« | Home | »

2017/01/17

飛行機から

 

あああ、、、

日本が近づく〜

と、誰も聞く事がない心の叫びの一枚。

みなさん、遅いご挨拶ですが

開けましておめでとうございます。

かあちゃんは年末年始を16年ぶりに日本で過ごしておりました。

 

実家へ帰ると必ず言われるのが、

「自分の荷物の整理してよ!」なんですが、

今回ビックリしました。

イタリアへ渡る時にかなり整理したはずが、

まだまだ山のように自分のものが。

それも、幼少の頃の思い出はすべて捨ててあり、

あったのは思春期以降のガラクタコレクションばかり。。。

親の恩恵の上で生きてきた自分より、

自分の足で生きたんだ!とでも言いたかったのでしょうか。

その結果がガラクタだらけで

我ながら吹き出してしましいました。

ちょうど自分が、

子供達の年齢の時の思い出がなく残念でしたが、

そのかわり、

 

もみじ

 

母と一緒に、

昔歩いた道々を歩き回り、

 

たい焼き

 

小腹が空いて買い食いをしたり、

 

鍋焼きうどん

 

馴染みのうどん屋でいつもの鍋焼きうどんを食べたり。

長年のブランクに、

最初はお互いギクシャクでしたが、

一緒にいる時間が増えると

閉ざしていた心が溶けるような。

帰国一週間後が私の誕生日でしたが、

 

寿司

 

我が家恒例の家でのお寿司で祝ってもらい、

 

あんもち

 

正月用のあんもちを買い出しに行ったり。

母にとっては毎年の同じ事でしょうが、

母と一緒に歩き回る私は、

母としての母をじっくり観察タイム。

 

初日の出

 

子供のとき、初日の出観に行ってたよね、

一緒に行こうか!

と山へ登り。

子供の時は、

「早朝からしんどいよ〜」

と思っていたけど、

改めて「素晴らしい事だ」なんて思ったり。

 

初詣

 

元旦の朝から、

いつもの近所の神社へ初詣へ出かけ、

 

おみくじ

 

孫達のこんな姿をどう見てたんでしょうかね?

 

長い長い反抗期に終止符を打つかのように、

母と一緒に、

母に喜んでもらいたい、

と思って帰った私ですが、

一緒に居て気がついた事は、

外れかけたマフラーを巻きなおされたり、

歩く後ろからコートの裾をなおされたり、

バスの下車時に「小銭がない!」と焦る私に

ちゃんと用意してくれてあったり、

何かと世話を焼かれ、

それをそのままされてしまう私。

末っ子はいつまで経っても末っ子で、

かあちゃんはいくつになってもかあちゃん、

変わらないんですね。

今回は日本も冬休み中。

姉達家族も合流して、

全員が顔を合わせるのこれが初めて。

嬉しい楽しい幕開けとなった2017年、

同時に、

もっと帰るべきだな、と反省。

知らない国への旅行もいいけど、

やっぱり、

里帰りって最高!!

 

 

 

 

 

 

2017/01/17 05:35 | 家族 | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.
No comments.