« | Home | »

2010/09/22

今回も引き続き、今夏の旅の記憶から。
ただ、前回までのブータン目線から一歩引いて、
少し大局的な話をしてみようと思う。

大局的、なんて言うと、さもデカい話をしそうだが、
そこはそれ、斜に構えた人間なので、あまり役に立つ話はしない。

今回は、その名もずばり、『バックパッカー』とはなにか?
という、普通に生きてるヒトにとっては、ややどうでもいい話だ。

前回、少しだけバックパッカーについて言及したのだが、
はて、そういえばバックパッカーってなんだろう、
と、キーボードを叩く指が止まったのが、そもそものきっかけ。

とりあえず、Wikipediaを叩いてみると、以下のように定義されている。

バックパッカー(英語: backpacker)は低予算で国外を個人旅行する旅行者のことを指して使われてきた言葉である。バックパック(リュックサック)を背負って移動する者が多いことからこの名がある。日本語では「パッカー」と略すこともある。こうした旅行(バックパッキング、英語: backpacking)はまた自由旅行や低予算旅行(budget travel)とも呼ばれる。
従来の旅行者との違いとして、移動に公共交通機関を使うこと、ユースホステルや安宿を伝統的なホテルよりも好むこと、世間的な休暇よりも長い期間に亘ること、バックパックを使うこと、観光地を見るだけでなく地元の住人と出会うことにも興味があることなどが挙げられる。
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

簡単に言うと、
なるべく安い航空券で現地へ飛び、
なるべく安い交通手段で移動し、
なるべく安い宿に腰を据えて、
なるべく安い食事で腹を満たす、
ような人種のことを指す。

ただし、どこからがバックパッカーで、どこからが違うのか、
その定義は酷く曖昧なものだ。

例えば、1泊だけ高級ホテルに泊まったら違うのか。
例えば、移動は全てタクシーだったら違うのか。
例えば、観光には金銭を惜しまないヒトは違うのか。
例えば、厳密なスケジュールを立てているヒトは違うのか。

日額いくら以下で暮らす、みたいな定義付けも可能だが、
それだって、国が変われば物価も変わり、
一定した基準を設けることはなかなかどうして難しい。

さらに言えば、
実は、バックパックを背負っているかどうかはさして重要ではない。
単純に、彼らの旅のスタイルには、バックパックの方が向いている、
というだけであって、それが必要条件ではない。

そういう意味では、
今回の旅は、バックパッカーであった部分もあるし、
そうでなかった部分も多々あると言える。

………………………………………………………………………

さて。
なぜ、彼らは『バックパッカー』に目覚めるのか。

そう、はじめからバックパッカーであるヒトはいないため、
必ずどこかで、目覚めた瞬間があるはずなのだ。

まず第一に、彼らの目覚めは若い時分、
特に学生時代に訪れる場合がほとんどと言って差し支えないだろう。

金は無いが、時間と体力がたっぷりあること。
それが、良いバックパッカーの絶対条件だからだ。

目覚めのきっかけは、
就職前の最後のモラトリアムであったり、
悶々とした日常からの脱却であったり、
あるいは、失恋の痛手を癒すためであったり。

実は、そこを上手く答えられるヒトは、あまりいない。

誰かの言葉を借りれば、「若さ故の過ち」と片付けられてしまいそうだが、
彼らは、社会の構成員であることを放棄しているのかというと、
どうやら、一概にそうとも言い切れない。

バックパッカーのバイブルとも言われる、
沢木耕太郎「深夜特急」を例に引こう。

この著書の中で、主人公はインドのデリーからロンドンまで、
乗合いバスで行く、という目的を果たすために旅をしている。

そして、その旅の理由を、こんなふうに述懐している。

ほんのちょっぴり本音を吐けば、人のためにもならず、学問の進歩に役立つわけでもなく、真実をきわめることもなく、記録を作るためのものでもなく、血湧き肉踊る冒険大活劇でもなく、まるで何の意味もなく、誰にでも可能で、しかし、およそ酔狂な奴でなくてはしそうにないことを、やりたかったのだ。
(出典:沢木耕太郎『深夜特急1 香港・マカオ』、新潮文庫、P25)

つまり、それが『旅』である必然性すら特に無かった、ということになる。

それが全てのバックパッカーに当てはまる真理だ、
などと言うつもりは毛頭無いが、ただ、頭の片隅に、
旅をしていない自分を、常に思い描きながら旅をする。
それが、バックパッカーの心意気であり、
唯一の社会との接点であるような、そんな気さえしてしまう。

………………………………………………………………………

少し話変わって。

今回の旅で、図らずも、
バックパッカーの聖地と呼ばれる場所をいくつか訪れた。

バンコク(タイ)のカオサンロード。
カトマンズ(ネパール)のタメル地区。
カルカッタ(インド)のサダルストリート。
デリー(インド)のパハールガンジ。

これらの街、というか通りは、外国人向けの安宿が密集した地帯であり、
通りを行き交う人種も多種多様。
なのだが、実際訪れてみると、驚くほどその姿形が似ている。
いや、その醸し出す空気が似ているというべきか。

そしてもうひとつ言えることは、
ここでは、バックパッカーこそが、彼らの生活を支える、
経済の屋台骨を担っている、ということだ。

安い安いといっても、それはあくまでも我々側の論理。
そこに住む人々にとっては、バックパッカーの落とす金額は、
現地人の平均よりは少なくとも高額で、
それ故に、外国人向けの商売人がこぞって押し寄せてくることになる。

実は、そのあたりの話を書いた(と思われる)論文を見つけたので、
それを読了してから今回のコラムを書こうと思っていたのだが、
どうにも英語ってやつが厄介で、残念ながら未読。

Backpacker Tourism and Third World Development
(バックパッカー旅行と第三世界の開発について)

この論文が読み終わって、また論点が整理できたら、
今回の話の続きでも書いてみようかと思う。

若干尻切れ感が否めないが、今日のところはこのあたりで。

2010/09/22 12:00 | アジア周遊, 雑記 | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.
No comments.