« | Home | »

2015/06/30

poster

これが写真展前最後の更新になります.

今年のWALDの入り口に掲示するポスターは
こんな感じにしてみました.

サイズはA3ノビ、簡潔に
初見でも「入ってみたいな」って
思ってもらえるように作ったつもりです.

今回、自分的には一昨年のような
数年がかりの超大作ではなくて
この1年で一気に創りあげたような
コストも出来る限り削っての
ちょっと小規模な作品にしたつもりです.

そんな良くも悪くも少し肩のチカラを
抜いた作品創りが産んだものなのか
ほんとに意外なくらい楽しみにしていただけたり
メディアの方でも取り上げてもらえたりしています.

〜不可触な、確固たる絶対感か
抗いながら、足掻くものか〜

これはキャプションにも使っている言葉だけど
今思うのは、やっぱり絶対感から来る
「余裕」みたいなものは強いんだな..
ということ.

二人の間の、また二人の中に
あるものを、あるがままに写真として
全てを切り取ったとは思ってはいないし
理解しているとも言えないけれど

掲載されてく情報の中で
使われているもの、
受け取られ方を見ていると
ふと、そんなふうに感じます.

0630_02

0630_01

迎えた写真展前日、設営の日.

告知、配布のときと同じ様に、
この日にもまた、特別な想いがあって
えりかさんは駆けつけてくれたのでした.

正直決して調子が良さそうではなかったけれど
1点1点がギャラリーに展示されて行く中で
去来する気持ちは、どんなものだろう…と
少し心配でもあったけれど、えりかさんは
この写真展をしっかり俯瞰した目線で
彼女なりに捉えてくれているようでした.

絶対的な安定には及ばない…
それは解っているけれど
足掻いているなりに進もうとする..

そんな気持ちがそこには感じられて、
その部分にもいつか、強い光が当たってほしいな..
と、作家としてはそう強く感じました.

そして何よりは「光」を集め、帯びるものとして
そこに在り続けてもらえたケイさんの集め、放つもの.

それが強ければ強いほどコントラストは高まって.

0630_03

写真展「化身」は明日から始まります.
封切り前はいつも緊張するけど
いつもよりは力まずに程よくチカラを
抜いて迎えられるような気がしてて.

えりかさん自身、
苦しかった、挫折もあった
途絶えたりもした…一進一退..
もしかしたら後退しているのか
そんな恐怖あったことでしょう.

だけどそこに一方の被写体である
えりかさんのこの表情があるのなら
ここまで辿り着いた意味は充分にあると
そう思っています.

辿り着こうとして、前に進むものに
きっと光は届くと思うから.

0630_06

0630_05

設営作業風景の記録は
えりかさんにお願いしました.
また、いつものようにWALDオーナー
森さんにほとんどのことを
お任せしてしまってますが…

WALDとしても写真展示手法としては
初めての試みとなる「浮かせた展示」.
これは実際に会場で観ていただければと
思います.

僕もスケジュールの許す範囲で
在廊する予定です.

今年もまた写真展で、僕自身の夏が
始まります.

0630_04

古賀英樹 写真展「化身」

7月1日(水)〜 7月18日(土)
12:00〜18:00

■休み:日、月、火曜日
■料金:入場無料
■場所:ヴァルト アート スタジオ
[092-633-3989 福岡市博多区千代4-12-2]

2015/06/30 05:26 | アート, 写真 | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.
No comments.