« | Home | »

2016/06/13

羊の毛刈り

 

モンタルチーノで羊飼いをしている友人から、

「羊の毛刈りでフェスタをするから朝からおいで!」

と誘われ行ってきました。

一匹がこちらを向くと、

 

羊の毛刈り

 

ダダダーーっと後を追ってみんなが移動するのですが、、、

毛刈りの機械の音や、普段いない助っ人の男達の声に

羊達はとても敏感になり、ちょっとの事で方向を変えてまた戻ってしまったり。

 

モンタルチーノ 羊

 

そうなると、無理にでも一匹を連れて来て、

後に続かせます。

なんだか毛刈りもそうですが、

 

羊の毛刈り

 

こんな連れて行き方を見ると、

「かわいそうだね」とポツリとつぶやくチビちゃん、

私も胸が詰まると言うか、圧倒される思いがありました。

「朝ご飯を用意したからこっちにおいでーー」

と呼ばれ、

 

モンタルチーノのチーズ

 

女性達がテキパキと、

自家製のチーズ各種、ハム各種、パーネカラサウと呼ばれる、

サルデニアのスナックのようなパン、自家製のワインに

山積みにされたビールをポンポンと抜いて行く。

ビールとパン以外は全部こちらで作られた、

全く贅沢な朝ご飯なんですが、

先ほどの胸に詰まった気持ちがどうも取り払われず暫く、、、

 

羊の毛刈りはトスカーナの羊飼いはやらないそうで、

これはサルデニアの伝統だそうです。

ここは、この地域で初めてサルデニアの方式でチーズを作り始めた家族です。

助っ人に来ている人達も、オリジナルがサルデニアの方達です。

毛刈りは1年に1回、みんなが順番に回って、

力を合わせて一気に行うのだそうです。

サルデニアの人達は、家族や友人の繋がりをとても大切にします。

一度信用した人は絶対に裏切らない、

なんて話をしながら、

 

モンタルチーノのチーズ

 

みんないい顔して本当に楽しそう。

 

私たち、日本人家族なんですが、

色んな縁がありここの家族に可愛がられ、

それを見た周りの人達は、初対面でも両手を広げて迎えてくれるのですね。

食事を終えると、

 

羊の毛刈り

 

バタバタと立ち上がり、またすぐに仕事に戻ります。

ジーーッと働く姿を見ていると、

 

羊の毛刈り

 

いつの間にかチビちゃん、

「触りにおいで、近くにおいで」

と手を引かれて行ってます。

 

羊の毛刈り

 

最初はただただ「荒っぽいな」と思っていたかあちゃんですが、

生き物相手です。

生半可に優しさを出しては、返って痛めつける事になるのかも、

と思い始めたのは、

羊を連れ出す、手足を縛る、刈る、

刈られた羊をすぐに紐解いて次の部屋へ送る、毛を始末する、

素晴らしい連携した仕事ぶりに、

やはり羊を知り尽くした人達の伝統なんだと

最後には感動を覚えました。

かなりの力仕事です、男の仕事です。

だれも怒ったり嫌がったり、羊を痛めつけたりはしません。

荒々しさの中にも愛情たっぷりです。

 

羊の毛刈り

 

仕事が一段落で、じゃん拳に似たゲームで盛り上がる間に、

 

モンタルチーノのチーズ

 

私はチーズ製造の見学。

こちらのチーズは表面の皮まで食べれます。

ロウなどつけず、熟成中に何度も何度も洗うので、

表面までチーズです。

地元チーズと歌って、輸入ミルクを使う所も沢山ありますが、

羊の飼料栽培からここで行う、

正真正銘の産物ですよ。

前はブオンコンヴェントの街中にお店があったのですが、

やっぱりここがいいと、

もうすぐ直接販売の施設がオープンします。

オープニングにはとうちゃんがお料理を用意しますよ。

感謝です。

 

モンタルチーノのヨーグルト

 

完全ビオのチーズはもちろん、

このトロリと口に広がる、

濃ゆ〜〜いヨーグルトを味わいに行く価値、絶対ありです。

フィオール ディ モンタルチーノ

 

 

 

 

 

 

 

 

2016/06/13 01:53 | トスカーナ, モンタルチーノ | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.
No comments.