« | Home | »

2014/10/20

 

CIMG4068(変換後)

 

ここ数日は、日中とても温かいのですが、

朝は一面の霧に包まれるブオンコンヴェント。

空き地に雪が積もったかのように白く見えるのは、

蜘蛛の巣に朝露が張りついたもの。

 

先週、

「古生物学者の友達と、化石を堀りに行く企画をするけど、行く?」

と友達から連絡があり、

2つ返事で参加してきました。

 

CIMG4062(変換後)

 

エトルリア人のお墓や建造物が沢山見つかる、

ムルロという小さな街を少し行った所。

 

CIMG4063(変換後)

 

車を置いて、各々背中に荷物を背負い3kmほど歩きます。

ここもまた霧でスッポリと覆われています。

 

CIMG4074(変換後)

 

霧を透かして届く太陽の光がものすごく幻想的。

「まるで月面着陸したみたいだね」

と、スケールの大きな気分に。

 

CIMG4078(変換後)

 

1時間ほど歩く間に、

霧がだんだん上昇して行く様子がまたなんとも言えません。

 

CIMG4080(変換後)

 

こちらにも蜘蛛の巣が沢山。

本当に芸術的。

子供達が

「白くなった所を指で触ると透明になるよ」と楽しんでいました。

 

CIMG4084(変換後)

 

やっと着いた!

場所を提供してくださった農場主の方、

3千万年前までは海底だったこの土地、

火山の噴火や地震によって、

アフリカ大陸からの押す力によって

海底が盛り上がり、シエナの土地が出来上がった、

という話から、

自身の化石コレクションを紹介してくれます。

 

CIMG4088(変換後)

 

ザ、化石。

アンモナイトの跡。

 

CIMG4087(変換後)

 

普通は熱によって溶けてしまうのですが、

これは型がきっちりと残った珍しい葉っぱの化石。

 

CIMG4086(変換後)

 

自身の土地で見つかった物ではないけれどと、

こちらも珍しい小魚の化石。

 

トンカチやスコップを手に持ち、

もうワクワク気分が押さえられない子供達。

 

CIMG4099(変換後)

 

さあ、いってらっしゃい!!

好きな所を掘って宝を見つけて来て!

 

CIMG4096(変換後)

 

30分もしないうちに、

両手一杯に化石を運んでくる子供達。

現代でもよくある貝なんですが、

化石の貝って大きいのはなぜ?と質問してみると、

「今のように、食べられることも少なかったから、

好きなだけ育つ事が出来たんだよ。

牡蠣なんてどこまでも大きくなれるから、

30センチ、50センチの化石だって見つかる」

と古生物学者の答え。

海の底も、その時代は伸び伸びと出来たんでしょうね。

 

CIMG4100(変換後)

 

地元の小学生が見つけた、

サメの歯の化石。

3千万年を過ごしたとは思えないほど綺麗です。

 

私もそろそろジッとはしていられない。

丘を越えたところには大きい物が沢山あるよ!

と子供達から情報を得ていざ、

 

CIMG4102(変換後)

 

あった!

でっかい!

 

CIMG4101(変換後)

 

こちらはサイズ的には普通ですが、

完璧な形のままの牡蠣!!

 

CIMG4105(変換後)

 

シエナ大学で教える古生物学者のイーヴァンさん。

一人一人、取って来た化石が何なのか、

どのように生息していたのかを丁寧に教えてくれました。

 

CIMG4106(変換後)

 

それぞれ持って来たお弁当でお昼を済ますと

子供達はまた丘を駆け下りて行きました。

その間、大人達は草の上にゴロリ。

 

CIMG4107(変換後)

 

シエナの街から、

ローマへ続くカッシア街道まで一望出来るほどの標高です。

海底だったとは信じられない高さです。

 

3時を過ぎると

「パンパン!!」と狩猟の音。

子供達は何処に!?

呼び戻さないと!!

と四方八方叫ぶと、

丘の一番下の薮から一人目がヒョコッと。

まるでシカの家族が恐る恐る顔を出すかのように

7人全員がヒョコヒョコと出て来ました。

 

「何してたの?」

と娘に聞くと

「薮の向こうの一番下に、

すっごい綺麗な川が流れてて、

粘土の塊があったりで、

みんなパンツになって遊んでたから、

呼ばれてもすぐに来れなかった」と。

 

トムソーヤばりの冒険は

いつだって学校の勉強より遥かに楽しいです。

 

CIMG4112(変換後)

 

家に帰ってシャワーを浴びたついでに

取って来た化石も綺麗に磨く、

こんな事はさっさと一生懸命やるんですね。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014/10/20 11:10 | 未分類 | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.
No comments.