« | Home | »

2013/07/14

7月13日、ブータンで総選挙が投開票された。
この記事を書いているすぐ脇で、ブータン唯一のテレビ局である
BBS(Bhutan Broadcasting Service)が開票速報を流している。

既にこのコラムで書いた通り、
今回の選挙戦は、ブータンの下院に相当する国民議会(National Assembly)の
全47議席をめぐる争いであり、与党のDPTと野党のPDPによる一騎打ちである。
前回、2008年の選挙では、DPTが45議席を獲得して圧勝した。

先に結果(あくまでも速報ベース)からお伝えしてしまうと、
今回、PDPが32議席を獲得し、政権交代がなされることが確実になった。
前回から30議席を増やす大躍進で、全議席数の2/3以上を確保した。
正直に言って、仮にPDPが勝利するとしても接戦になるだろう、
と予測していたため、ここまでの勝利をおさめるとは驚きであった。

さて、この結果が示す意味と、そこからもたらされる未来予測については、
またの機会に譲ることにしたい。
今回は速報版ということで、選挙当日の投票所の様子、
そして、首都ティンプーの市内の様子を、それぞれ写真を通してお届けしよう。

—–

●投票所にて


誇らしげに投票カードを掲げる有権者たち。
2度目の選挙を迎えた彼らにとって、投票ができるというのは、
まだまだそれだけで心躍る出来事であるようだ。


投票カードをチェックする選挙管理委員会の職員。
投票所は、日本と同様に、学校の教室があてられていた。


投票する有権者。
手元が隠され、どの候補者(政党)に投票したのかは、
誰にもわからないようになっている。


投票所で男女わかれて列をなす有権者たち。
近年、ブータンでも洋服を着る若者が増えてきているが、
この日はみな、民族衣装を身に纏っている。

—–

●静かな首都ティンプー


普段は車通り、人通りも多い首都の目抜き通り。
多くの市民が、地元での投票のために首都を離れていること、
ほぼ全ての店が休日であることから、静かな週末を迎えている。


市内を巡回する警察官。
幸い、大きなトラブルがあったという話は聞こえてきていない。


警察官が手旗信号で交通整理をする交差点。
(ちなみに、ブータンには機械式の信号機は一台も無い)
心なしか、警察官も今日は暇そうにしている。


建設現場で働くインド人たち。
建設業に従事するのは、多くはブータン人ではなくインド人。
彼らは選挙権を持たず、投票日も変わらず仕事をしていた。


メモリアル・チョルテン(仏塔)でお祈りをする人々。
仏塔の周りを時計回りにまわって祈りを捧げる。
若者もお年寄りも、投票日であっても変わらずに。


ティンプー市内には、野犬(中には飼われている犬もいる)が多い。
人が少なくなった街のなかは、彼らの天下になっていた。


ティンプー中心部にある時計塔広場で遊ぶ子どもたち。
選挙権を持たない彼らにとっては、いつもの休日と変わらない。

—–

最後に、個人的な雑感を少しだけ。
やや蛇足になることをあらかじめお詫びしたい。

投票所で、投票を終えた有権者へインタビューを行っていた際に、
「この国を良い方へ導いてくれるのであれば、どちらでもいい」
という声が何名かから聞かれた。

PDPのここまでの躍進をもたらしたものは何だったのか、
5月31日の予備選後の6週間で、何が心変わりをさせたのか、
これからじっくりと分析をしてみなければわからない。

ただ、そこには、「一度、任せてみてもいいのではないか」
という、やや消極的な選択も、あるいは含まれていたかもしれない。

そういう意味では、自民党から民主党へ鞍替えした日本人と、
どこか近しいものを感じずにはいられない。
願わくば、結果まで日本と同じにならぬように…

2013/07/14 12:00 | ブータン | 1 Comment

Trackback URL
Comment & Trackback

[…] « 86.速報:ブータン総選挙投票日ドキュメンタリー | Home 2013/07/22 87.ブータンの「ネット選挙」(5) mixi check Tweet […]

Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">