Home > サルサ・ダンス・レッスン

2009/04/26

ご無沙汰いたしておりますm(__)m

折りからの不況の波に煽られて
気楽な稼業をやってた僕は、昨年在籍した事業部を失い。。。

いやぁ~時代のトレンドですな(>_<)

良くも悪しくも棚ぼた個人事業主となったわけです(>_<)

3月などは結局完全休日1日しかなくて

8:50~21:00、~24:00、それからまた別の仕事して

週に一度午前中だけ休みみたいな感じでした。

切羽詰ると働けるもんですね♪

30歳くらいの時には終電まで毎日残業して帰って筋トレしてそして4時まで仕事して7時に起きて会社に行って
それでも金、土は朝6時までサルサクラブに居てそのまま酔って帰ってテニスや野球に行ってましたが、、、

睡眠時間が必要な若いあの頃と違ってもっと働けちゃってる気がしてます♪
そうするとさ、ムキになって今やんなくったってイイ、アレやコレのチマチマとした仕事にも手を出しちゃうわけでございまして、、、
なんとw(゜o゜)w

サルサ・ダンス・レッスンを企画したり、運営したりなんてぇことも始まってしまうわけであります♪

十数年overで踊ってる仲間達の大方は、ダンスの先生になってたりするのね。
だって、みんな日本サルサ界のフランシスコ・ザビエルだからさ。
だからって、僕の場合は教えるなんて真っ平ゴメンm(__)m

だってダンス上手くないし

上手いことより、上手くなることより、
楽しめる気質の方が遥かに肝心な酒場の大衆音楽ダンスなわけですよ。
サルサ
=OLちゃんのお稽古事であるハズもなく
=ダンス・パフォーマンスなんかじゃなくて

やっぱ飲んでカワイコちゃんと(イケメン君と)楽しく踊る&楽しく過ごすことだと思うんです。

飲んで楽しく踊るからにゃ、そんじょそこらの兄ちゃんより俺と踊った方が楽しいぜ!!!

あちらのカワイコちゃんと踊るより、私と踊られた方がよろしいんじゃなくて???

ってなもんなのですよ。
サルサ・イベントの企画なら
ホームパーティーの企画みたいなもんだから、

お集まりくださるお客様のため
お酒と音楽とダンスフロアさえ用意して
あとは自ら楽しむことを知ってる大人達に投げちゃえばイイだけのこと。

しっかし、僕がサルサダンス・レッスン??? 教える???

嫌!!嫌!!嫌!! 興味ない!!興味ない!!興味ない!! 面倒くさい!!!
俺、自分勝手に気分で過ごしてたいもん♪

仕事終わったら、盛り場ムードたっぷりの中で飲んで、無責任なバカ話して、気が向いたら踊ってってしてた方がいいもん♪

人の好き嫌いも激しいしねぇ~♪
でも、歳のせいかしら、、、

ホラ、サルサってそうゆうもんじゃねぇ~だろ!!!

ってぇこと伝えたくて仕方なくなってきたみたいなんだよね~。。。
ちょこっと、たまたまキューバだとか、プエルトリコなんかに旅行しちゃった人達が言うのはさぁ、

『踊りにルールなんてないっすよねぇ~♪ 向こうじゃステップなんて全く関係なかったですよぉ~♪』となるし

日本で一生懸命サルサのダンス・レッスンに取り組んでる人達は、

『キューバンスタイルは、こうです!!!』『ニューヨークスタイルは、こうです!!!』とかってキメつけちゃうし

興ざめの連発なのですよ。
人と向かい合って踊るわけですから、簡単なステップもあるし、

キューバ人も、プエルトリカンも、ニューヨークでも、ロサンゼルスでも、みんな同じスタイルで踊ってるハズがないし

ラティーノ達は、女性に対して、六本木の外国人みてぇな態度じゃないし。

サルサ、飲んで楽しく過ごすことに意義あり!!!

そこには、キラキラのナイトクラブならではの不良達の世界!!!
暗黙の上品で快適なルールもあるわけですよ♪
そこいらんとこをね♪
たいして踊れなくたって、素敵に見えるコツとか、

セクシーに見えてだらしなく下品に見えないコツとか、

心を躍らせること、人と向き合うこと、なんかをね♪

ああ、もちろん実際は簡単なサルサの基本的なステップも含めてお伝えしたいと燃えてるわけでござんす♪
だって、アレだよ♪

そんじょそこらのカップルや夫婦なんて数ヶ月や数年したら、まともに向き合ってなかったりするかんね♪
いつもの彼氏や旦那とは、違ってほんの1曲3分間でも本気で人と向かい合える危険で、危なっかしく、
『今夜は、あなたが踊ってくれたから、とっても楽しかった。』と爽やかに丁寧に今夜のおやすみを言える猛毒をもった男女を育てるぞ!!!
温暖化で東京にも椰子の木が生えてきますから、どうぞ皆様はやめに生き方を南国風に切り替えてください♪