2015/04/09

かなり前にAVのコーナーで衝撃を受けたという記事を書いたのですが、先日、小川洋子さんの小説「薬指の標本」を読んでいて、やっぱりフェティシズムというのはエロスだなあ、と思ったことがありました。
この小説は映画にもなっているのでご存知の方も多いかもしれません。

この小説の中でヒロインは雇用主から靴を贈られ、その靴に足が侵食しているようなイメージを持つのですが、この部分の描写がとてもフェティッシュなのです。なんていうか、それこそただ靴を脱がされているだけなのに、エロい。
これは雇用主である弟子丸氏の嗜好なのでしょうが、上手いなあ、と感動しました。

 

日本におけるフェチの伝道師と言えば下関マグロさんというフリーライターの方がいるのですが、この方の著書を見ていると世間には本当にたくさんのフェチ、嗜好があるということを痛感します。

唇に興奮する、脚に興奮するというような身体的嗜好から、ラバーやサテンといった素材に対する嗜好、煙草を吸う姿、食事する姿に興奮するというような仕草に対する嗜好まで本当に人間の欲望の対象は幅広い。
もっともこれは男性目線ですが、女性目線でもたとえばちょっと言葉でなぶられるのが好き、という軽いSM嗜好がある方もいるでしょうし、男性の骨ばった首筋に男を感じる!という方もいらっしゃると思います。
これらのフェチは「私●●フェチなんだよねー」と簡単に口に出せる類のものから、とても口に出せない、というか言えないような場合のことも。

一般に、そういう嗜好は変態と言われてしまうわけですが、でもだからといって矯正できるのか?と言われたらわたしは無理だと思います。
だって、性癖ですもの。
好みは極めてパーソナルなものですし、矯正しようと思って出来る程度の場合ならいいですが、そうでない場合のほうが多いでしょう。

もちろん、犯罪につながるような場合は何らかの方法で嗜好を鈍らせる必要はあるでしょうが、その一助になっているのが風俗やアダルトビデオなんだろうなあ、とわたしは思う。

もちろん、万人が出来る仕事でもないですし、万人に理解される仕事ではない。
でも、その仕事を必要としている人は必ずいるんじゃないか。

そんな風に、最近のわたしは思います。

2015/04/09 06:00 | 業界のお話 | No Comments
2015/04/02

皆様は「面倒くさい女」「重たい女」というフレーズをご存知ですか?
女性誌や女性向けの恋愛記事では、そうならないためのハウツーやそう見なされる事例が多数列挙されています。意中の男性がいる女性にとっては、そうならないように身を処したり感情を制御することが一種のマナーのような感さえある。
しかし、それは女性だけが心がけるべき問題なのでしょうか。
そのような義憤にふと駆られましたので、本日は勝手にわたしが考える「面倒くさい男」の特徴を列挙してみたいと思います。


1.報告に対して返信を要求する

「おはよう」から「おやすみ」、「お昼食べたよ」「今●●にいるよ」……。

お前は女かよ!(失礼)みたいな憤りを感じずにいられない。
時々、このような状況報告をしてくる男性がいらっしゃいます。もちろん、共有が必要な場合はいいのですが、そうではなしに「だからなんだっつうのよ」と思わずにはいられないときもある。
そして面倒くさい男はレスを要求してきます。
内容としては報告なのでスルーしていると、怒ってるの? と誤解されたり連絡をしないことに対して逆ギレしたり。
だってレスが必要な内容じゃないじゃない!と思いますが、トラブル回避のため、このようなメールを受け取った女性はぐっとこらえて「すごいねー」等、短文でも適当なレスをつけておくことをお勧めします。

2.交友関係を異様に知りたがる

誰かと食事に行く、というように何らかの予定がある場合に相手をひどくしつこく探ってきたり、その相手のプロフィールまで知りたがったり。
女性同士の複数人ならまだいいのですが、仕事の都合で異性と1対1で会ったり、その流れで食事にでも行こうものなら激怒、あるいは勝手に傷つくというのがこのタイプです。

もちろん女性側にやましい理由があれば話は別ですが、そうではない場合は迷惑千万。

女性にも仕事上の付き合いや社会性を求められる時間がある、ということをこの種の男性は完全に失念しています。
対処としては夫や恋人にも面識のある友人にアリバイを頼むか(実際に確認するところまで行くと病的なので別問題ですが、大体は自分と面識のある同性の相手なら男性は安心してスルーしてくれます)、あるいは「仕事」の一言で切り抜けることをお勧めします。

3.休みの日を束縛しまくる

恋人や妻の休みの日は全部俺の時間!と勘違いされる男性も多いです。

彼女たちにも予定はあるのですが、その辺の気遣いはほぼ皆無。遊びの予定を入れるにあたり事前に報告していても、故意かどうか、すっぽり抜けて忘れていて拗ねたり怒ったり、という驚くべき男性もいるのです。
その反応に女性としては「事前に言ってあるのに!」と憤慨するわけですが、この種の男性は彼女の時間は俺の時間だと思っているので当然のように予定を黙殺してしまうのです。

この問題の対処としては、記録に残すことが大切。メールでもいいですし、同居している場合はカレンダーに記載するなどして公言していた実績を作りましょう。
もちろん、二人で過ごす時間も適当にねん出してあげることも必要です。

 

このような男性は本当に困ったちゃんだと思うわけですが、やはり愛されている実感が持てないからこそ、このような所業に走るのだと思います。
お心当たりのパートナーの男性がいる女性は、ぜひ定期的に「あなただけが好き」という餌を与えてあげてください。ハグやキスなどの肉体的接触が有効です。

自分が心地よく快適に過ごすためには、そのような心遣いも必要。
そんなことをわたしも考えつつ、自分のためにも言葉や対応を惜しまずにしていきたいと思います。

2015/04/02 06:07 | 男性心理 | No Comments
2015/03/26

突然ですが、みなさんは「人妻らしい」という言葉からどんな女性を連想しますか?
しっとりしていてたおやか…という大和撫子系を想像する方もいれば、肝っ玉かあちゃん的な想像をする方もいるでしょうし、あるいは単に落ち着いているが綺麗な人、という方もいるでしょう。

これ、実は元キャバ嬢の友人+風俗店黒服男性と話していて盛り上がった話題です。
人妻らしい、という言葉でイメージされる女優さんをそれぞれ挙げていったのですが、見事に全員バラバラ(^^;)
しかし、じゃあなんでその人を選んだの?と聞かれると、みんな「なんとなくそれっぽい…かな?」と急に自信がなくなってしまったんです。

人妻、というのは単に属性を表す言葉です。会社員だとか高校生だとか、そういうのと同じくくりの言葉です。
でも、どこか「人妻」にはほんのりとした色気のあるイメージが付与されている。
「会社員」という言葉に“かっちり、まじめ、勤勉”というイメージが付与されるように、「高校生」という言葉に“フレッシュ、明るい、活発”というイメージが付与されるように人妻にだってその属性から想起される印象はあるのです。

が、実際のところあらゆる会社員が勤勉ではあり得ないように、人妻だってみんながみんな色気があるわけじゃありません。既に売約済みであるという事実はあるにしろ、それを持って全員がセクシーキャラになるわけでもないですし。

だから多分にこれはイメージの問題なのだと思うのです。

○○らしい、というのは物凄くボヤっとした表現です。
人によってイメージするところも違いますし、さらに言えば、理想の○○というイメージも結構異なるもの。

であれば、自分の理想とする○○を見つけ、その具体例をまねする、トレースすることで○○らしさは身につくのかもしれません。
たとえば理想の人妻らしいと自分が思う特徴を備えた女優さんをイメージするだけでも、きっと違う。
イメージを固めれば、模範が出来ます。それはボヤっとそれらしいイメージをもてあそぶより具体的で分かりやすいことなのです。

理想の嫁、理想のOL、理想の彼女、理想の上司、理想の部下。
目指すところは人によっても違ってくるとは思いますが、理想を明確化して意識するだけでも結構違うんじゃないかなと思います。

ちなみに、前述の会話のメンバー女子によると理想の○○はまだ初心者向けだそう。
中級者は自分の意中の相手の理想を追求するのだそうです。
さらに上級者になると、相手ごとに自分の演出方法を変えていけるとのこと。

流石に難易度が高いのでわたしもおススメできませんが、まずは理想の自分に近づくことを目指してイメージを固めていきたいと思います!

2015/03/26 05:26 | 女の子の話 | No Comments
2015/03/19

わたしがキャバクラを経験して一番良かったと思っていること。
それは、「知らない人と最低15分話し続ける」テクニックを得られたことです。

よく、会話はキャッチボールだと言われます。

でも、キャッチボールをするためには最低限の情報が必要です。
たとえばどのくらいの速さなら受けられるのか、利き腕は右か左か、そういうことを通常わたしたちは意識的にしろ無意識にしろ観察や推察で情報を得てボールを投げたり受け取ったりしているのです。

が、会話になるとそれは急に難しくなる。
共通の知人でもいればまだいいけれど、全くの初対面やそれに近い状態だったり、相手が自分とあまりにかけ離れた経験を持っていたり、年齢、性別が違ったりすると「何を話したらいいんだろう」という不安を持つ方も多いと思います。
というかわたしはそうです。
今でも、飲み会の席で隣に座った方にどう話しかけたらいいのかとか、どういう風に会話を切り出せばいいのかと迷わないことはありません。

でも、キャバクラで学んだこと、それは「相手に自分を好きになってもらう」ことです。
恋愛感情でなくてもいい。そうなれれば(キャバクラ的には)ある意味理想ですが、まずは自分に対して関心を持ってもらうことがスタート地点。

そのためにわたしが編み出した秘策は「先に自分がうっすらと相手を好きになる」ことです。
好きな人のことならなんでも知りたい、その状態を思い込むこと。
それだけで相手に対する観察眼の精度がかなり上がります。

どんな服を着ているのか、何を食べ何を飲んでいるのか、なぜここに居るのか。黙っているだけで話しかけられる美人ではなかったからこそ、わたしはこのテクニックを駆使しまくりました。
相手の関心を引きそうなことを自分の手持ちの情報から提供したり(ここのパスタお好きならあのお店も美味しいですよ!)、あるいは相手そのものに興味を示して話してもらうようにしたり(そのスーツ凄く素敵ですけどどこで買ったんですか?)。

やりすぎればあざといですが、それでも無言よりはいい、とわたしは思います。
せっかくのご縁なら、仕事だろうと飲みの席だろうと出来るだけいいご縁に繋げたい。
キャバクラに勤めるまでは引っ込み思案だったわたしの編み出したこの方法、苦手な方は是非使っていただければと思います^^

2015/03/19 06:06 | わたしの話 | No Comments
2015/03/12

今週の土曜日、3月14日はホワイトデーですね。
バレンタインに比べるとどうも盛り上がりに欠けますが、たとえば今年は有名ショコラブランドのゴディバがプロモーションを掛けていることもあってデパートやスーパーでも小さいながら特設コーナーが設けられているのを見かけます。

この、やや盛り上がりに欠ける要因としてはお菓子の購買層が基本的には女性であること、バレンタインに対するお返しのイベントと認知されていること(積極的に買いに行くイベントではないこと)があるのかなと感じますが、男性だって甘いものが好きな方は多いでしょうし、お返しを奥様任せにしないで自分で選びたい…という男性もいらっしゃると思う。
女性としてはやはり義理であっても何を返すかは自分で選んでほしいと思いますが、知識がない方や恥かしくてなかなか買えない、という方もいるのかな?

わたしがキャバクラに勤めていたときの話ですが、お客様からホワイトデーにチョコレートをもらったことがあります。その頃はまだ珍しかったショコラティエの品で、寡聞にしてそのブランドを知らなかったわたしはさしたる感動もなく、ありがとうございますと受け取りました。

が、開けたらカードが入っていて、自分なりに調べて買ってきたことが控えめに書いてあったんですね。
告白とかではないのですが、それ以上に真剣に考えて選んでくれたことで思いが凄く伝わってきて…正直、チョコの価値を知って驚きもったいなくてしばらくの間冷蔵庫の中にそっと安置して、いつ食べようかとドキドキしながら楽しませていただきました。

この、自分で考えて選んだ、ということを嫌がる方はいないと思います。

確かに奥様や女友達のほうがベストな選択ができるかもしれない。流行りの、女性好みのメーカーやブランドを探すことも女性のほうが得意かもしれない。でも、それでも自分で選んでもらえるというのは嬉しいものです。
ホワイトデーはお返しの日ではありません。
男性からも、好きを届けることができる日なんじゃないかなとあのショコラを頂いた日に、わたしもようやく気付いたのでした。

ホワイトデーは俗に三倍返しなんて言いますが、それは価格ではなく、手間の三倍、ということなのかもしれません。せっかく根付いてきた文化なのですから、便乗すればいいんです。

男性も、ホワイトデーを機にぜひ大切な女性に想いを伝えてみてはいかがでしょうか。

2015/03/12 05:56 | わたしの話 | No Comments
2015/03/05

性を対象とする労働に従事し、対価として金銭を得ている女性のことを、日本では売春婦と呼びます。春を売る、つまり性を金銭に置き換えて収入を得る仕事だからです。
その中で風俗店に所属する人のことを風俗嬢、AVなど映像作品に出演される人のことをAV嬢、あるいはAV女優と呼ぶことは、みなさまも周知の事実でしょう。

では、援助交際をする子は? あるいはJKビジネスに参加する子は売春婦になるのでしょうか?

性を扱った学術論文、またはそれを読み物として柔らかくした内容で出版されている本を読むと、セックスワーカーという言葉が頻出します。
定義は様々でしょうが、要するに性を商品として売っている人を性別にかかわらず総称するワーディングで、その中には前述の風俗嬢やAV嬢だけでなく、たとえばデリヘルのドライバー、店舗の受付等などにも使用することができる便利な言葉です。

売春、という言葉はとても重い言葉です。

日本においては売春禁止法という法律があり、その許認可を得なければ風俗店は営業することができません。また、18歳未満をそのようなお店で働かせること、性的サービスを想起させる場所等で働かせることも禁じられています。

だから、風俗嬢は決して自称として“セックスワーカー”という言葉を使いません。
あくまでも風俗店で働くから風俗嬢。自らを定義する言葉として、セックスワーカーというどこかドライな響きの言葉はなんとなく似合わない、むしろウエットな響きのある言葉のほうを選択している。
もっとも、単にセックスワークという言葉自体を知らない可能性もありますが、わたしは実感として風俗嬢は風俗嬢という言葉を使うだろうと思います。
が、援助交際はお店に所属するわけではないからこの言葉を使うことはないでしょうし、JKビジネスは建前上性的なサービスはしていない(はず)なので同様でしょう。

でも、それっていいことなのかな?と不安になるのです。
自覚としてそれを行うかどうかは本人の意識の形成に当然か変わってくるはずです。だからこそ呼び方や呼ばれ方に拘ったり、違和感を感じたりする。
売春、という言葉の重み、それに伴うリスクが対価としての高額な報酬になるんじゃないか、って。

性行為は、どうしたって女性の側にリスクが大きい行為です。

そのことを商売とするなら、やはり相応の覚悟はしておくべきだと思うし、しておいたほうが自分にとって楽な道だとわたしは思う。覚悟があるから避妊もするし、将来というものをぼやっとでも考えたりするわけですから。

ワーディング一つで意識が変わる可能性を、わたしはもっと多くの方に考えてほしいと思います。

2015/03/05 06:43 | 業界のお話 | No Comments
2015/02/26

突然ですが、指先を見てみてください。
男性なら、爪は短く整っていますか? 女性なら、伸ばした爪の中が汚れていませんか?

わたしがキャバの仕事に入って、一番最初に注意されたのはメイクの仕方でした。夜の仕事は少しでも華やかにしておくのが鉄則。ちょっとした非日常気分をお客様に味わっていただくための特別なメイクの練習をしろと、お店のオーナーにはよく叱られました。

そして二つ目が、爪だったんです。
手元は本人の意識以上に目立つので、そこをいかにきれいにしておくか。でもただ綺麗なだけではだめで、きちんと清潔さを感じられるようにメンテナンスしておかなければならないと先輩方にも言われたものです。

清潔であることと清潔感があることは似ているけれど違います。

一見清潔感に溢れている白いまな板が実は目に見えない雑菌の繁殖場所だったりするのと同じに、真っ白のきれいなニットがクリーニング0回、ってことはよくあることです。
要するに汚いものは目につきますが、目立たないからこそ清潔感が感じられるということなのだと思う。白いシャツが、汚れやすいからこそ清潔なイメージがあるのも同様です。
肌もそうです。しみひとつない、毛穴のないつるんとした肌が美しいのは清潔に見えるから。
実際には(よほどお風呂嫌いとかは別にして)人間の肌にだって細菌はいたりするようなので、完全に清潔な状態はありえません。

でも、“清潔そう”に見えることは得なのです。
清潔、清楚、清廉……と清いという字を使った熟語のイメージは軒並みいいことからも、清くある状態がいかに望ましいかが透けて見えます。
逆に、汚れている状態は嫌われます。汚物、汚泥などの言葉を考えれば一目瞭然。

わたしたちは、たぶん、きれいな状態がとても好きなのです。

以前、友人のひとりがモテる男性の要素として「いつも新しい服を着ている」という点を挙げたのを聞いたことがあります。安くてもいい、新しい服を着ていることが大事なのだそう。使用感のない服も清潔感につながりますから、清くあるという状態を彼女も重視しているのだなあと思いながら納得しました。

たとえば爪を、実際に清潔な状態で保ち続けるのは難しい。外気にさらされ、水に触れて見えない汚れがある手の先端にあって、爪だけ清潔なんて絶対にありえません。
でも、清潔感は維持できます。
爪を短く切る、汚れたらすぐに洗う、これだけで清潔そうなイメージは保てる。

人に好かれるための要素はあるでしょうが、清潔さを嫌いな人はいないと思う。
清潔であることより手軽だからこそ、自分でも気を付けていきたいと思います。

2015/02/26 06:13 | 業界のお話 | No Comments
2015/02/19

今日はわたしが風俗嬢をしてきて学んだこと、よかったことを話したいと思います。
いつも以上に個人的な話になりますが、よかったらお付き合いください。

学んだことの一つ目は、男性も寂しいんだということです。

よく、女性は寂しがりだと言われます。男性からはいつも誰かと一緒にいないとダメだみたいなことも揶揄で言われたりしますし、たとえばわたしは一人酒も平気なのですが、同性の友人にはびっくりされたり、時には呆れまじりに感嘆されたりする。

でも本当は、男性も寂しい方が多いのです。少なくとも風俗に遊びに来るお客様については。

プレイのあと、お客様と風俗嬢は少なからず話をします。裸というのと秘密が漏れないという安心感からか、お客様はいろんなことを話してくださいます。仕事の悩み、家庭のこと。奥様にも話せないような、些細だけど真剣な悩みを吐露しているとき、本当に安心したような顔をされます。二人きりだからこそ言える、行きずりの相手だからこそ言えることもあるのかもしれないけれど、話し相手に飢えているのはむしろ男性のほうなのかもしれません。

 

二つ目は、どんな仕事でも真面目に取り組めば小さくても成果は出るということ。

風俗というのは見た目が重視される仕事に違いありませんが、リピートを取るにはそれだけでは不十分です。たとえばお礼の日記の更新、マメな情報発信、写真の撮り方の練習。そして同僚であるスタッフに対しても丁寧な態度を貫くこと。

そういうことを積み重ねていけば、お店のほうでもある程度成果を認めてくれますし、その結果として露出を増やしてくれたりとか、フリーのお客様に推薦してくださったりとか、援護してくれたりするのです。もちろん、素材がいいに越したことはありませんが、コツコツ努力するのは絶対に無駄じゃない。

努力は必ず報われるわけではありません。可愛い子はそうでない子より圧倒的にアドバンテージがある。それは整形手術でもしない限り埋まらない差ではありますが、接客や態度など努力でカバーできる部分もある。

勉強以外でそういう経験ができたことは、わたしにとっては大きなプラスでした。

 

もちろん、風俗という仕事そのものに対してネガティヴなイメージがあることは承知していますが、それでもそこで働くことを選んだ以上、得るものは大きなものであってほしいとわたしは思います。
金銭的な面でもそうですが、あらゆる仕事の中でエンドユーザーと提供者がじかに向き合う、しかも1対1で、裸でという仕事はほかにありません。

だからこそ傷ついたりもするし、悩むこともあるけど、覚悟した仕事のなかから自分にとってプラスな出来事はあってほしいし、わたしにはありました。

風俗で働く女の子たちはみんな何らかの事情があります。
でも、そういう子たちだからこそ、気付けることもたくさんある。そう、わたしは信じています。

2015/02/19 05:38 | わたしの話 | No Comments
2015/02/12

最近、キャバ時代の同僚が結婚しまして、披露宴の二次会に参加させていただきました。
現在は夢をかなえ、エステティシャンとしてお店のオーナーにもなっている彼女。
その後、二人きりで話すチャンスもあったのですが、思い出話はほぼスパイかっていうくらいの隠語のオンパレードでした(笑)

ところでその二次会の席で彼女がこんなことを言っていました。
「ずっとサービス業で働いてきた。いろんなサービスの形があるけど、『自分がされてうれしいサービス』ではなくお客様が『心地よく受け入れられるサービス』を提供することを目指してきた」
だからこそ今の自分があるのだと彼女は言い、最終的にそれを教えてくれたすべての方に感謝したいとスピーチを締めくくっていました。

これって本当にサービスというものの本質をついた話だなあとわたしは思います。

一般に、サービス業というのはお客様の欲望を先取りすることが美徳とされる仕事です。
たとえば寒い日には温かいおしぼり、暑い日にはつめたいおしぼりを出す。当然のように日本では行われていますが、これだって相手のことを考えてのサービスなのだと思います。が、それをお客様が「サービス」と悟るようではたぶんダメなのです。ダメというか、最低限でしかないのです。

心地よく感じること、当然のように提供される行為、雰囲気を受け入れられる接客をすること。
マニュアル化されたおもてなしよりも進んでいるサービスのすがたは、彼女がいかに自覚的に仕事と向き合ってきたかを教えてくれました。

エステというのはお客様と二人三脚でする仕事なのだそうです。
励ましたり、叱ったり、ほめたり。もちろん一回の施術で結果を出していくことも求められますが、継続的に通うお客様にはモチベーションの管理もある程度必要なのだとか。
「だからキャバの経験は本当に役に立った」と彼女は笑ってましたが、ある程度慣れれば仕事はただ漫然とこなすことが可能です。でも、自覚的に取り組めば必ず学びがあることを彼女は教えてくれた。
本当にこれは凄いことなんじゃないかと思うのです。

ちなみに、今の仕事で一番大変なのは説得力のあるスタイルと肌のキープなのだとか。
キャバクラ時代の比ではない!と断言していたダイエットの大変さがいかんなく発揮された美しいドレス姿でした^^

Sちゃん、これからもどうぞお幸せに!

2015/02/12 05:52 | 女の子の話 | No Comments
2015/02/05

早いものでもう2月になりました。
この時期はバレンタイン商戦に向けてデパートではショコラの売り場が拡大され、スーパーやコンビニでもチョコレートを使った新商品が続々出てくる、甘いもの好きにはたまらない季節ですね。
かく言うわたしも自分用のチョコレートは既に予約してしまいました^^

ところで客商売であるキャバクラや風俗でもチョコレートをお客様に渡す習慣があります。
実はお店側からの強制は全くないのであげなくてもいいのですが、やはりバレンタインチョコを期待するお客様のほうが圧倒的に多い。ので、バレンタインが近くなるとお客様用の義理チョコレートを用意する女の子が大半です。
時期としては1月の末から用意しておいて、2月14日までに渡し切るって感じですね。
やはり15日以降になってしまうとあまりもの感が出てしまうのかもしれません。

で、義理チョコ。

本命であればいくらかけてもいいし、手作りしたっていいのですが、義理となるとやはり買って済ませたい。
実は男性は手作りを一番喜ぶと聞いたことがありますが、日持ちや手間などの観点から義理はやっぱり購入してしまう子が多いのではないでしょうか。

ただし、いくら義理だからと言ってあからさまなのはやはりまずい。
具体的にはチロルチョコ1個とか、バラまいてます!感が全開になるのは避けたいところです。
お客様にせっかく差し上げるのですから、それなりには喜んでほしい。
(そして大きな声では言えませんがお返しも期待したりして^^;)

その義理チョコですが、価格帯のイメージでは会社の上司宛くらい、というのが水商売的には相場。
1000円〜2500円くらいで男性でも名前を知っているブランド・メーカーのもの、という感じです。
甘いものをそんなに好きじゃなかったり、水商売の子から貰ったものを家庭に持ち込めない男性もいますので量は求められません。

大切なのは、“義理なんだろうけどひょっとして本命かも”くらいのブランド感なのです。

わたしの場合、よくやっていたのがゴディバのショコラで4〜6粒くらいの詰め合わせ。
やはり誰でも名前を知っているというのは強みですよね。ただし、甘いものが好きな方にはもう一ひねりしてまだあまり認知度は高くないが…という海外ブランドや、自分の好きなショコラティエのものを贈ります。
手を掛けたり、ちょっと考えている感じも男性は喜んでくれるもの。
自分用を買うついでに(笑)、義理チョコも用意しておくと楽ちんだし、残っても好きな味なので自分で食べることもできますし。

義理チョコとはいえ、あげるときはきちんと両手を添えて丁寧に。
今年もいくつか渡すことになると思いますが、わたしもそれを心がけてみたいと思います!

2015/02/05 05:30 | 業界のお話 | No Comments

« Previous | Next »