« | Home | »

2014/11/06

 

CIMG4134(変換後)

 

こちら、オイルになる直前のオリーブ。

綺麗な色〜、、、なんですが、

よーーーく見ると、

虫が入った跡が沢山!!

 

今年は雨の量が多過ぎて、秋になるまでずーっと気温も上がらず、

全体的に湿度が残ったままでした。

農作物には多大な影響があり、

この湿度によって、

オリーブに集るコバエがいて、それが大漁発生。

なんてことでしょう。。。

作物に虫が入り込むと、作物が自ら、

味を悪くして、実を落としてしまいます。

味や量をキープする為には、農薬を使わないといけないと言う農家も沢山ですが、

それを自分が食べるかと思うと頂けないですね。

どこの農家(自然派)からも、

「今年はオイルがないよ」との声。

そこでかあちゃん、

村はずれの搾油場へ、去年のオイルを分けてもらおうと行きました。

すると搾油場のアレッサンドロさん、

「搾油代金と交換に引き取った、自家用のオイルがあるけど、それにする?

安全だし、品質も保証するよ。ただ、量は限られてるけどね。」

と。

「1年耐えるならそれにする!」

と返事をしました。

 

1年耐える???

 

と思われたかもしれませんが、

オリーブオイルは、実を絞って出るジュースのようなものなんですね。

当然、実の品質が悪ければ、

痛みも早く美味しくもありません。

普通に元気な実からのオリーブオイルの賞味期限は2年。

絞った瞬間から酸化が始まり、

2年経つ頃には商品価値はなくなると言う事です。

今年は1年持たないかも、、、と言われる中でも、

木に残った数少ないオリーブから採ったオイルを分けてもらえるのは

とってもラッキーなのです。

ついでなので、

搾油場の見学も。

 

CIMG4147(変換後)

 

刈り取られたオリーブは、

そのままこちらへフォークリフトでザザザッと入れられます。

そこから奥の階段が着いたベルトコンベアで運ばれます。

 

CIMG4159(変換後)

 

次の部屋へ進むと、

まず葉っぱを吸い上げ、実はジャブジャブと洗浄。

綺麗になった実は、

 

CIMG4154(変換後)

 

こちらでゴリゴリと潰されていきます。

 

CIMG4157(変換後)

 

潰されたオリーブから絞り出て来た液体は

左が油、右が水分に別れて出て来ます。

先ほど、ジュースのようなものと書きましたが、

実際はオイルがメインで、ジュースは特別廃棄処分となります。

 

CIMG4156(変換後)

 

そして完全に油分だけになり、出て来たオイル。

 

CIMG4160(変換後)

 

こちらが我が家のお裾分け分15リットル。

さて、お味は??

 

CIMG4169(変換後)

 

湿度のせいで、今年は絞り立てでもピリッとはしません。

ですが、絞り立ては必ず

飲みたくなるほどサラッとフレッシュです。

オイルと言うより本当にジュースですね。

 

湿度が多いとずっと書きましたが、

肝心のキノコの季節には雨がピッタリと止んでしまって、

10月頭には少し採れたキノコも、

それから何度となく森に入れどキノコは見つからず。。。。

「しょうがないから栗を拾う」

と言い出した子供達。

それが、、、

栗まで小さくて、虫に食われていて、、、、、、、

採れたのは少しのザクロとコケモモだけ。

自然相手は、なす術がありませんね。

 

そんなときに役立つのが!

 

CIMG4113(変換後)

 

前に採ったフィンフェルリに

 

CIMG3574(変換後)

 

唐辛子にツナやケイパーを詰めたもの、

などのオイル漬け。

味はその時のまま、フレッシュで美味しい!

 

今週になって雨がまたひどくなって来たのですが、

気温は下がらず。

雨の被害は恐ろしいですが、

上手く行けばこの後キノコが生えるか!?

もし生えなかったら、、、

なすびのソットサーレも開けてしまおう!!

 

 

 

 

 

2014/11/06 11:42 | 未分類 | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.
No comments.