”には、いれてもらえませんでしタ。
なんででスか。

ジャン子

2012/01/30

みなさん、こんにちわ。ジャン子でス。
どようび、ジャンクステージの「総会&新年会」がありましタ!
スタッフ、ライター、あわせて26にんものめんばーが、つどいましタ!

ジャン子は、「やかん がいしゅつ きんし」なのでスが、
きのうわ、”ほごしゃ”であるところの、ささきちひろ さん がいっしょだったので
さんかすることが できましタ。

ジャンクステージ アワードのはっぴょうがあり、しゅっせきしていた
おときたさんほしのさんすぎさんささきさん がひょうしょうされましタ!
そのご、あたらしいプロジェクトの発表がありましタ。
これについてわ、またこんど くわしく かきまス。

そのご、しんねんかいは、とてもたのしかったでス。
めぐみさん ひきいる「めぐみ部」のてーぶるは、”じょしかい”になり、
イトうさん が「怖い…」といいながら はしらのかげから のぞいていると
めぐみ「イトうさん!おいでよ!」
イトう「い、いえ、あの、女子会なんて、ぼくには10年はや…」
れな「”女子をめぐる冒険”ってコラム書いてるくせにね~。」
イトう「あ、あ、あの、その…ぼぼぼぼぼぼくは妄想専門なんです!!!」
と、といつめられていましタ。

うえださんは、きひんあふれる おとなのじょせいで、
ジャン子も あのようになりたいとおもいましタ。
やまもとさん は、あまりに”いけめん”だったので、じょしテーブルにひっぱりだこでしタ。
おときたさんも、ジャンクステージの”イケメンバンク”にいれてもらえるそうでス。
ただし、ぎりぎりだそうでス。
”いけめん”かどうかわ、めぐみさんが、はんだんしまス。

ひがしでさんいしかわせんせい といった、OBのらいたーさんもきて、
ももうさんは、「ぜひ再開を」と、ちっとも よっていないふうで、かんゆうしていましタ。
よしださんあきこさんわ、”ママトーク”をしていましタ。
ういかさん わ、はつさんかと おもえないほど めぐみ部になじんでいましタ。
むとうさん わ、あいぱっど で、深海のようすをみせてくれましタ!

にじかいでわ、おときたさん が、「やまざき」という、たかいウイスキーのぼとるをちゅうもんし、
ゆうさんが、おこりながら いちばんのんでいましタ。

ジャンクステージは、ことしも、がんばりまス。

2012/01/11

みなさん、こんにちは。ジャン子でス。
あけまして、おめでとう ございまス。

ジャンクステージは、2012ねんのぎょうむ を さいかいしましタ。
ゆうさん は マダガルガルからかえってきて
ももうさん はみっかかんの ”とうひこう” からかえってきて、
しとしさん は、だいがくにだす だいじな”ろんぶん”がおわりましタ

とうとう、「ジャンクステージ アワード」が きまりましタ。
こんげつ28にちの「ライター総会」ではっぴょうされる
ジャンクステージ アワードには 下記のものがありまス。

◆大賞:「情報メディアより感動メディア」のJunkStageポリシーに
   もっともふさわしい、個性と情熱にあふれるコラムに贈られる賞です。
   トーンだけでなく、文章のクオリティ・寄稿頻度も審査対象となります。
◆副賞:同じく、JunkStageを代表するにふさわしいコラムに贈られます。
   受賞コラムは1年間、JunkStageの看板コラムとしてサイト上でも大きく特集されます。
◆新人賞:2011年に新規加入されたライターの中で、
   目覚ましい活躍をされた、もしくは今後に期待の注目ライターに贈られます。
◆最多更新賞:年間を通じて最多の寄稿により、JunkStageをアクティブに
   彩ってくれたライターに贈られます。(他サイトで発表されていない記事のみが対象)
◆スタッフ特別賞:イベントやフリーペーパー制作などのコラム以外のJunkStageの諸活動に
   スタッフ以上の情熱をかけて活躍してくれたライターに贈られます。
◆功労賞:JunkStageにおける新しい取り組み、今後の指針になるような活動を協働し
   JunkStageの未来に貢献してくれたライターに贈られます。

ことしは、だれが 受賞するか、たのしみにしていてくださイ!
「ライター総会」のあと、スタッフブログ で はっぴょうされまス。

ジャン子の2012ねんは、「漢字」をおぼえるようにしたいでス。
「パソコンで変換した漢字は知っているとは言わない」とゆうさんがいうので、
おぼえたかんじだけ、こらむでかこうとおもいまス。

ことしもよろしくおねがいしまス。

2011/11/27

みなさん、こんにちわー。ジャン子でス。

ぜんかいに ひきつづき、”がっしゅく”のようすをおつたえしまス。
ジャン子は、”やかんがいしゅつきんし”なノで、ふつかめから いきましタ。

ちえ「ああっ!ジャン子ちゃん!!はじめまして!ちぃです!」
ジャン子「もとらいたーで、”そうりつめんばー”で、”ふじょし”のちぃさんでスね!」
ちえ「腐女子…ジャン子ちゃん、4歳なのにもうそんなことしってるの…」
ジャン子「ハい!”うすいほん”と、”びーえる”ですね!?ちぃさんのこらむを、よみましタ!」
ちえ「…………。ねえ!!!! ゆうさん!!!! ほんとごめん!!!! 生きててごめん!!!!」
ゆう「や、意味わかってないから、無問題。」
もも「やはりJunkには教育上よろしくないコンテンツが…焚書されるかな。都知事に。」
ちえ「あっ…非実在…!」
ゆう「や、だから、ジャン子になかのひとなど居ませんから。断じて。」

がっしゅく わ、ことし5しゅうねんをむかえる ジャンクステージが
らいねん、なにをやるかを ちゅうしんに はなしあわれましタ。
くわしくは、1がつの”そうかい”ではっぴょうされるそうでス。
”そうかい”は、1ねんに1ど、らいたーさんが つどうのだそうでス!!!
そこで はっぴょうされることについてわ
ジャン子のコラムで はっぴょうしてはいけナイ、といわれましタ。

でも、それダと、なにもかけなくなってしまうので、
ももうさん とそうだんしテ、”だんぺんてき”にこのみーてぃんぐで
おこなわれた かいわ を しょうかいしまス。

しとし「風紀委員は、その名の通り、書くことに専念してもらえばいいわけだ。」
ちぃ「保健部っていうのがヤラしすぎるね。うふふ。」
ゆう「イトウさん、帰宅部は最大勢力ですから。責任、最重大です。」
もも「私、”メグミ部”に入りたい!!!!!!」
いトう「すみません。ほんとすみません。あの…すみません。すみ…」
クロ「で、ごはんはどこに食べに行くんですか?!」

そして、こレが、ゆうさんが かいた
「ジャンクステージの再定義」でス。

そうかい が たのしみでス。

2011/11/15

みなさん、こんにちはー。ジャン子でス。
ジャンクステージは、このしゅうまつ、”がっしゅく”をやりましタ!
ゆうさんももうさんしとしさんと、
いトうさん、もとライターのちえさん、もうすぐ”さんきゅう”にはいるくろさんがいきましタ。
ジャン子もいきたいといったのでスが、
「園児はお留守番」とゆうさんにいわれて、ふつかめ だけ いきましタ。

この がっしゅくには ひともんちゃく ありましタ。
ゆう「クロちゃん、合宿の場所、手配してー。」
クロ「いいですけど、先に希望を教えてくださいね。去年だって、
  温泉とかいってたのに、結局山の中の極寒コテージだったじゃないですか。」
ゆう「そうだっけ?オリンピックセンターは?」
もも「あそこは学生専用でしょ。…あっ…整さん…学生…!」
しとし「おれの肩書きを、利用したいだけするがいいさ。」

~(すうじつご)~
クロ「ゆうさん、オリンピックセンターに年齢制限はないそうです。よかったですね!」
ゆう「よかったですねっていうのもなんか…。じゃ、大部屋予約しよう」
クロ「ダメです。」
もも「…なんで?」
クロ「男女が同じ部屋に泊まることはできません。青少年のための施設です。」
ゆう「おろっ…つまり我々は男女が同じ部屋に泊まっても疚しいことが起きない程度に”非”青少年…」
クロ「ついでにお酒の持ち込みもNGですからね。ゆうさん、お願いしますよ。」
もも「ヤダ!やっぱそこ、ヤダ!っていうか合宿する意味ない!」
クロ「ええっ?!でも、もう予約しましたから。登録をしたら、スタッフの過半数が
 20代ということで、青少年団体と認められ、安くなりました。」
しとし「…そこでいい(キリッ」
もも「うちら、若かったんだ!!」
ゆう「…なんだ、その手のひら返し…。」

こうしテ、どようびに、6にんわ おりんぴっくせんたー に しゅうごうしたそうでス。
ゆうさんわ、「おとなのじじょう」により、きらびやかなかっこうをしていて、
クロさんわ、「きせつのじじょう」により、みかわけんいちのようだったそうでス(ゆうさんだん)。
みんなで、かれーやさんで ごはんをたべたそうでス。

これが、しとしさんのとったしゃしんでス。
ジャン子も、まざりたかったでス。

じかいわ、ふつかめのようすについて かきまス。
おもな”てーま”わ、「メグミ部」でス。

« Previous | Next »