« | Home | »

2011/11/21

先日は地元の中学生が花市場に職業体験に来ていました

鉢苗の競り日でしたので
実際にセリが行われているところに
混ざって座っている彼女たちは
いったいどんな思いだったのか

ちょっと無表情すぎてわからなかったのですが(笑
きっと驚きがいっぱい、興奮するような
体験になったと思います。。。きっと

だって、私が初めてセリに参加した日は
本当に興奮しましたから

・・・・・・・・・・・・・

競りはどのような形で行われるか想像がつきますか?

私は競りに参加するまでこう思っていました

カーネーションの鉢が出てきたら
競り人『はい、100円から~』

花屋A『150円!』
花屋B『180円!』
花屋C『250円!』
花屋D『500円!』

周りの人 『おお~』

競り人『他にはいませんか?
    じゃあ花屋Dにハンマープライス!』

あれ、テレビの見すぎ?(笑
でも本当にそんな感じで想像しておりました

・・・・・・・・・・・・

実際に、鹿児島で行われているお花の競りは
『下げ競り』という方法です
そして私たちが参加している市場は機械で競り落とします

ある商品が出てきます
たとえば5ケース同じものがあるとします

競り人が1000円を付けます
1000円で買う人がいません

950円に下げます
2人が買うボタンを押します

900円に下げます
3人が買うボタンを押します

これで5ケースが完売です
早いもの順になるわけです

900円で押してもボタンを押すのが遅ければ
買えません

しかも6レーンも競り台があり
同時に6品のお花が6人の競り人によって競りにかけられます

最初はどこを見ればいいのやら
きょろきょろしているだけでした
安くなるのを待ちすぎて
結局ボタンを押したときには完売
買いそびれちゃった~

その繰り返しでした

今でこそ、そんな競りも楽しめるようになってきました

いや、楽しいです
本当に楽しいです

だから競りに関して
コラムに書きたいことは山ほどありますが
また次の機会に

今回はお花の競りって
こうなるんだな~っていうのを
ご紹介してみました

2011/11/21 10:27 | 花屋の裏側 | 1 Comment

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.

[…] 前回の記事はこちらです […]