« | Home | »

2012/06/29

今月の「月刊ダイバー」7月号(6/10発売・ダイビング雑誌)に、昨年10月に行ったラパス(メキシコ)の記事が掲載されていました。

ジンベイザメに喰われる~!!

捕食中のジンベイザメと、喰われそうになっている(?)私です。笑
撮影:鍵井靖章

 

野生のジンベイザメと初遭遇!

その大きな体、甚平模様の美しき体に大興奮でした。

水面付近のプランクトンを補食している時はほとんど動かないので、間近で観察することができました。
上の写真のときに撮影した写真がこちらです。

撮影:鈴木あやの

大きな口を開けて、プランクトンなどを補食しています。
海水を勢いよく吸いこみ、えらで濾しとって食べています。

海水を吸い込む水流で、渦がおこります。
私も吸い込まれそうでした~♪

 

ジンベイザメ、一生懸命捕食しており、こちらを気にせず、ずーっと近くにいたのでいろんな写真を撮りました。
こちらは、先ほどの月刊ダイバーの記事のために撮影している鍵井さんたちと、ジンベイザメの半水面。


photo by Ayano Suzuki

海の中から見ると、私よりも彼らが捕食されてるみたい~
お互い撮り合う、楽しいですね!

 

メキシコのラパスでは、野生のアシカとも本当にたくさん一緒に泳ぐことができました。
そのときの記事はこちらです↓
http://www.junkstage.com/ayano/?p=894

アシカはイルカと同様哺乳類。
アシカも好奇心旺盛で、人と遊んだり、一緒に泳いでいると泳ぎ方が変わってきたりというのが見て取れます。
面白い!

ジンベイザメは・・・ やっぱり魚ですね~。
共に泳ぐなら、好奇心旺盛で、学習能力が高く、さまざまな感情や行動が見て取れる、イルカなどの哺乳類の方がおもしろくて好きだなぁ、と我思ふ。

しかし、ジンベイザメは、その美しき模様といい、巨体といい、本当にかっこいい!
また撮影して、もっと知りたい被写体です。

■■■ ドルフィンスイマー・水中モデル・イルカ写真家  鈴木あやのHP ■■■ http://ayanoo.com/

 

■ 最新お知らせはこちら http://ayacat219.iza.ne.jp/blog/entry/2686393/ http://ayanoo.com/2012/06/post-20.html

■■■ Facebookページ http://www.facebook.com/#!/pages/Ayano-Suzuki-Dolphin-Swimmer-Photographer-Under-Water-Model-/249429355123950

■■■ 産経iza! 専門家ブログ ■■■ 「イルカの瞳に魅せられて ~水中モデルという仕事~」