« | Home | »

2011/09/05

こんにちは 鹿児島の花屋 上村恵理です

前回の自己紹介文がJunkStageさんに掲載されたのを見て

セレブの集うパーティに招かれたはいいけど
たった一人だけ 普段着姿の一般庶民のようで
てへへへ と笑っているしかない私

そんな心持ち

そんな感じも楽しみながら
書いていきたいと思いますので
お付き合いいただけたら嬉しいです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1回目のコラムにふさわしいテーマのお花は
やっぱり『バラ』ではないかしら

いろいろなお花やできごとを頭の中で廻らせてたけど
今日、仕入れたばかりのバラのトゲを取りながら
やっぱり『バラ』だ!と思いたどり着いたのです

バラほど種類が多く豊富で
愛好家も多いお花はあまりないのではないでしょうか?

そのバラの種類の多さには助けられ 時に悩まされるけど
何よりも悩まされるのは『トゲ』

これまで幾度となくトゲにはやられましたが
刺された日は とてもとてもブルーになります
何年たっても慣れません

大きなトゲは えい!っと抜いちゃえますが
小さなトゲはなかなかとれず

『もういいや、気にするな』と思っても
なにせ指先に刺さっているものだから
1日中気になって気になって仕方がない

反対の手の指でつまんだり
5円玉の穴の部分を当てて
コサージピン(花屋にはある)でほじくったり

最悪なのは毛抜きでトゲをつかむも
途中で切れてしまってつかめなくなるパターン

何度やっても取れない場合は・・・あきらめます

だからお花屋さんの体には
バラのトゲがいくつか埋め込まれているはずです

“お花屋さんの体の0.001%はバラでできているのです”

そう考えるとちょっとステキかもしれない♪♪

以前お客さんに
『お花屋さんにバラのトゲをザーって
 “素手”で取る人がいるんでしょ?』
って言われました

どこに??どこにいるの?そんな人???

いまだに信じられない私です

ちなみにバラのトゲ取りは
一つずつハサミかナイフで取ってあげます
手でポキンっと折れるトゲもあります

トゲ取り(正式名称?)という便利なものもありますが
茎を傷めるのでお勧めしません
(でも時間がない上に あまりにしつこいトゲの場合は
 使っちゃいますけどね、ごめんなさい)

ほとんどトゲのないおりこうちゃんなバラもありますし
小さな 本当に小さなバラなのに
『とげとげ とげとげ どこにも触らせないぞ~』
オーラを出している子悪魔バラもおります

お客さんが怪我をしないように そして
もちろん私たち花屋も これ以上刺されないように
これからもトゲを取り続けます

そういえば、『茨の道(いばらのみち)』などの
“いばら”から“バラ”と言われるようになったというのは有名ですが
なるほど、トゲがささってもささっても進む花屋の道は
まさに色とりどりな“茨の道”でしょうねえ

・・・・・・・・・・・・・・・・

なんだか今回は初回なのにバラの悪口になっちゃいましたが(^^;

こんな思いをしながらお花屋さんはバラを扱っているんだな~
と思いながらお花屋さんをのぞいてみてもらえたら嬉しいですね

2011/09/05 06:41 | 花屋的勝手気ままな考察 | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.
No comments.