« | Home | »

2011/11/18

去る10月13日、ブータンは華やかな話題に包まれた。
日本でも多くの報道があった、若き国王の結婚式。

その国王が、今週、新婚の王妃を伴って訪日している。
先日来、メディアでも報道されているので、ご存知の方も多いだろう。

残念ながら天皇陛下がご病気のため、皇太子殿下が名代を務めるとのことだが、
ブータン国王 (31) に対して、皇太子 (51) という年齢のねじれがなんとも言えず…

という下世話な話はさておき。

17日も、慶応大学での名誉博士号授与、国会演説、講道館で柔道見学、
と、ちょっと忙し過ぎて心配になるくらい、実に精力的に動き回られた両陛下。

特に、正午過ぎから行われた国会演説の中の一節からは、
国王の偽りの無い日本への親愛の情が伺えた。

「不幸から立ち上がる国は日本」…ブータン国王 │ YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111117-OYT1T01055.htm

【動画】「震災復興すると確信」ブータン国王が国会演説 │ ANN news CH

明日は、被災地である福島を訪問されるとのこと。
実際の現場を目の当たりにした国王は、どんな言葉を紡ぐのだろうか。

………………………………………………………………………

そういえば、先日、こんな記事が出ていたのを思い出した。

「幸せ」教育強化のブータン ネット、ケータイに危機感 │ MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111019/asi11101920440004-n1.htm

「幸せの国」
「桃源郷」

ともてはやされて、早幾年。
いまだに、ブータンと言えば「GNH(=Gross National Happiness)」という、
一極報道には少々辟易もするが、それだけブータンという国が日本人にとって、
非常に縁遠い国であったということ。

ブータン研究に携わっている自分自身にとっても、
ブータンという国のことが、どのようなきっかけであれ、
こうして日本に良いカタチで知られることは、決して悪いことではないと思う。
(なにしろ、自分だって、まだ研究をはじめて2年足らずのペーペーなのだ)

ただ。
諸外国から、そんな眼差しを向けられている国を統治する、
というのは、尋常ではないプレッシャーがかかっていることは想像に難く無い。

そして、実際問題として、ブータンはいま、大きな岐路に立っている。

自分の研究が、そういった現状をつまびらかにする一助となるよう、
これから鋭意、修士論文の執筆に励みたい所存。
もう提出まで2ヶ月を切ったのにまだ励んでないのかよ、というお叱り歓迎。

………………………………………………………………………

なお、誠に僭越ながら、本日(17日)開催された、
国王、王妃の訪日歓迎レセプションパーティーの末席に名を連ねることができた。

中田英寿氏や加藤登紀子さんなど、何らかのカタチでブータンに縁のある方々、
総勢400名強が列席した華やかな会では、冒頭、国王から、

「私は(参加されている)日本のみなさん一人一人をハグしたい気持ちだが、
それは難しいので、代わりに私の妻をハグします」

という、なんともハートウォーミングなサプライズ演出が飛び出した。
さらに、国王、王妃両陛下と全員が握手をする光栄にも浴することができた。

自分とさほど歳も違わない国王の、サービス精神に溢れた見事な国王っぷりに、
「こりゃあ、ブータンの人たちが国王が好きになるのも頷けるわ」
などと、すっかりブータンびいきに拍車がかかってしまったと同時に、
ますます、これは下手な論文を書くわけにはいかないと、
気を引き締め直すには、最高のイベントになったことは間違いない。

残念ながら、会場での写真撮影は御法度だったので、こんな写真でご勘弁を。

2011/11/18 12:00 | ブータン | 2 Comments

Trackback URL
Comment & Trackback

はじめまして。
在ブのものです。
心温まる歓迎レセプションですね。
ここブータンでも国王訪日の様子は毎日トップニュースです。

今日はダライ・ラマが被災地に来てた。それ報道したくなかったマスコミが後でそのことを追求されても言い逃れできるように、普段焦点を当てないブータン国王にスポットを当てた。なぜダライ・ラマを報道しない→チベット仏教を信仰するブータン国王のほうが位が上だ、とさ。

Posted at 2011.11.18 1:37 AM by 名無しさん
Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">