« | Home | »

2015/07/10

R0018469z

R0018471z

少し強い風が吹き、豆田さんの家はフワッと舞い上がり、少し離れた場所に着地した。
 
『・・・』

長い沈黙が続いたが豆田さんが口を開いた。

『あの・・申し訳ないのですが、家を拾ってきていただけないでしょうか?』

私は『えっ!』と聞き返した。

『いや、見た目は大きくて重そうですが、思いのほか軽いですよ。』

重いとか軽いの問題ではない。

『じゃあ、何か差し上げますから!』

そう言うと豆田さんは辺りを見回したが何もなかった。

『どうしたら取って来てくれるんですか!!』

何故か少し怒り気味だ。

私は飽きれてその場を立ち去ろうとした。

『ちょ、ちょっと!どこに行くんですか!』

今、家を探しているので先を急ぎます。と彼に告げた。

『なんだ!それなそうと言ってくださいよ!私、良い家の情報持ってますよ。』

私の足はピタっと止まり、振り返り豆田さんの顔を見た。
豆田さんは寝ながら、ニヤッと笑った。

『まずは私の家を。』

信じて良いのだろうか・・・

               〜続く〜

2015/07/10 10:04 | 小さい人シリーズ | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.
No comments.