« | Home | »

2012/04/01

日本画教室をはじめたきっかけは,実家が教員が多い家系であり,教育がとても身近であったため,大学時代に教職をとったり,自分自身,美術教育や心理学に興味があったことです。

自分の“将来の夢”は,絵を描いて生きること,という思いがあり,それは20代の前半に,仁和寺に国宝の孔雀明王の模写を奉納してから,急に作品の注文をたくさんいただくようになり,少しずつですが,かなっていったのですが,家に閉じこもって,一人ひたすら絵を描く生活の中で色々と考えるところもあり,まだ早いかという気もしないではなかったのですが,社会貢献,自分自身の勉強や視野を広げる意味もあって,28歳のときに,思い切って,日本画教室を開講することにしました。

ここだけの話,私がホームページを立ち上げた10年ほど前は,日本画画壇は,まだまだ閉鎖的で,師匠の許可なく教室を開くなどもってのほか,画壇の係累を無視して作品を販売するなど許されない,といった雰囲気があり,日本画家の個人ホームページもほとんどなく,今となっては笑い話ですが,嫌味や嫌がらせめいたお電話をいただいたこともしばしば…。

ですが,やってしまえば,案外,応援してくださる方々もたくさん増えてきて,なんとかなってしまうもので,ここまでなんとか,無事にやって来れました。さいわい,教室の方は,順調に生徒さんも増え,都内に3教室の開講に至りました。

集団や組織の中で、うまく周りをみて生きることが、自分にはとても難しく、そういうことのできる人にとても憧れます。

自分の歩いてきた道は,いつも道なき道で,いまだそれが間違っていたのか,ちゃんと道になっているのか,答えは出ませんが,自分の創作のしやすいように,生きやすいように,自分のかたちで生きることは,創作活動を続けていく上で、とても大切なことだと思います。

2012/04/01 05:48 | 未分類 | 1 Comment

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.

[…] しかし、最初からすべてが順風満帆だったわけではありません。 池上さんは「周囲に恵まれていたので」と仰っていましたが、契約社員やアルバイトなどをしながら絵を描き続けるのは並大抵の苦労ではなかったことと思います。日本画の顔料は決して安くはないうえ(何しろ天然素材!)、働きながら描き続けるための時間や体力を確保することの難しさ。 また、JunkStageとのご縁のきっかけになったwebサイトは池上さんが24歳のときに友人の女性と立ち上げたものですが、閉鎖的な日本画壇からは嫌味や嫌がらせめいた電話もあったとのこと。その後、28歳で日本画教室を開講した際には「師匠の許可なく教室を開くなどもってのほか」と言った暗黙のルールもあったそうです。 でも、池上さんはそれら全ての圧力をはねのけて、日本画を描き続け、そして結果を出し続けているのです。 […]