Home > オルチャ渓谷

2016/07/05

オルチャ渓谷

 

オルチャ渓谷と言えば必ず出て来るこの景色、

現在の色です。

6月20日まで寒くて湿気た夏の始まりでしたが、

21日からガラリと夏日、10日も夏日が続くと一気に乾きます。

 

ブオンコンヴェントのヒマワリ

 

6月10日に学校が終わり夏休みに入りました。

3ヶ月、何する?

「歩く!」と決めたお姉ちゃん、

毎朝家から、日々少しずつ開いて行くヒマワリを眺め、

 

ブオンコンヴェント

 

ヤギやヒツジの間を通り、ハエを払いながら丘を登りきると、

 

トスカーナで乗馬

 

乗馬に来る観光客の為のセッティングのお手伝いをし、

水を飲んでまた歩いて帰ると言う、

合計8キロほどのウォーキングコースを

かあちゃんも付き添ってやっていました。

最初は足にきましたが、慣れると一日がスッキリするもんだ!

と喜んでいたんですが、

夏って夜のイベントが長いんですよね。

朝は眠いし9時を過ぎると暑い!!

これはムリ〜、、、

と、コースを変えました。

 

ブオンコンヴェント

 

やっぱり森はきもちイイ!

 

ブオンコンヴェント

 

飛び石を渡ってさらに1kmほど歩くと

程よく汗ばみ身体も火照る頃、グッとまた崖を下ります。

そして、

 

ブオンコンヴェント

 

気持ちイイヨ〜〜〜〜

魂抜けそう。。。

 

冷たい川の中でゴロンと寝転がり、

頭の先からチョロチョロ水が流れ、

上を向いて、下を向いて、また上を向いて、、、

太陽に当たっても全然暑くない、

最高にリラックスですよ〜!

だーれも来ないので、我が家のプライベートリゾートです。

同じ川でも少し場所を移動すると、

 

ブオンコンヴェント

 

崖からジャーーンプ!!

ここは2m以上深さがあるので余裕です。

海もいいけど、川の水の後は肌もサラサラで本当に気持ちがいいです。

道中で、

 

野花 トスカーナ

 

色々な花を摘んで、匂いを嗅いで、

 

野花 トスカーナ

 

野花ノートを作るチビちゃん。

 

ネズの実

 

とうちゃんのラグーソースの為のジュニパーや、

 

スモモで梅干し

 

かあちゃんの梅干し作りの為のスモモも摘んでくれたりします。

梅干し、

いつもはスモモやプルーンで作っていたのですが、

今年始めてアプリコットで作ってみました。

一番奥の瓶がすでに干し上がったものですが、

美味しいのなんのって!

やっぱり皮の感じや果肉が梅と似ているんですね。

これはすぐになくなりそうなので、

追加で漬けているのが手前から2番目。

手前から1番目と3番目は野生のスモモです。

もうそろそろ梅酢があがっているので、

後はお手製の網戸籠を吊るして、

このカンカンの太陽に干すだけ。

あとのスモモ梅干しも楽しみ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015/11/03

サンフィリッポ温泉

 

久しぶりに、

 

サンフィリッポ温泉

 

ゆっくりと、

 

サンフィリッポ温泉

 

またサンフィリッポ温泉へ行ってきました。

お姉ちゃんが中学に入ったと同時に、

土曜日も学校に行くようになって

我が家の行動範囲も狭くなったようで、

最近どうも息苦しく感じていました。

ついでに次女の宿題を手伝っていると

自分のやり方が通じない納得のいかなさに、

ちょっと広々とした所で

「は〜〜〜、、、、、」と、

息をつきたかったかあちゃん。

 

 

イタリアの算数

 

これ、イタリア小学3年生の教科書。

引き算の方法でProprietà della Varianza と言います。

日本語ではなんと言うのか、調べてもわからなかったのですが、

日本で私はやった覚えがないなぁと思った一つです。

例えば、36−16=という問題。

先に両方の数字から6を引いてから30−10=にし、

数をシンプルにして考えやすくする。

これはわかるのですが、中には、

55−17=というのも。

さあどうします?

私なら15−7=と40−10=に分けるのですが、

教科書の例題には、両方からー7をするとあります。

すると55−7=を一度する手間がかかると思ってしまうのは私だけでしょうか?

また、208−98=などは、

両方に+2をして、

210−100=にしてしまいます。

お釣りの計算に役に立ちそうですが、

それ以前に、頭の中でやってしまう事じゃないのかな?

と思って、、、ついつい口に出ちゃいます。

 

下の方にある表のついた文章問題、

「パオロは10歳、ガイアは8歳、何歳差?

3年前は何歳差?

10年後には何歳差?」

 

算数の問題にする必要があるのでしょうか?

もしかしたらこちらの方が基礎が出来て良いのかも知れないけど、

いちいちノートに清書して説明するのを見ていると

無駄だなぁなんて勝手に思って、

やっぱり口に出ちゃいます。。。

また逆に、

日本ではあまり使わない、単位がやたらと多いので大変!

 

センチメートル、デシメートル、メートル、デカメートル、

ヘクトメートル、キロメートル、、、

 

もちろん、グラムやリットルも同じ。

「0、28ヘクトメートルをデシメートルで書くと?」

とか。

必要あるのかなぁ?なんて、

もう黙っておかないと。

 

そして小学校でこれだけやっているのに、

買い物の時、

38、50ユーロの買い物を、

50ユーロで払うと、

「50セントで39、1ユーロで40、

10ユーロで、はい、50」

と数えながら私の出した金額まで足すんですね。

その時に、

「小銭があるから3、50ユーロ出すね」

と言うと、

「えーーーー、ちょっと待って、

いらないいらない」

なんて言われる場合も。

いくら預かったか忘れない為には良いのかもしれないけど、

時間がかかるし小銭がたまる。

そして未だに引き算をしてしまう私は、

小銭から足される合計金額が、

11、50ユーロになるのを順番に眺めなくてはいけない。

 

オルチャ渓谷

 

ここはもう、広いオルチャ渓谷でも眺めてスッキリするしかないです。

さて、何ヘクタールで何アールくらい見えてるんでしょうね?