« | Home | »

2012/04/12

皆さん、おはようございます。
4月です。
何事も新しくなる季節ですが、
当然のことながら会社組織にも新しい顔が・・。

新人さんは、当たり前ですが、まだまだ不慣れです。
以前、派遣登録に行ったことがありましたが、
その時の社員さん、説明してくれるのはいいのですが、
文章を一生懸命、はっきり読んでいるのですけど、
何にも頭に入ってこないし、第一ついていけない。

普通に考えて、音読する速さよりも
黙読の速さの方が速いはずです。
ところがついていけない。

しかし、この社員さん、
別に弾丸トークをしているわけではないんです。
ちょっと早口なだけ。
しかも、滑舌はよろしく、
何と言ってるのかはわかります。
そう、こちらも見ている資料を読んでいるだけ。

結局、この人が、何を言ったのかはわかりました。
しかし、どんな内容だったのかはわかりません。
早い話が、何と発音したかはわかるけれど、
話の内容は全く残らない、という状態です。

理由はたった一つ。
抑揚がまったくないからなんです。
口調は丁寧なんですが、
発語は棒読み。
また、そんな読み方だから、
適正な速さよりは少し速い。

・・・すると、明瞭だが不明確な話になるのです。
初めてに近い仕事で、緊張するとやりがちなことです。
ややもすると、我々発語のプロですらやらかしてしまいます。

これで、テンポは落ちたが抑揚が・・・であれば、
それはただの下手くそというもの。
しかし、テンポも速い、抑揚もない、というのは
下手くそ以前の話です。
新社会人の皆さん、テンポを落として、
その分抑揚にまわしましょう。
それには、言葉一つ一つを自分で噛み砕くことです。

2012/04/12 10:41 | 雑筆 | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
Comments are closed.
No comments.