Home > トスカーナ以外のイタリア

2017/05/17

 

昼間は夏を感じる南トスカーナ、

現在のオルチャ渓谷の景色です。

こんな The トスカーナな所に住んでいるかあちゃんですが、

家の下に住んでいるのはナポリのおばあちゃん。

毎朝、子供を学校へ送った後、

おばあちゃんの開けっ放しのドアから入って

無駄話を最低15分はしてから帰るのですが、

無駄話の間中、おばあちゃんは、

手洗い洗濯、食器洗い、お昼の用意、ベッドメイキング、

床拭き、アイロン、洗濯物干し、、、、

とは毎日で、

それプラス、

はしごに登って高いタンスの上やランプシェードを拭いたり、

洗濯機や冷蔵庫を前に出して裏を拭いたり、

外せる家具はトコトン外して、

カーテンや雨戸も外してから掃除、

なんてのもローテーションでやって、

細かいガラス細工の飾りなんかも毎日ピカピカ。

とにかくナポリの女性は働き者で綺麗です。

そんなある朝、

「よく聞く話でね、ついこの間も友達の家で洗って怒られたんだけど、

ナポリの人は絶対モカエキスプレスを洗わないって本当?

リータ、洗うよね?」

と尋ねてみました。

「洗う!絶対洗う!洗剤ですっごく綺麗に洗う!

カッフェはグラッソ(脂)だからドンドン残る」

との答え。

そして、

「私の夫もバールで働いた事もある人で、

洗っちゃダメなんて言ってたけどね、

洗わなかった事はないよ。

バールはずっと使い続けて、熱湯を通すけど、

家は違うからね」

と付け加え。

 

エスプレッソを淹れるモカエキスプレス、

こちらではモカやマッキネッタと呼びますが、

これにこだわりをもつイタリア人多々です。

 

「長年使い続けるうちにドンドン美味しくなる」

「モカは絶対洗わない、ナポリでモカを洗うと笑われる」

「おじいちゃんがなくなった時は、

生涯使ったモカを一緒にお墓に入れた」

 

なんて逸話も多々あるのですが、

これって、

 

『男が作った話でしょ!?』

 

ってかあちゃんは思います。

だって、これだけ綺麗にするナポリ女性、

家の中に汚れがあるものが一つでもあったら我慢ならないと思います。

旦那様がベッドまでカッフェを運んで起こしてくれるなんて

イタリア人も多いのですが、

洗うのは奥さんですしね。

と言う事で、

「ナポリの人はモカエキスプレスを洗わない!?」

の答えは、

「洗う」でした。

 

さて、そんなナポリのおばあちゃんのカッフェの淹れ方、

モカが歪むくらいまでコーヒーを詰めるんですよ。

ギューギューではないですよ、

ここポイント。

盛れるだけ盛ってから閉めるのです。

そして上の蓋は閉めません。

でも、途中からビシビシとコーヒーが飛び散るので

よくスプーンを乗せておくのですが、

 

 

コーヒーが吹き出る所に被せる蓋がちゃんと売っているのですね。

これもおばあちゃんが前に買ってくれました。

 

今ではだいたいの家庭にエスプレッソマシーンがありますが、

世代でしょうか、

「マシーンよりバールより、断然モカの方が美味しい」

とモカにこだわる人も沢山います。

そしておばあちゃんが淹れてくれるカッフェは、

砂糖がタップリ入ったドロリとしたもの。

香りが家の外にまで広がる、

ここでしか味わえないカッフェです。

こんなカッフェをベッドまで運ばれたら

目、覚めますね。

かあちゃんも、リータのカッフェに近づけるよう

日々手首が痛くなるまでモカ閉め修行が続きます。

 

 

 

 

 

2016/11/15

毎年この時期に

国際馬見本市がヴェローナで行われます。

ヴェローナ、ここから遠いです。

「朝5時20分にバスがでるから、5時10分には家を出ようね」

と子供達に言い聞かせていたかあちゃん、

目覚ましを無意識に消していて5時5分に飛び起き!!

大慌ての出発です。

なのでバスから降りてもボーーーッとしていた所、

 

ヴェローナ国際馬見本市

 

あっちからもこっちから蹄の音。

普通の公道ですが、

 

ヴェローナ国際馬見本市

 

いきなり馬車の行列に出くわし、

なんだか不思議な目の覚め方です。

まあ、とりあえず会場へ入りましょう。

 

ポニーゲーム

 

ポニーゲームです。

ポニーなので大きさが解り難いですが、

騎乗しているのは子供達。

大人顔負けに障害を越えたり思いっきり走らせたり。

うちの子供達はここだけで十分な顔をしてガッツリと見入っていたのですが、

パディリオンは沢山あります。

とりあえず一つ目入ってみようと背中を押して。

 

馬国際見本市

 

「これこれ、見たかった!」と子供達。

馬の上で器械体操のような、、、

馬はもちろん速足で進んでいるのですが、

その馬に飛び乗ったかと思うと、上で立ったり逆立ちしたり、、、

一体どんな練習をしているんでしょう?

 

馬博覧会

 

次、馬、飛びます。

障害物を一つずつ高く増やし、飛ばせていきます。

この後、騎乗して障害を越えるのも見たのですが、

それは練習だけで、後から

公式国際試合として別のチケットがいるとわかりガッカリ。

これだけでもうお昼、外に出てなにか食べようと出ると、

 

ポニー

 

「わ〜、ポニーがいる〜」

とずっとポニーのお世話をしているうちの次女。

こうやって、会場内外、そこらへんに普通に馬がいるのでなで放題。

「広場でショーが始まるよ」と情報を得て走って行くと、

 

フリージアンホース

 

フリージアンホースのショーが始まったばかり。

こちらはテノール歌手の方。

騎乗しながらCon Te Partirò , 君と旅立とうを熱唱、

馬も見れて歌まで聞ける、いいじゃない〜

 

フリージアンホースショー

 

こちらはテクノ調のリズムに合わせて、

まるで馬が音楽を聴いて踊っているかのように。

ドレサージュと呼ばれる調馬ですが、高度な技術です。

高度だとわかっていても私は今まで、

馬を支配しきっている人間像がなんだかイヤだったのです。

が、この後ドレサージュの先生が出て来て、

「馬に無理矢理やらせようとしても出来ません。

馬の出来る事を人間が理解して、

人間が馬に寄り添って、理解を深めると

馬にとってはしんどい事でも難しい事でも何でもないんです」

と説明され、

腑に落ちなかった部分がストンと納得させられたかあちゃんでした。

 

ハンガリー、フリージアンホース

 

次、

個人的にはハンガリーから来たこの人が一番感動しました。

5頭ものフリージアンを操って、

しかも後ろ2頭に立ってるし、

途中から片手でものすごく長いムチを振り回し、

その間ずっと5頭とも全速力で走っています。

振り上げられたムチに当たらないように頭を下げながら、

蹴り上げられた砂で砂まみれになりながらの迫力でした。

 

ブッテロ

 

こちらはブッテロと呼ばれる、

トスカーナ州マレンマ地方の

マレンマーノと呼ばれるマレンマ種の馬や犬とともに暮らす人達。

写真がよく撮れなかったのですが、

次女より小さそうな男の子がいました。

マレンマーノは馬も犬も大型です。

この大型の馬を全力で走らせ、きっちり止まらせと出来るのは、

共に生活しているからなんだろうなと

違う世界を覗き見たようでワクワクしました。

他にもいろいろと、

たっぷりとショーを見終わったら帰りの時間が迫っていました。

それに気がついた次女が

無理にでもと私の手を引っ張って行ったのは、

 

ミニポニー

 

ミニポニーのブース。

赤ちゃん達が眠っています。

かわい〜

 

ミニポニー

 

大きくなってもこの大きさ。

うちのチビちゃんは最初から最後までポニー、

よっぽど好きなんでしょうね。

この先、ポニー友達なんかが出来るといいのにね。

それまではかあちゃん、

しっかりつき合いますよ!

 

 

 

 

 

 

2016/08/25

先週、マルケ州、アスコリピチェーノまでバカンスに出たと言う

のんきな記事を書いたのですが、

昨日、ちょうと私たちが通った道のりで

震度6の地震がありました。

私たちはトスカーナで、

揺れも感じずに無事でした。

ご心配頂いた方、どうも有り難うございます。

 

ここからマルケへは約250km。

ローマへ行くの距離はそう変わりません。

が、

イタリアは南北には高速が走っていて便利ですが、

東西の移動は、

真ん中にアペニン山脈が走っており

なかなか遠いのですね。

ペルージャ、アッシジを通り少し南下、

生ハムで有名なノルチャから山越え。

トンネルがあるので山を全部登る訳ではないですが、

結構な山道です。

ですがその道中がとても綺麗。

 

アペニン山脈

 

のどかで何も無くて自然がそのままで。

 

ノルチャ

 

あまりの日差しで写真がボケてしまいましたが、

ここは一休憩に寄ったノルチャのピアッツァ。

 

ノルチャ

 

「みんな生ハム求めて来たのかな?」

なんて言ってしまうくらい、観光客も沢山いました。

 

クレマディカッフェ

 

バールで飲んだ冷たいクレマディカッフェには

こんな可愛いモカの柄が入ったスプーンつき!

 

道中で、アペニン山脈のトレッキング、

乗馬トレッキング、野生動物観察、川下り、川湯温泉、、、

いろんなアクティビティを知ったので

「次はこの辺でも泊まって色んな事をしよう!!」

なんて言いながら。。。

 

今回のバカンス、

「8月中に行ければいい」

と、キッチリと日にちを決めていなかったんです。

ちょうど8月の頭に、

行き先の友人がFacebookに、

「自家製の杏ジャムでヴィーガンタルトを焼いた」

と美味しそうな写真をあげていたので、

「急げば食べれるか?」

なんて、ケーキに釣られて8月の頭に出発。

あのケーキがなかったら

今頃現地に居たかも、、、と考えるとゾッとします。

幸いをもたらしたのが自分の食い意地かと思うと考え深いですが、

運が良かった事に感謝します。

お世話になった友人家族の所は

被害は大きくないものの、もちろん揺れたそうです。

が、

彼らもまた、ちょうどボローニャにいて無事。

運ってすごいです。

あの大きな綺麗なピアッツァに

今は非難された人達が集まっているかと思うと心が痛みます。

ご冥福と早急の再建を祈りつつ、

出来る事から行動したいと思います。

 

 

 

 

2016/08/16

ブオンコンヴェント

 

ヴィッラに到着。

ピンポンを押してつかの間の風景を楽しみます。

 

ヴィッラ ブオンコンヴェント モンタルチーノ

 

今年も行ってきました、カスティリオンデルボスコ

 

ヴィッラ ブオンコンヴェント モンタルチーノ

 

子供達に

「TVでも見る?」と通されたリビングは、

感覚がわからなくなるほどの大きな部屋に大きなテレビ、

つけた瞬間にバーーンッとサラウンドシステムにビックリする娘達。。。

 

去年も書いたのですが、

いつも呼んで頂くこちらのお客様、

本当に楽しいんです。

11名がいつもニコニコワイワイとしていて、

お料理を出すと、一斉に立ち上がって乾杯し、

「ありがとう、ありがとう」とお互いに言い合い、

食べ終わったお皿をキッチンまで下げて来てくれて

また「ありがとう、最高だった」と言ってもらい、

次のお皿を運ぶのも手伝ってくれて、

新しいお料理にまた一斉に立ち上がって乾杯、

「ありがとう」の掛け合い、

一口食べて「美味しいねー、ありがとう!」でまた乾杯。

新しいワインを開けるとまた立ち上がり乾杯、

「ありがとう」の掛け合い、

「最高に美味しいワインを開けたから一緒に飲んで!」

とまたワインを注いでもらって乾杯!

とうちゃん、料理を作りながら行ったり来たりなんですが、

「ありがとう」の輪にいつの間にかハマってしまうと、

不思議な事に、

全員の顔が笑顔で溢れるんですねー。

最高な人達です。

今年は最後に、

「縁分」と漢字で書いて、

「意味通じるよね?」と言われました。

「これは縁だから、大切にしていきたい」と。

東洋人同士、

ジワーっと言葉では言い表せないものがこみ上げてきました。

なんだか最高な一段落をさせてもらい、

さあ、今度は私たちの番!

 

マルケ州アスコリピチェーノ

 

イタリア本土をブーツに例えると、

ちょうどふくらはぎの筋肉の下の方に当たる、

マルケ州、アスコリピチェーノという街へ、

とうちゃんと、20年弱も「縁」がある友達家族を尋ねてきました。

我が家のちょっぴりバカンスです。

観光が盛んなティレニア海側に比べると、

「イタリア人がいっぱい!!」

とイタリアに居ながら不思議な事を思ってしまうくらい、

人口は多いのに、ほとんどがイタリア人だと思いました。

 

アスコリーヴェ

 

名物はこれ、アスコリーヴェ。

 

アスコリーヴェ

 

これはヴィーガン用でジャガイモが入っていますが、

本来は大きいオリーブの種を抜いた後に肉を詰めて、

しっかりと衣をつけてあげてあります。

これがね、アツい!アツい!と言いながら、

ポイポイポイポイといくらでも入ってしまうんです。

小腹が減った、アペリティーボだ、なんて、

街へ出ればどこでも揚げてくれるので嬉しいですね〜。

 

周辺は自然が豊かで、

 

アスコリピチェーノ

 

この川、最高!

痺れるくらい冷たいので、

かなりの勇気がいりますが、

一度入ると全く寒くなくなる、

本当に川の水って魔力のような魅力があります。

 

アドリア海

 

アドリア海もすぐ近く、

堤防には世界中からの芸術家による彫刻が

 

アドリア海

 

ズラーーーーーーっと。

この先の砂浜は、砂のキメが細かくて

水際に経つと、時間をかけてジワーンと沈む、

まるでシルクのカーペットのよう。

 

アドリア海 魚介

 

当然、海の幸も豊富で、

 

小イカのフライ

 

とうちゃんが揚げてくれた新鮮な小イカのフライはまた止まりません〜

毎日毎晩、食べて飲んで、

話が止まらず、すっかり笑い癖がついた我が家です。

あー、楽しかった、美味しかった!

次回は山へ行こう、魚市場へ行こうとまだ盛り上がる私たち。

「縁がある」

素敵な関係だなぁと染み染み思うかあちゃんです。