« | Home

2018/09/16

歴史オンチが歴史を語り過ぎても

間違いがあってはいけないのでこの辺で食。

 

 

前菜にフムスは2種類以上、サラダも2種類以上。

一般的なひよこ豆のフムスを食べてビックリ。

今まで自分が作っていたフムスは完全に間違っていた!

と思うくらい滑らかでクリーミー。

必ず出てきた茄子のフムスも、魚系のフムスも、

どれも滑らかで美味しいです。

サラダは代表的なパセリ、ミントとトマトを細かく刻んだタブレ。

そしてもう一つの絶対出て来るファトゥーシュ。

パリッと揚げた薄いレバノンのパンと野草がいっぱいで

甘酸っぱく味付けされているサラダは私の大のお気に入りです。

その他にも、ひき肉と米をぶどうの葉っぱで巻いたものなど、

本当にたくさん。

 

 

続いて温かい前菜。

チーズを巻いて春巻きのように揚げたもの、揚げ餃子のようなの、

この日は魚のメニューだったので小魚のフライ。

 

 

ひき肉のコロッケ。

 

 

ジャガイモのフライも必ず、そして魚を丸ごと揚げたのが

この日のメインでした。

肉の日は、

肉と米を煮込んだものにグレービーソースのようなのをかけて食べたり、

平べったいレバノンパンにグリルしたスパイシーな肉を包んであったり。

とにかく食べる、食べる、タベルーーーーーー

もうはちきれそう、、、とメインが終われば、

隣のテーブルにフルーツとデザートが用意され、

さらに食べます。

レストラン行くなら一日一食で十分まかなえます。

レバノンで食べた印象は、

全体的にレモン&ハーブを多く使い酸味が強いのとフレッシュ野菜が多い、

あと、カリカリクリスピー感がお好きなんだと思いました。

うちの子供たちが喜んでオーダーしていたのが

 

 

こちらのミントレモネード。

生のミントを氷と一緒にミキサーで回しレモネードで割ったもの。

爽やかで美味しい〜

 

さてやはりこの辺でちょっと歴史に戻りましょう。

先日は北東のシリア国境近くまで行きましたが、

今度は海岸沿いを南へ下がります。

 

 

海が綺麗。

国境に近づくとパレスチナ人住居地が。

もう一角が囲われた、独立した町のようになっていました。

あの山の向こうはイスラエルです。

一方的にイスラエルひどい、、、なんて思っていましたが、

ガイドと話をしていると、

「昔俺は子供を連れて空港なんか行けなかったよ。

パレスチナ勢力が強かった時は、クリスチャンだと迫害されたし、

子供の誘拐まであったからね。」

と、近代史も色々あるようです。

さあ古代に戻ります。

ティルス(Tyre) まで一気に下がるとまたいっぱいあります。

 

エシュマンの寺院、フェニキア人のヒーリングの神様が祀られたところ。

蛇の彫り物があり、今でも薬屋が蛇を使うのはここから。

毒が薬になるの原点です。

 

ティルス(スール)は紀元前約2500年前ほどに栄えたフェニキア人の都市。

紀元前1000年には首都となった地。

フェニキア人のネクロポリスがあるのですが、

その後に来たローマ人などのモザイクもたくさん。

 

 

「もう何千年前とか何百年前とか、頭が混乱する」

と漏らすとすかさず

「この門をくぐると300年の差があるよー、ついて来て!」

とガイドのエリオスさん。

 

 

2万人を収容できる競技場。

ここで青と緑のチームに分かれ、小さな馬車でのレースが行われていました。

各色のボールを10個持ち、一周ごとに真ん中の井戸ほどの穴に入れ、

入らなかったらカウントされないと、

2万人が賭け事をして楽しんだそうです。

 

 

海沿いへ行くとまた神殿。

神殿の床の上に古代ローマのモザイクがあり、

また違う勢力によりモザイクの上に大理石が敷かれ。

2018年、私がその上を堂々と歩く。

 

 

周りに水の道があるので浴場があったのでしょうが、

この大きなスペースはプールのようにも見えますが、

何なのかまだわかっていないそうです。

 

少し北へ上がりシドン(サイダ)へ。

 

 

十字軍の海の要塞。

フェニキア、バビロニア、ビザンツ、古代エジプト、カルタゴ、アッシリア、古代ローマ、アレクサンドロス大王、、、、、、

などを経ると

「え?十字軍?最近よね??」

と勘違いしてしまいます。

歴史の勉強をもっとすればよかった。。。

さて、このシドン(サイダ)。

ここも古代からの都市なんですが、今でも活気のある都市です。

 

 

町の入り口は建具屋さん、

 

 

地震対策で建物同士を全て繋げて、迷路に迷い込んだ感じ。

 

 

スパイス、ナッツ、オリーブ、ぶどうの葉の漬物、石鹸など。

この後石鹸ミュージーアムも行ったのですが、

シリア同様、この辺も石鹸を作っていたそうです。

 

 

パン屋さん。

 

神戸の元町は一本ですが、

ここはそれが迷路状。ガイドと一緒に行ってください。

そして

「ラッキーだよ!一般公開してないのに開いてる!」

と入らせて頂いたのが聖ニコラス教会。

向かいに小部屋があり正面に絵が。

 

 

「サン・ピエトロだよ。今から西へ行くと決めたのがここ!!!」

と言われ、ピンとこなかったのですが、

え?

サン・ピエトロ?ヴァチカン???

歴史を歩いてるとジワジワ感じます。

 

 

迷路の中にこんなに綺麗に再建出来るものか!と思うくらい、

地元の富豪が立て直したソープミュージーアム。

そして別の富豪の別宅も見せて頂きましたが、

外からは全くわからない世界でした。

 

この他にも、北の海沿いの最古の都市ビブロス。

 

 

アルファベットの元になったフェニキア文字の発祥地、

バイブルの語源となった地。

「最古の都市っておかしくない?ここ??」

と質問したメキシコ人に対してガイドの返事は、

「現在にも形として残っている、そして現在まで都市として栄えた最古です。

歴史はまだまだ未知の世界」

との答えでした。

 

また、ハリッサの山の上から海岸までのケーブルカー&リフトは

高所恐怖症の人は先に申し出てくださいと言われたくらいのスリルで

景色バッチリでした。

そしてまだまだ飛ばしてはいけないのが、

ジェイタ洞窟!

撮影禁止なので写真はないですが、

ジェイタ洞窟、レバノン、で検索してみてください。

素晴らしいです。

と7日間の旅、書ききれない興奮が冷めやまず、

最後のレバノン出発。

「車を2時に用意しておきました。」

とホテルから。

3時間以上前、空港からも近いし、早くない???

と思いながら着いた空港。

 

 

私が甘かった、おそるべしベイルート。

搭乗ギリギリ間に合ったくらい、きっちり3時間かかりました。

小さな子供を3人、4人連れた家族が多くいたのですが、

みんな優しいのです。

西欧社会で「お先にどうぞ」は通じないんだとイタリアに住み続け思っていたけど

ここはやはり東なのか、

子供を抱っこしながらでも「どうぞ、どうぞ」なんて言われます。

どれだけ並び続けても、子供が泣き叫んでも、

イライラしてどうしようもない人はいないんですね。

 

また長くなりましたが、

レバノンへ行かれるならベイルート発のツアーがたくさんあるので

ベイルートを拠点に動けます。

参考までに、

私たちがお世話になったガイド付きツアーは、Kuruban Travel

英語のほか、フランス語、ドイツ語でも詳しくガイドしてくれます。

そしてもう一つ最大にお世話になったのがフェニキアホテルベイルート

全てが最高としか言いようがありません。

ここの人たちを見ていると、自分の態度を見直さないと

と思わされるほどでした。

後もう一つ、遺跡地区を色々と回りましたが、

各地から出てきた埋蔵文化遺産のほとんどが、

ベイルートにある国際博物館に収めてあるので必ず行くことをお勧めします。

 

 

最古のアルファベットを掘った石棺もここにあります。

 

 

載せきれない写真がまだまだ山のようにあるのが残念、

そして行けなかったところがまだまだあるので、

是非また行きたいと思います。

もっと歴史の勉強をしてから。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018/09/16 08:59 | 家族, 海外 | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.
No comments.