« | Home | »

2015/07/23

モンタルチーノ

 

先週は、

スイスから友達家族が来ていたので、

泊まっているアグリツーリズモ、モンテカプリッリのプールへ毎日お邪魔しに。

ここ、ジャンプ台もあって深さも十分、

頭からでも回転でも、

飛びまくって大人も子供も大はしゃぎ出来ますよ〜。

 

土曜日には

 

温泉

 

夜7時を過ぎてから、冷たい温泉へ。

 

温泉

 

崖を見ると、登らざるを得ないんでしょうか?????

 

温泉

 

は〜、やっと降りて来た。。。

違う意味でヒヤリとしましたが、

何かと水を求めないと過ごしていられないくらい、

連日38度の南トスカーナです。

 

さて今週、

月曜日の朝、まだ暑い。

と言うか、朝なのにもう暑い。

だけど車の調子が悪いので、どうしても車屋さんへ行かないと、、、

と家を出た途端、私の携帯へメッセージが。

「今週また違うグループでサマーキャンプをするけど、

子供達、手伝いに来たくないかな?」

と馬の先生から。

読み上げた瞬間、家へ着替えに戻る子供達。

馬の事なら馬小屋の掃除でもなんでもやりたいのです。

 

馬

 

実は7月の頭に、

1週間のサマーキャンプにもう参加していたし、

今週は予約も支払いもしていない、

一応確認の電話を、、、

「今週は人が少ないし、手が足りないの。

馬を出して来たり、洗ったり、

他の子のレッスンにつき合うと馬にも乗れるし、どお?」

と。

いや〜、めちゃくちゃ嬉しいお誘いです。

簡単に言えば、労働した分お金ではなく、

乗馬で払ってくれるという素敵なオファー。

子供達も大喜び!

 

馬

 

クタクタになって帰ってきた月曜日の夜、長女は、

「今日から私はアルドールって馬を、

これからずーーっと観るようにって先生が言ってた。」

と。。。

 

実は長女、

7月頭のサマーキャンプ中に、

乗っていた馬が暴走し始めて、

コントロールしきれず派手に落馬、

そしてなんと、馬に踏まれたのでした。

少しずれていたら、大変な事になっていたのですが、

かあちゃんには突っ張って、

「大丈夫!痛くない!怖くない!!」

と言っていたのです。

後で先生から

「今ひとつ信頼関係が築けていなかったと言うか、

意思をハッキリと伝えきれなかったと言うか、、、

迷いがあると馬はどうして良いのか、わからないからね。」

と言われました。

なるほど、

 

今までは、10頭ほどの馬のお世話を、

先生の指示に従ってやっていたのですが、

これからは、

今まで通り+1頭につきっきりになり、

責任持って馬とのコミュニケーションを深めていく、、、

現在10歳半の少々反抗期。

反抗するくらい意思がハッキリしてきたと言う事でしょうか。

親からではなく他人から、

揺れ動き始めた思春期心を刺激してくれるのは

かあちゃんとして、

とても有り難いです。

 

馬

 

ちなみにこちらは低学年用のポニー。

 

「ポニーってね、

知らない人が乗っても全然動かないんだよ!

だから私がいなくちゃいけないの。」

 

と、動かない馬に

迷いなく「喝」を入れる次女。

先生が見ていないか、

ヒヤヒヤするかあちゃんです。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015/07/23 06:22 | アグリツーリズモ, ブオンコンヴェント | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.
No comments.