« | Home | »

2015/05/07

アグリツーリズモアンドレイーニ

 

こちらかあちゃんの、

化石やエトルリア人の墓探しに一緒に行く友達、モニカさん。

 

「料理を担当していたお母さんの調子が良くないから、

手伝いに来てー!」

と言われ、ちょくちょく行っている

アグリツーリズモ アンドレイーニ

サイトは英語かイタリア語なので読みにくいかも知れませんが、

ここ、野菜、肉、オイル、ワイン、ハチミツ、、、

すべて自家製なんです。

でもそのはずが、

「あれ?スーパーで買い物したの?」

と尋ねると、

「割高になるけど、足りないときはここのスーパーで買うの。

卸している人が地元の人で、どう育てたか知ってるし」

との答え。

さすが!

 

CIMG6326(変換後)

 

とうちゃん、早速キッチンへ。

時間がかかる、スペッツァティーノ(肉の煮込み)と

ラグーソース、そして豆を炊くのから取りかかり。

 

CIMG6336(変換後)

 

私は外へ。

まだ朝が早いので霧が晴れませんが、

緑は十分生き生きしています。

 

CIMG6345(変換後)

 

キッチンへ戻ると、

こんがりトーストされたアーモンドのいい香り!

さて、何に使うのでしょうか?

 

「リボリータの野菜が足りないよー」

と、とうちゃんから。

 

CIMG6350(変換後)

 

小さなナイフを持って外へ。

こちらはアグリツーリズモ用に栽培したフダンソウですが、

周りには、いくらでも生えている有り難い草なんですね。

 

CIMG6353(変換後)

 

はい、タップリ入りました。

このリボリータ、トスカーナの伝統(農民)料理なのですが、

白インゲンと野菜をこうやって煮込んでおいて、

食べる時には、カリカリのパンを敷いた上に、

もう一度ボッリータ(沸騰)させてから、

熱々を頂きます。

その時点ではもうドロドロとなっているのですが、

旨味がギュッと出て美味しいんですよ。

 

「ちょっと豆の様子を見に行こうよ」

とまた外へ。

 

CIMG6358(変換後)

 

これはエンドウ豆。

まだもう一息かな〜?

で、その奥に。

 

CIMG6359(変換後)

 

「わあーーー、ちょうどいい!美味しい!!最高だね!」

と、

かあちゃん今となっては、

カフェでお茶しながらではなく、

畑でもぎり食べしながらしばしの女子会です。

 

CIMG6362(変換後)

 

戻ると肉が良い感じになっていました。

ここからみじん切りの野菜と

自家製のトマトソースと赤ワインが入り、また煮込みます。

 

CIMG6368(変換後)

 

オーブンから出て来たのはなんでしょう?

 

CIMG6369(変換後)

 

こうなればわかりますか?

これもトスカーナの伝統お菓子、

カントゥッチです。

最初のアーモンドが出て来ましたね。

ここからまた乾燥させてザクザクの食感にして、

ヴィンサントという甘い食後ワインに浸して頂きます。

 

これだけ丁寧に一から育てられ、

守り継がれた伝統料理は、

「美味しい」以上の「満足感」が得られますね。

 

車があれば、ここからシエナ、モンタルチーノやオルチャ渓谷見物、

川湯温泉やサンガルガーノ修道院、ヤギチーズの見学などが楽しめます。

まるでエトルリアの時代のような、

現実から離れたバカンスはいかがですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

2015/05/07 07:23 | アグリツーリズモ | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.
No comments.