2013/05/31

Club JunkStage

2013年7月6日(土) 7日(日)
営業時間 18時~22時

○18時~ 及び20時~ の2部制
○2時間ハウスボトル飲み放題付ワンセット3000円+指名料1000円+その他
○完全会員制となります。 club@junkstage.com までご予約下さい。

2013/05/31 10:00 | 公式のお知らせ | No Comments
2013/07/07

皆さまこんにちは!プロデューサーのSです。
昨日お越しいただきました皆さま、どうもありがとうございました。

本日分のご予約は、16時まで承ります。
【現時点の空席】※入れ違いで満席の場合はご容赦ください。
第一部(18時~20時) かなん 1席
第二部(20時~22時) かなん 2席 葵 1席
ご予約は、 club@junkstage.com まで。

また、本日ご来店いただきます皆さまへ。
ALL1000円で、美味しい作りたてFOODのご提供が可能です。
イタリアンサラダ/鮮魚のカルパッチョ/若鶏の唐揚/茄子のチーズグラタン/特製パスタ
お食事がてらにも是非、ご利用くださいませ。

それでは、皆さまのお越しを一同心よりお待ち申し上げております!

2013/07/07 11:34 | 公式のお知らせ | No Comments
2013/07/04

皆さま、こんにちは。
Club JunkStage プロデューサーのSです。

現在のご予約状況をご案内致します。

7月6日(土)18時の回
・・・▲(残りあと3席)
※※ご予約可能:マコト

7月6日(土)20時の回
・・・▲(残りあと1席)
※※ご予約可能:マコト

7月7日(日)18時の回
・・・△(残りあと7席)
※※ご予約可能:マコト、めめ

7月7日(日)20時の回
・・・△(残りあと5席)
※※ご予約可能:めめ

「ご予約可能」となっている女の子から、ご指名頂けるほか
ママの対面するカウンターも、ご予約をいただけます。

ご不明点などは、お気軽に
club@junkstageまでお問い合わせくださいませ。

皆様のお越しを一同心よりお待ちしております。

2013/07/04 06:35 | 公式のお知らせ | No Comments
2013/07/03

皆さま、こんにちは。
Club JunkStage プロデューサーのSです。

現在のご予約状況をご案内致します。

7月6日(土)18時の回
・・・▲(残りあと3席)
※舞夢、葵、かなん 完売
※※ご予約可能:マコト

7月6日(土)20時の回
・・・▲(残りあと3席)
※舞夢、かなん 完売
※※ご予約可能:葵、マコト

7月7日(日)18時の回
・・・△(残りあと7席)
※舞夢、葵、かなん 完売
※※ご予約可能:マコト、めめ

7月7日(日)20時の回
・・・△(残りあと6席)
※舞夢、葵、かなん、マコト 完売
※※ご予約可能:めめ

いずれもまだご予約を承れます。
「ご予約可能」となっている女の子から、ご指名ください。
また、ママの対面するカウンターも、全回、ご予約をいただけます。

ご不明点などは、お気軽に
club@junkstageまでお問い合わせくださいませ。

皆様のお越しを一同心よりお待ちしております。

2013/07/03 12:20 | 公式のお知らせ | No Comments
2013/06/26

皆さま、こんにちは。
Club JunkStage プロデューサーのSです。

現在のご予約状況をご案内致します。

7月6日(土)18時の回
・・・○(まだまだお席がございます!)
※舞夢、かなん 完売

7月6日(土)20時の回
・・・△(少々お席が少なくなってまいりました)
※舞夢、かなん 完売

7月7日(日)18時の回
・・・△(少々お席が少なくなってまいりました)
※舞夢、葵、かなん 完売

7月7日(日)20時の回
・・・○(まだまだお席がございます!)
※葵、かなん 完売

いずれもまだご予約を承れます。
完売となっている女の子以外から、ご指名ください。
ご不明点などは、お気軽に
club@junkstageまでお問い合わせくださいませ。

皆様のお越しを一同心よりお待ちしております。

2013/06/26 01:19 | 公式のお知らせ | No Comments
2013/06/12

こちらでは、よくあるご質問にお答えしていきます。

=====================

Q:営業形態を教えてください。
A:期間限定、7月6日(土)、7日(日)の2日間限定のクラブになります。
  各日、18時~20時の第1部、20時~22時の第2部と2つの時間帯がお選びいただけます。

=====================

Q:料金システムは?
A:各1部(2時間)ハウスボトルが飲み放題で3000円+女の子指名料1000円です。
  ハウスボトル以外の、ビール、ワインなども別料金でご提供可能です。

=====================

Q:指名のシステムを教えてください。
A:ご予約時に、お好みの女の子を予約窓口にお伝えください。
  営業中はその女の子が中心にお客様をもてなさせていただきます。
  また、ひとりひとりのお客様とのお時間を大切にさせていただくため、
  各回につき4名さままでをひとりの女の子の担当とさせていただきます。

=====================

Q:どんな女の子がいますか?
A:こちらをご覧ください。
  http://www.junkstage.com/club/?p=134

=====================

Q:お店の場所はどこですか?
A:恵比寿駅から徒歩5分程度のところになります。
  完全会員制のため、ご予約の際に詳細をお伝えさせていただきます。

=====================

Q:予約の方法を教えてください。
A:club(アットマーク)junkstage.com
  に、①ご希望の日(7月6日(土)or7日(日))、②時間(18時~20時or20時~22時)、
  ③ご指名の女の子 を明記の上ご連絡ください。

=====================

Q:女性も行っていいですか?
A:女性のお客様ももちろん大歓迎です。
  イケメンの黒服を多数取り揃えております。黒服に指名料はございません。

=====================

Q:ひとりで行っても大丈夫ですか?
A:ほとんどのお客様がお1人でいらっしゃいます。

=====================

Q:ぼったくられたりしませんか?
A:基本料金は上記の通りです。
  それ以外にお金を使うのは、お客様の自由です。

=====================

Q:女の子に貢ぎ物をしてもいいですか?
A:女の子に対しては、ご自由にどうぞ。お店に対しては、有難くお気持ちだけ頂戴します。
  また胡蝶蘭など明らかな大物はご遠慮いただいております。

=====================

その他、ご質問がありましたら随時更新して参ります。

2013/06/12 12:05 | 公式のお知らせ | No Comments
2013/06/05

○ママ(39) スージー


あまり過去を語りたがらない。見た目によらず謎めいている。
その昔、外資系の商社でバリバリと仕事をしていたらしい。
しかし英語をしゃべっているのを聞いたものは誰もいない。
さらに噂ではバツ3ともバツ4とも言われている。現在は独身。
店の黒服たちは、みなママのツバメである。
酔うと昔の恋の話を始める。実は昔、ものすごく愛した男性がおり、
その男性がいつか来店してくれるのを待つために店を続けている、と語る。
それも嘘か真か。



○チーママ(38) 凪子


ママの昔馴染み。歌舞伎町で知り合った。
10年ほど前に水商売からは一度足を洗ったが、
母親の借金を返済するためにまたこの世界に戻る。
若い頃はポールダンサーをしていたらしい。
趣味は三味線。頼むとたまに演奏してくれる。
お酒が強く話しも上手。年配のファンが結構いる。
最近の趣味はウォーキング。凝り性な一面があり、
歩き出すと三軒茶屋から上野までがしがし歩く。

 

○舞夢(まいむ)(25)


秋田出身。小さい頃からバレリーナを夢見ている。
高校卒業後、地元の農協に勤めていた。
高校3年生のときに、準ミス「あきたこまちっこ」に選ばれている。
一念発起し、2年前に上京。初めはマックでバイトをしていたが、
お金がまわらず、週に3回ほどホステスをしている。
世界で一番自分が幸せだと本気で信じており、地球と世界を心から愛している。
周囲には内緒にしているが、男性とちゃんとつきあったことがない。

 

○かなん (22)


東京出身。実家は麻布十番。
3階建てのおうちには中二階があり、庭にはバラ園がある。
幕末志士の末裔らしく、たまに何時代だと思う古い語彙を使う。
今は庶民の生活を知りたいと高円寺に住んでいる。
基本的に人が良く、お金が大好きと公言するがいやらしさが感じられない。
よく人にどうでもいいがらくたを貰う。
彼氏は何人かいる。どれも本命ではない。
もちろんお金には困っていないが、より理想の男を見つけるためにホステスをしている。
決めセリフは「かなんは、あなたの妹になりたいの」。年齢はどうももう少し上のようだ。

 

○葵(あおい)(27)


群馬出身。上毛カルタをそらでいえるのが自慢。
大学進学で上京。大学4年の時に妊娠。4歳の男の子がいる。
卒業後結婚をしたが、夫の浮気相手に子供ができて昨年離婚。
昼間は馬喰横山のとある問屋で経理をしているが、
それだけでは生活費をまかなえず、週に何度かホステスをしている。
だがめっぽう運が良く、近くに居ると運の引き寄せ力のおこぼれを貰えると評判。
落ち着いた雰囲気で、この店では人気ナンバーワンの人気。
ある一定のラインを超えると、エロさが爆発する。そこがまた人気の秘訣。
それから、酔うと意味不明な絵を描く。

 

○めめ  (25)


愛知出身。明るくその場を盛り上げるのが上手い。
ただ心配性。騒いだあとに、必ずひとり反省会をする。憎めないやつ。
好きな食べ物はみそかつ。「矢場とんは、まじやばいんですって!」が口癖。
短大卒業をして信用金庫に勤めている。去年の誕生日、友人達に
お祝いとシャレで連れて行ってもらったホストクラブにまんまとはまってしまう。
お気に入りのホスト「遊然(ゆうぜん)」に会いたいために、ホステスを始める。
いつか信用金庫の金を横領するのではないかと、みんな心配している。
客を質問攻めにするところがたまに傷。

 

○マコト (25)


横浜出身。クールビューティーの負けず嫌い。
葵とトップの座を張り合っている。あまり愛嬌はないが、雑学王で話し上手。
一見お色気女王様キャラだが、中身は可愛い女の子が大好きのおやじキャラ。
そのギャップとツンデレさにはまるおじさま多し。
昼は猫と戯れながら、ぬか床を手入れするのが趣味。
語学留学のためにホステスをしている。ただどの国に行きたいのかいまいち不明。
アメリカと言ってみたり、フランスと言ってみたり。たまにモンゴルとも言う。
たぶん語学留学という名の旅行に行きたいのだろう。
最近彼氏ができ、ガツガツさがなくなりつつある。

 

○ヘルプ・うる実 (20)


北海道出身。生まれは地方の名士のお嬢様だが、実は元ヤン。
声楽を勉強しており、半年前、女優を目指して上京してきた。
グラビアアイドルの経験があり、店の中で一番美人かもしれない。
上京したその日に男にナンパされ、そのままその男の家に住んでいる。
男は一応「プロデューサー」と名乗っているらしい。
その男が主催する演技レッスンに通っている。
なぜか男にレッスン代ということで5万円支払っている。
特技はすぐにうるっとできること。派手めな印象のわりには聞き上手。
夢はいつかパンダを飼うこと。どこか天然チックな要素を持ち合わせている。

 

2013/06/05 02:17 | メンバー紹介 | No Comments
2013/05/02

さて、先日お届けした女の子の撮影エピソード前篇
今回の後篇も3人の女の子をご紹介いたします。

①葵さん です。

S「葵さん、子持ちには見えないですね」
葵「あっはっはっはっは!!!!」
S「…ちょっとエロめにお願いしてもいいですか?」
葵「ああー。エロね。エロ。ごめんごめん、照れちゃって」
S「あの、わたしの話聞いてたりします?」
葵「あっはっはっはっは!聞いてる聞いてる!超聞いてる!」
S「上毛かるた言ってみてもらっていいですか」
葵「………」
S「えっ」
葵「群馬ばかにしてるでしょ」
S「えっ、してないですよ!ちょっと!なんで怒るの?!群馬禁句?!」

②かなんちゃん です。

か「よろしくお願いしましゅ♡」
S「わたしに向かってキャラ作りしなくてもいいんですよ」
か「えっ?あ、ごめんなさい、滑舌が悪くって」
S「ところで実家、麻布十番なんですよね?」
か「いえいえ、古いところで。ばんこが似合うのですよ」
S「…ば?」
か「?」
S「(ハンコのことかな…や、違うだろ)ところで彼氏いっぱいいるんでしょ?」
か「いませんよ、ひとりも♡」
S「かなんはみんなのものなの♡ってヤツですか?」
か「いいえ、ぜんぶわたしの片思いなのです♡」
S「気を取り直して次、行ってみようか。」

③うる実ちゃん です。

S「うる実ちゃんは最年少ですね。でも、だめんずなんだよね」
う「ちがいますー。初恋の相手は教授で70歳で、ちょーかっこよかったんです!」
S「わたしも好きよ、堤慎一とかね」
う「芸能人だと、ハイドかガクトでお願いします^^」
S「そんなビジュアル系、素顔がわからないじゃないの」
う「お店にハイドとかガクトみたいな人は来ますか?」
S「こねーよ多分!」
う「じゃあ、わたしを養ってくれる人が現れますかね^^」
S「それはありうる。ってか結婚したいの?」
う「住民税が払えないので、誰でもいいので扶養してほしいです^^」
S「あんた絶対だれでもよくないでしょ」

S「社長ォォォォォォ-------!!!」
社長「どうしたS、行こうか?」
S「ワタシは開店までに女不信になるかもしれません!!(自分も女だが)」
社長「はじめに聞きたいが、おまえは女の何を信じたというのだ」
S「えっ」

さて、キャスト5名+ヘルプ1名をご紹介しましたClub JunkStage。
「大丈夫なのっ?!」とみなさん思われたことと思いますが(ですよね)、
なんと、あの大人気コラム・元風俗嬢の笠原ちかさん
女の子たちに研修をしに駆けつけてくれることになりました…!

今後ともどうぞ、Club JunkStageにご期待下さい。

注釈)
Club JunkStageは、もちろんただのキャバクラ(クラブ)ではなく
【現実と虚構が入り混じる実験演劇】 ということになっております。
男性陣・女性陣の、恋人やご家族の皆さま、どうか卒倒しないでください。
(コンセプトやメッセージの詳細は5月OPENの公式サイトでお届けします)
皆さまの大事な人は、ホストやホステスになったのではなく、役者デビューしただけです。

2013/05/02 08:00 | メンバー紹介 | No Comments
2013/04/25

皆さま、こんにちは。
Facebookページに沢山の「いいね!」をありがとうございます。
もうご覧の方も多いかと思いますが、今週から女の子たちの紹介を始めています。

ママとチーママによる女の子の面接が終わり、先週末、撮影がありました。
カメラマンはまたしてもプロデューサーS(女)。
いわく、「女の子の宣材の撮影に関しては一定の自信があります」。
妥協を許さないプロデューサーSのポージングと角度指導のなか、
一気に5度まで気温の下がった東京でしたが、みんな元気いっぱいに撮影しました!
「いい写真」は公式サイトでお披露目となりますので、ここではオフショットを紹介しますね。

①マコトさん です。

S「クールビューティー!足組んでみて!」
マ「クールっていうか、寒い…」
S「じゃ楽しいこと考えて!趣味は?」
マ「猫です。猫いませんか?このへんに」
S「いねえよ!」
マ「連れてくればよかった~。」
S「そのストッキング可愛いね?」
マ「うふふ、でしょ~♪」
S「その服どこで買ったんですか?」
マ「先週友達の結婚式で~」
S「はぁ、疲れる…ホントに大丈夫かコレ。」

②めめちゃん です。

S「めめさん、なんですか?そのジャージは」
め「えっ!オフショットで来いって言われたんで、部屋着のことだと思いました!!」
S「着替えてらっしゃい(激怒」
め「えっ!これしかないッス先輩!やっべまじどーしよ、ドンキユニクロしまむら…」
S「しょーがないなあ。スタアシ(アシスタントスタイリスト)ーーー!」
謎のスタイリスト「はいっ」
S「なんか、服」
謎のスタイリスト「承知しました」
め「えっ!っていうか誰!いまどっから出てきた?!」
謎のスタイリスト「着替えですが、最寄りのトイレは832m先です。標準徒歩で11分」
S「物陰で着替えてらっしゃい」
め「えっ!…あ、ハ、ハ、ハイッ!」

③舞夢ちゃん です。

S「清純派って感じでお願いします」
舞「どうゆう意味ですかーっ!」
S「いいねその過剰反応、さすが●●キャラ」
舞「キャラだけですからっ」
S「バレエやってるんでしょ?ちょっと、姫って感じで頼むよ」
舞「姫は姫でもいろいろいるんですーー!」
S「なにが好きなの?」
舞「う~ん、、、、ジュリエット♡」
S「はいはい、じゃそれでいいから、それお願いします」
舞「…あ、なるほど?」
S「……。…意外と演技派?」
舞「ありがとうございます♡」

S「もしもし、もしもーーーし、社長ーーーー?!」
社長「おう、撮影終わったか」
S「…ありゃ、苦労しまっせ、社長…」
社長「…S、何があった。」

つづく

注釈)
Club JunkStageは、もちろんただのキャバクラ(クラブ)ではなく
【現実と虚構が入り混じる実験演劇】 ということになっております。
男性陣・女性陣の、恋人やご家族の皆さま、どうか卒倒しないでください。
(コンセプトやメッセージの詳細は5月OPENの公式サイトでお届けします)
皆さまの大事な人は、ホストやホステスになったのではなく、役者デビューしただけです。

2013/04/25 12:00 | メンバー紹介 | No Comments
2013/04/16

今日は先日の黒服候補面接の様子のこぼれ話をお届けします。

面接も終わり、ママがお酒を取り出し、社長がフライドポテトを別注し
なごやかに懇親会が始まったそのとき、闖入者が現れました。

「あのぉ~~~。面接、してもらえるって聞いたんですけど~~~」
ふと見ると、赤のギンガムチェックのシャツにピンクのヘッドフォン、
リュックサックという、「秋葉原」の一般的イメージが人間になったような人物が。

しかし、キャバクラ(Club JunkStageはキャバクラではなくクラブです)に
想定外のアクシデントは毎日つきもの。誰もびっくりしません。
スージーママ「あらいらっしゃい」
凪子チーママ「間違えて来ちゃったのね?どこから来たの?」
スージーママ「オレンジジュースを飲みなさい」

 

謎の闖入者「黒服に、なりたいです!」
ママ&チーママ「………。」

そのとき、風が起き、黒服④が動きました。
④「おまえなぁ~ ボーイってのは、そんな甘いもんじゃないんだよ!
これを読めっ! 元ボーイYの実録キャバクラ奮闘記
S「え、なにそれ、知り合い?もしくは本人?」
④「知らない人ですけど、ネットで検索して、感動したっ!」
スージーママ「意外とアツいのね、④。」

S「う~ん、まあそれはどうでもいいとして」
④「ええっ」
S「そこの人、ちょっと、決めポーズしてみて」

一同「……」
スージーママ「おもしろいけど、気持ち悪いわね」
凪子チーママ「え、おもしろくないですよ、ママ」
S「そこの人、ちょっとめがね取ってみて」

S「オーライ。」
スージーママ「えっ。」
S「わたしは、“プロデューサー”ですから。」
そう言って、謎の闖入者をわしっとつかみ、トイレに消えたS。

スージーママ「わたしはSさんの見る目がわからないわ。」
藤原社長「…や、あれで意外と面食いですよ。」

3分後。

凪子チーママ「…あら。あらあら。」
黒服②「意外と筋肉が…やべ、キャラかぶったw」
S「“おた芸” とかいうので、鍛えたそうです。」

S「もすこし調整したら、売れない小説家風で売り出せますよ。
黒服は無理でも、小間使い程度にはなるでしょう」
スージーママ「最近話題の“研究生”ってやつね」
謎の闖入者「この世に恋愛は必要ないと思います」

こうして、社長を筆頭に、4人の黒服候補と、1人の小間使い…いえ、研究生が
Club JunkStageの男性陣メンバーとなりました。
3か月後の成長を楽しみにお待ちください!

※実は、あと1名の黒服を募集しております。募集要項はこちら

2013/04/16 12:00 | 制作日誌 | 1 Comment

Next »