« | Home | »

2013/02/09

 

荷物がなくなり、身が軽くなった私はドンドン歩く。

前方に見晴らしの良さそうな高台を発見。

高い所は大好きだ。

 

長い階段を上がり、頂上に着くと素晴らしい景色が広がっていた。

運送屋があんなに小さく見える!あっ人が歩いてる!なんて浮かれてはしゃいでいると、後ろからゴホンっと咳払いが聞こえた。

振り返ると、そこにはダンディーなおじさんが立っていた。

景色に夢中で人がいる事に気が付かなかった。

私は顔を赤らめながら、慌てて挨拶をした。

 

『こんにちは。さっきから何度も声を掛けていたのだが・・よっぽどこの景色が気に入ったようだね。』

私は頷いた。

『素晴らしい場所だろう?私は子供の頃、この近所に住んでいてね。辛い事や悲しい事、嬉しい事があると、よくここでボッ〜としたものだよ。今はもう

 

遠くに引っ越してしまってね。今日は久しぶりに、このお気に入りの場所に来たのだよ。』

私はおじさんに何かあったのですか?と尋ねた。

『うむ、来月に娘が結婚するのだよ。嬉しいやら、寂しいやらで。』

おめでとうございますと私は伝えた。

『ありがとう。今度、娘と一緒にココに来ようと思っているんだ。家では照れくさくて言えないような事でも、ここでは言えそうな気がすんだよ。まっ、来てくれればの話なんだがね・・』

いえ!絶対に来てくれますよ!っというと、おじさんは照れくさそうに笑った。

 

 

 

 

2013/02/09 10:51 | 小さい人シリーズ | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.
No comments.