« | Home

2015/07/14

R0018475z

R0018476x

彼のクシャクシャの家を引きずりながら何とか運んで来た。

『お疲れ様。まぁ・・以前とは家の向きが違うけど・・そこは模様替えしたと思えば大丈夫です。』

やはり彼は寝転んだままだ。

流石に私の堪忍袋の緒も切れそうだ。

そんな私の怒りに気が付いたのか、気まずそうに寝返りをうって私に背を向けて何かを呟いた。

『・・行きな。』

小さな声だったので肝心な部分が聞き取れなかった。

何?っと聞き返した。

『ここから500mほど北に行きな。あなたが求める家はそこにある。』

私は彼にお礼を言い、ワクワクしながらその場を去った。

急がなきゃ!!誰かに住まれる前に!! 

                 

                  〜続く〜

2015/07/14 10:33 | 小さい人シリーズ | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.
No comments.