« | Home | »

2011/11/05

前回記事
http://www.junkstage.com/fujiwara/?p=270

………………………………………………………………………

12時。
10kmチェックポイントに到達する。

これ以降は、完全に居住が禁止されている地区になる。
厳密には30km圏内も禁止だが、そこには、暗黙の了解が横たわっている。

やがて、バスの前方に、原子力発電所の建物群が姿を見せる。
その一角には、爆発した4号炉が鎮座している。

まだバスの中にいるにも関わらず、
あちこちで、けたたましくガイガーカウンターが鳴り響く。

怖さは無い。

どんなに眼を凝らしても、燃えさかる火柱も無い。
どんなに肌を晒しても、斬りつけるような痛みも無い。

頭ではわかる。
これは危険を知らせる音だ。

ただ、上手く脳の回路が繋がらない。
「ピーピー」という単調な機械音だけが発する危険の兆候を、
どうしても、『生命の危機』に変換できない。

一度唸りをあげはじめたガイガーカウンターは、
まるで壊れたおもちゃのように、いつまでもいつまでも鳴り止まない。
むしろ、小煩いその音に、恐怖ではなく、不快感すら覚えてしまう。

そして、怖いと思えないことが、堪らなく怖くなる。

………………………………………………………………………

「おい、ジャパニーズ。胸のトコになんかついてるぜ?」

バスを降りて辺りを少し歩いていると、ツアー客の男が歩み寄ってきた。

ふと見ると、いったいどこでどう出現したのか、
一匹のカマキリがしがみついている。

手で振り払おうとして、一瞬、躊躇する。
こいつも、やはり、直接手で触れない方がいいのだろうか。

咄嗟に、上着を脱いで、振り落とす。

地面に落ちたヤツを、じっくりと観察してみる。
特段、変わりない、普通のカマキリだ。

辺りを見渡すと、それはそれは静かな川辺だ。
時折、鳥のさえずりが聞こえる。

その静寂の中を、割と頻繁に、人や車が行き交う音が響く。
彼らは誰一人、防護服など着用していない。

ガイガーカウンターの鳴動と、目の前の光景とが、
なかなかリンクしてくれない。

目に見えない敵と、25年間、闘い続けるということの意味。
その歳月は、恐怖を、日常へと変えた、というのだろうか。

………………………………………………………………………

「フクシマケースは、いまどうなっているの?」

また違うツアー客の女性から、唐突に声をかけられる。
4号炉を覆う、通称『石棺』に近付いたときのことだ。

事故から半年という突貫工事で完成した、この建造物は、
25年の時を経て、その耐用年数を迎えつつあり、
さらにそれを覆う『鉄棺』の準備が、急ピッチで進んでいた。

既に、事故から半年が過ぎた福島第一原子力発電所においては、
未だ、原子炉の安定制御のための努力が続けられており、
それを乱暴に覆い隠してしまおう、という措置は取られていない。

という書き方は、少し肩入れし過ぎだろうか。
チェルノブイリケースに比べれば、あまりに楽観的な対応、とも言える。

もちろん、『レベル7』という段階が同じというだけで、
それ以外の、ありとあらゆる状況が、チェルノブイリと福島では異なる。

政治、経済、科学技術、社会インフラ、事故の原因、etc…

「じゃあ、同じなのはなんだろう…?」

そんなことを自問してみる。

………………………………………………………………………

「これから昼食を摂りましょう」

ガイドのその言葉に、ふと我に返る。
と同時に、「どこで?」という疑問が湧く。
当然、ゾーン内の屋外では、モノを食べるのは御法度だ。

そんな疑念をよそに、バスは、発電所地区から目と鼻の先にある、
2階建ての建物の前で止まる。

まさかとは思ったが、どうやらこれが、ゾーン内の食堂らしい。
入口に線量計があり、全員、異常が無いか調べられる。

中は、さながら給食センターのよう。
食料品は、厳重に線量がチェックされており、内部被曝の心配は無い、
とガイドは言うが、盲信するわけにもいかず、
かといって、食べない、という選択肢も正直無い。

これを食べない、という判断をするくらいなら、
たぶん自分は、わざわざここまで来てはいない。
ガイドを、というより、自分を信じて、一口、食べる。
もちろん、味では全く判断できない。
それでも、確かめるように、一口一口、丁寧に口に運ぶ。

他のツアー客も皆、当たり前のようにむしゃむしゃ食べる。
ここまで来ておいて、ガタガタ言うヤツは一人もいない。

食後。
ガイドが、「パン屑を持ってプリピャチ川へ行きましょう」
と声をかけてきた。

何のことだかわからずに、言われるままに後をついて行く。

川にかかる鉄橋の上から、まず、ガイドがお手本のように、
川面に向かってパン屑を放る。
あっという間に、デカい魚が大量に集まってきて、それを貪り食う。

「ここでは、誰も魚を捕らないので、増え放題なんです」

中には、体長1m50cmはあろうかという、大ナマズの姿も見える。
話によると、その倍はあろうかという巨大なヤツも居るという。

遺伝子レベルでの突然変異の結果なのか、
あるいは、ヒトという外敵が不在であることの影響なのか、
その真偽のほどは定かではない。

(続く)

2011/11/05 12:00 | 雑記 | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
No comments.
Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">