Home > お客様列伝

2013/12/26

こんばんは。皆様、クリスマスはいかがおすごしでしたでしょうか?
わたしは別にこれといって特別イベント感もなくのんびり年賀状など書いて過ごしました。イベントに追われ髪振り乱して集客していた現役の頃を思うと雲泥の差です(笑)

ところで今日は、お兄ちゃんなお客様たちのことをお話していこうと思います。
以前も書きましたが、わたしのイメクラ勤務時代で最も数が多い属性のお客様は俗に言う「妹属性」の方々でした。(ご存知ない方のためにはてなの説明文はこちら→ http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CB%E5%C2%B0%C0%AD

で、そういう方々はことごとく自分を「お兄ちゃん」と呼ばせるのですが、その呼ばせ方が結構人それぞれだったわけです。例えば「“にいたん”って呼んで」とおっしゃる方もいれば「“お兄様”って呼んで」な方もいれば「名前を呼び捨てして欲しいんだけどあくまで君のスタンスは俺の妹だからそのつもりで演技して」とおっしゃる方もいた。

そしてそのような方は皆さん概して優しかったので、わたしにとっては(この言い方もなんですが)仕事のしやすいお客様だったのでした。

ところでリサーチしたところ、このお兄ちゃんなお客様方で妹さんがいるという話は全く聞かず。姉ならいる、と教えてくださった方はいたのですが…。
こうしてみると、実際に妹さんがいないからこそ、イメクラというバーチャルな場で兄妹ごっこをしたいという欲望をお持ちだったのかな、と思うのです。
(実際、妹がいる男性の友人は「妹がいると女への幻想が減る」とまで言っていた。これもひどい感想ですが、それも一理あるような?)

兄弟姉妹というのは不思議なもので、大抵の場合は選べませんし、しかもほとんど一生の付き合いになる関係ですよね。
だからこそ兄弟姉妹の中だけで通じる会話があるとわたしは思っていて、友人のおうちにお邪魔した際などに交わされる姉妹の会話、兄妹姉弟の会話を楽しく盗み聞きしてしまいます。
他人が聴いていると「ん?」とおもうような会話も兄弟姉妹の間だとスムーズですし、共有してきた時間の長さの証拠のように、省略だけで会話が成立したりもする。
それは得がたいものだよなあ、と第三者としては感じるわけです。

イメクラでの兄妹ごっこはもちろん「ごっこ遊び」の域を出ませんが、それでも二人だけで過ごす時間が増えてくると、似たような擬似兄妹遊びができることもあります。お兄ちゃんなお客様たちは、実際妹がいたらこういうふうに接したかったのかな、と思わせる優しさをたくさん持っていた。オタクっぽい部分も多分に含んだ遊びであることは否定しませんが、こういうお兄ちゃんなら欲しかったな、と兄のいないわたしにとっては懐かしくて暖かな思い出のお客様たちなのでした(´▽`)

 

 

2013/07/18

こんばんは。若干ネタが切れてきたので昔のお客様を売って今回はしのごうと思います。
多分もう時効です。(←いま勝手に決めました)

 

そのお客様を、仮にI様と呼びます。

I様のご趣味は、俗に言うコスプレ……で想像されるようなアニメ系でもなく風俗店では筆頭株の学生服でもなく、“職業系制服”。ナース服、事務服、CA系、そういう職業に根差した服装を大層好まれるお客様でした。

ところで当時わたしが勤務していたお店は「学生系」を売りにしていたイメクラ。

当然のことながらお店で用意しているのはセーラー服ブレザー体操服その他もろもろのロリータ路線がメインで、その手の制服は確か数種類くらいしかなかったように記憶しています。勿論一応は用意があったのでときどーきはそれらの衣裳も出番があったようですが、大して痛んでいなかったことを考えるとやっぱり少数派なんだろうなI様は…ちなみにわたしもI様のご指名時以外は着たことはありません。

限りなく職業系制服を愛好されるI様がなんでうちの店に通われるようになったのかは分かりませんが、当然、そのあたりはご不満の種だったそう。

二三度指名を頂いてからではありましたが、プレイ後の雑談で

I様 「そういえば君はどんな服が着たいの?」
わたし「うーん、拘りはないですけどナースとか着たことないので興味あります」
I様 「でもこの店のナース服ってピンクでしょ。おれあんまりそれ好きじゃないんだよね」

という会話を交わした二週間後、I様は衣裳ご持参でご来店。着替えるために必要だろうからと初めから120分コース(それまでは75分だった)でご予約があり、衣裳と言って渡された紙袋の中身は新品のナース服(勿論白。キャップ、白タイツ、ナースサンダル付のフルセット…)。

当然のことながら着たことも被ったこともないので悪戦苦闘して着替えたわけですが、I様、なんとプレイをしないのです。え? 風俗来てなにもしないとかあるの? と思われるでしょう。わたしも思いました。でもしないの。

しないかわりに何してんのかって言うと、匂いを嗅いでるんですね。

ひたすらワンコのごとくふんふん嗅ぎ続けられるのは正直プレイをするより数十倍恥ずかしかったですが、I様的にはご満悦だったようで、脱いだ衣裳も一式お持ち帰りになりました…。

I様のおかげで、ついたこともない職業の制服ばかりやたらと着まくったあのころはもう遠い記憶になりつつありますが。

あの服はいまどうなってるんでしょうか、I様。

知りたいような怖いような、そんな気持ちで今これを書いています。

2013/03/14

先日、以前同じお店で働いていた女の子と久しぶりに会う機会がありました。
彼女は未だに現役ということもあり、ものすごく盛り上がって話してしまったのがお客様
あるある。こんなお客さんって絶対こういうこと言うよね!とか、こんな人がさーって
思うことあるよね、などとお客様を肴に喋り倒してきたわけですが、そんなわたし達も、
もう26歳。友達はイメクラを辞め系列の人妻店に移籍したばかりなのですが、そのせいか
以前は年上が多かったお客様の中にちらほら年下のお客様が混じってきたといいます。

彼女の場合、最近多いのがまだ二十代とか三十代の前半で童貞喪失したいというお客様だ
そう。もういい加減捨ててしまいたい、と思うらしいのですが、風俗嬢は別にだからどう
と思うわけではなく、むしろ「なぜそれを申告するのだろう?」と不思議に思う程度です。
ましてソープならいざ知らず、イメクラやソフトヘルスでは喪失まで至ることはありませ
ん。せいぜい素股位なんじゃないかと思うんですが、それでも喪失と言えるのか…?

童貞。
確かに男性においてはかなりゆゆしい問題なのかもしれませんが、しかしそれを恋人ない
し奥様で喪失することが出来ない、ということが、そんなに大きなコンプレックスになる
のでしょうか。彼女の話を聞けば「わざわざ言うくらいだからなるんだろうな」と思うの
ですが、でもまあ、裏を返せば女性経験が少ない→性病の可能性が極めて低い→安全、と
いうプラスイメージもある気がします。

ところで多くの女性が覚えているらしい処女喪失ですが、残念ながらわたしは全く覚えて
いません。正直「早く捨てたい!」と重荷感が強かったことが原因だと思いますが、ロマ
ンところか記憶にもないという極めて残念な状況です。
が、この話、少ないながらごく数人の友人に話したところ、女性は「まあ、理解できなく
はない」という反応が多少とも伺えるのに対し、男性は完全に引いている。どうも、男の
人は覚えてる人が多いみたいなんですね、初体験。

これはけっこう新鮮な驚きだったので、その後もお客様を中心にヒアリングしてみたりし
たのですが、まあ皆様よく覚えていらっしゃる…!俺の時はこうでああで、と微に入り細
を穿ったお話を聞かせてくださる方もいれば、なぜか頬を赤らめる方もいて、その反応を
見るのが楽しいほどでした。

ということは、やはり、喪失の相手として指名されることは名誉なのでしょう。
「まあ面倒臭い気持ちもあるけどかわいいよね」と彼女はいみじくも言っていましたが、
童貞のお客様、どうか初体験の相手選びは慎重になさってくださいね。
病気が移っただなんて悲しい事故がないように、出来ればやはり非風俗嬢、ないし安全な
高級店(ただしソープに限る)での喪失をお勧めしたい、わたしです。

2012/12/27

こんばんは。
今日は久しぶりにお客様のお話をしたいと思います。今回取り上げるのは、以前キャバ
クラで働いていた時に遭遇した、新人だけに魅力を感じると言うお客様のお話です。

そのお客様は、大体週1ペースで来店される、お店にとっては有難いお客様でした。
が、ひとつ問題が。
その来店時期がお店に新人の女の子が入店した時に集中することと、キャバクラにおいて
女の子の重要な収入源になる「指名」をしないことで、このお客様は有名だったのです。

キャバクラにおいて、「指名」は本当に大きく女の子の収入を左右するものです。

例えばお店の中でお客様が飲食された代金は基本的に指名を受けた女の子の成績として
お給料に反映されるのですが、指名がないと全額がお店の収入となってしまいます。
だからこそ女の子はあの手この手でお客様の指名を取ろうと躍起になるのですが、このお
客様は新人の女の子を新人のうちだけ場内指名する、という方でした。

(ちなみに場内指名でも成績には入りますが、「本指名」と違って一時的なものなので
飲食代金のほうは全然反映されないのです。シビア。)

このお客様に関して言えば、新人、というのはまっさらな新人のこと。
他店での経験のない、ほんとに右も左も分からないような女の子に、“教育”をされるのが
一番楽しい、というお客様。私も新人時代2度ほど場内を頂いたのですが、お店における
サイン、お酒の造り方などほぼレクチャーで終わる1時間……。
有難いことは有難いのですが、なんだか肩すかしのような気がしたころ、「君はもう大丈夫」
とお墨付きを頂いてあっさり3回目からは次の新人の子に場内替えをされました。
私は正直「2回も場内貰えるんだからこれは脈があるのかも!?」と思っていただけに、その
豹変ぶりがちょっとショックだったんですが、先輩方に「あのお客様はそういうお客様だ
から…」となぐさめられ、その後、「確かに…」と納得。

そのお客様にとっては、ど素人をそれなりのキャバクラ嬢に俺が磨いたのだ!というのが
キャバクラでの遊び方だったのでしょう。
ある意味、育成系。
「育てる」ということに快感を見出すお客様もいらっしゃるのですねー…。
何が何でも指名!と意気込んでいた当時のわたしには正直目から鱗なお客様でした。

2012/11/01

今日はタイトル通り、印象深いお客様のお話をちょこっとお話したいと思います。
今回は風俗でのお話です。

以前、台本持ち込みのお客様のお話はさせていただいたんですが、そのお客様が特別な
わけではなく、簡単なシチュエーションを希望される方はかなりの割合で存在します。

T様というお客様も、そのお一人。
このお客様は「どうしてもどうしても痴漢をしてみたい」という願望をお持ちの方で、
しかし良識ある大人だったので出来ない→風俗店に来た、というまともな方。
したがって、このお客様がお店、ならびに写真指名をくださったわたしに対して要求さ
れたことは、「電車で痴漢をされている雰囲気を出してほしい」というものでした。

さて、ここで1つ問題が。
別に痴漢行為を風俗店内で働くことは全く問題ないのですが、当時勤めていたお店は狭い
スペースの中にベッドがでーんと置いてある、といういたってシンプルかつ簡易的な作り
のお部屋。当然、つり革もなければベンチシートもありません。
……どうしたらいいんだ。つり革なんてないし電車を思わせるものは何もない……。
まあ座るところはベッドでいいとして、電車と言えばつり革なのに!とパニックになった
わたしに、店員さんはこともなげに「エアつり革してあげたら」とのたまいました。

エアつり革。
つまり、あるフリをしてあげればいい、と言う意味です。
でもちょっと待って。
わたしはただの風俗嬢で、そんな演劇めいたことは未経験。しかも長時間(60分)もそれ
をしろと…!? と思ったのですが、まあ、やればなんとかなるというか力技でなんとか
した感じでした。

結局、壁に寄り掛かるような感じで片手だけずっと挙げている、という動作でつり革感を
演出していたのですが、お客様はそれでも多少満足して頂けたご様子で、間をあけずご来
店くださるように。

……でもそのお客様が来る日は、必ず右手が筋肉痛になるというおまけが付きましたが^^;

 

このお客様に限らず、人に言えないような願望をお持ちのお客様はほんとうに沢山いらっ
しゃいます。その全てを叶えることは到底無理だと思いますが、それでも多少なりとも夢
を叶えられるよう、風俗嬢たちはこんな風に頑張ったりしている訳です。

それにしてもきっと間抜けな絵だったと思います。エアつり革。