Home | »

2010/12/13

はじめまして!ダンサー・役者業やら演出・振付やらとにかく何でもやります。神です。
あっ、「カミ」ではありません。「ジン」です。今回このようなお話を頂き、おいおい、コラムなんて書けるのかよ?
どうする俺?的な感じで悩んで約30分・・・。(実際は筆不精なので悩む時間より書く時間のほうに30倍程かかっています。)
えぇい!やってしまえ!穴あけても許してください!なんて勢いで書いております。
(会ったこともない編集さんにかなり大胆不敵な自分をACアダプターをブッさしてTVで見てみたい(謎))
それはさておき、このお話を頂きまして自分の舞台経験なんてものを振り返るのに調度いいかなぁと
思い、PCを叩いています。
もともと、正直舞台なんてものをやりたい等とは思っておらず、
役者業はもとより、人前に出るなんて事は持っての他。
ダンスも、体を動かすのも嫌いな方でした。(卓球は除く)
そんな奴が何故10年近くもこの世界にいついてしまったかと言うと不思議です。

もともと演劇に初めて触れたのは高校生の部活でした。
3年間続いたのは友人達のおかげだったのかもしれません。
最初の内は楽しかった演劇も姿・形・匂い。
全てが代わり映えの無いものに見えてきました。(事実好みの問題も多少あるのであくまで一個人の意見ですが・・・。)
そこで、自分の中でこんなものかと籠を作ってしまったんですね。

そんな時にひょんな事からギリシャ公演をするから着いてきなさいというお話を頂きました。

流れはこんな感じです。

母「あんた、演劇続けんの?」
自分「どーしようかなぁ。専門学校でも行こうかなぁ」
母「それならギリシャ公演あるからいってみる?」
自分「えっ?」
母「東京のおじさんがやるんだってさ」
自分「初耳・・・」

今所属しているカンパニーの座長が実は叔父でした。
幼い頃に2・3度会っただけの叔父が演劇人!?
そこから僕の演劇人生が始まったと言っても過言ではありません。
そしてこの出来事から3ヶ月後一人叔父の住む東京へ。
そしてギリシャとトータル2ヶ月近く旅立つこととなり、同時に
演劇・ダンス等の舞台活動を何故続けるようになったかという
アイデンティティを探る旅が始まりました。

こんな感じで過去やら現在やらの演劇・ダンスについて、
自分のアイデンティティを織り交ぜながら書いて執筆していきたいと思っています。
どうぞ宜しくお願いします。

2010/12/13 02:28 | つぶやき, ダンス, ブログロール, 舞台 | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.
No comments.