« | Home | »

2015/06/25

こんばんは。最近梅雨なので毎日髪の毛が跳ねて困っている笠原です。
ところで今日の話題は風俗店での講習についてです。

先日、お店を移ったばかりという風俗嬢の子のツイートを見ていたら「今度は講習がある店だった」という趣旨の発言がありました。ということは、その前のお店はなかったんだと推察されます。

以前も書いたような気もしますが、風俗店では基本的に「講習」制度があります。
ただし、その内容が若干ですが変化しています。また、完全な業界初心者以外は奨められない講習ですが、経験者であってもお店ごとに講習があるなら受けたほうがいいと思っています。

では講習では何をするのか。
内容はお店ごとに違いますが、基本的にはプレイの内容を一通り体験する、ということが多いです。
要するにお店の男性スタッフがお客様の役になり、入店希望者の女の子が風俗嬢となってお客様がついたときの出迎え、プレイ内容、シャワー、送り出しまでの一連の流れと大体のタイムテーブル作りを行うのです。

ですが、今はここまできっちり行うお店は少数派のようです。やはり今後一緒に仕事をするお店のスタッフと裸になるのはいかがなものか…と思う女の子も多いからでしょう。
かわりに増えたDVDでの講習で、これは上記の内容をお店のほうで映像化したものを見ます。映像は服を着たままのものが多いので、あくまでもシュミレーションとしての講習になります。で、この場合はいきなり本当のお客様に接客するのがスタートになります。

ところでこの講習、経験者は基本的に省かれます。ソープランドはマットプレイが、おっパブなどは着衣のままですのでこの二つは別でしょうが、ほかの風俗業種ではほとんど仕事内容に差がないためです。
ですが、わたしはやはり講習があるなら受けておいたほうがいいと思います。

理由としては二つあります。

ひとつには、直接講習ならお店のスタッフから、DVDならつくりかたを通して、そのお店の考える「望ましい接客」が分かるから。お店のスタッフも女の子に稼いでほしい/稼がせたいので、売れている女の子や人気のある女の子の接遇を新人に積極的に教えてくれます。そのお店ではどういうタイプの女の子に人気があるのかを知ることができれば、真似できるというメリットがあるわけです。

二つ目は、講習を受けることで本当にこの仕事をできるのか、という判断や覚悟が出来るからです。ある意味で、新人の時期は安易な気持ちである子も多い。ですから、実際に疑似的な経験をすることで(そして、HP等に写真が掲載される前に)自分が本当に仕事として風俗で働くのかどうかを体験的に確認できます。実際、知人にこの講習で「どうしても無理」と辞めた子もいます。それはそれで賢明な判断です。

一般の企業とはいろいろな意味で違う講習ですが、わたしは結構いい制度だと思います。
お店を移ろうかな…と考えている子は、ぜひ新しいお店でも講習を受けてみてください!

2015/06/25 09:26 | 業界のお話 | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.
No comments.