« | Home | »

2010/12/11

 02bflowershop.jpg

仕事場からの帰り道。

ようやくたどり着いた地元のバス停,その近くのお花屋さんで

クリスマスツリー用のモミの木をじっくり選んでいる,若いご夫婦。

肩までくらいの大きさで,ちょっと上向きに腕をそらしたような枝。

彩る緑の葉っぱが美しい。

その木が華やかに飾られる,温かい家庭の片隅を想像する。

 

大きなツリー,小さなツリー

沢山のごちそう,素朴な団らん

山のようなプレゼント,ささやかな一包み。

大きさも賑やかさも それぞれだけれど

皆が いつもと少し違う,うきうきした気分になれる

そんな季節が訪れています。

 

実際のクリスマス当日はというと

タクシー除く全交通網が完全停止するなど,なかなか過酷な現実が待ち受けているのですが,詳しくは また次の機会に

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜*〜〜〜*〜〜〜*〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

みなさんこんにちは。 一週間お変わりありませんでしたか?

今週は,もうすこし自己紹介の延長を。

仕事としてのイラストレーションについて 少しお話ししたいと思います。

 

さて,巷では順調に 年に一度の大行事に向け準備をしている様ですが

わたしの勤める出版社には 残念ながらあまり関係のないお話。

本日ようやく 年内に発行する号の表紙絵を終わらせて

ちょっと安心したところではあるのですが

(実は昨日出してOKだったはずなのに 今朝になって一部にダメ出しがあり,放心状態に陥りながら 急遽手直しすることに。大変な一日でした。)

すでに年始発行分の記事が手元にあるので 一息つく時間はなさそうです。

 

夏に卒業してから,各種デザイン会社や出版社にCV (Curriculum vitae/イギリスでは履歴書をこう呼びます)を送り続け,転がり込んだ経済/ビジネス雑誌の出版社に勤めてもうすぐ半年。

経済/ビジネスに関しては 予備知識などほぼ皆無の自分。

専門用語だらけの英語論文を読みこなす事そのものに ずいぶんと苦労しましたが,

ひと月に約10本も読んで 30枚近くのイラストレーションを描くうち 

だいぶん慣れてきました。(まだまだ のろのろ,ですが…。)

 

tefr_nov_dec2010cover021.jpg

The European Business Review最新号の表紙。

 

挿絵描きの流れを 簡単に追ってみます。

①論文を読む

  ↓

②挿絵の数,内容を考える

  ↓

③アイデアスケッチを編集ヘッドにプレゼンテーション

  ↓

④採用案スケッチをスキャン/レイアウトをデザイナーと決める

  ↓

⑤本描き

  ↓

⑥スキャン/編集/レイアウトに埋め込む↓

 

わたしの場合 4〜5本の論文をいっぺんに考え,約2週間で完成します。

論文につき平均2〜3枚の挿絵を描くので,

その間に10枚超くらい仕上げる計算。

なかなかシビアなスケジュールですが 楽しく,程よく慌ただしく

日々描き続けています。

 

ただ 学生時代つくってきた作品や,個人的な作品に比べると

当然 内容や技法などの制約が多く,戸惑う事もしばしば。

せっかく描きあげた作品も,ダメ出しが出れば大幅変更ということも。

 

「制限のある中で いかに自分らしく 作品がつくれるのか?」

 

職業絵描きの 永遠のテーマになる気がします。

 

そして

 

「隙を見て 個人的な作品も作りためるのよ。」

 

ここでも個展をやりたい という野望を叶えるべく

駆け出しイラストレーターは 今日もインクを散らして走ります

 

 それでは,みなさん よい一週間を。

また来週お会いしましょう。


Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.

[…] 卒業後渡英し、ロンドン芸術大学を出て現地経済雑誌の仕事を中心に活動していたときのことです。 上記に掲げたのは、その当時の佐々木さんが切り取ったロンドンのクリスマス風景。 […]