« | Home | »

2009/06/05

出産と子育てをテーマに書いているのだから、避けて通れないのに普通は避けられている話を少々。
我が家は日本の伝統(?)に則って、ダブルベットで川の字で寝ているのですが。
男女関係を尊重する国かのおフランスでは、「子どもと夫婦は産まれてすぐ別の部屋で寝る」のが当たり前だそう。
それを知った時、授乳やらおむつ替えやらの度にそっちの部屋に行かなきゃいけないなんてなんてめんどくさいんだ! 日本に産まれたよかった、と思ったわたしです。
しかし物事に一長一短があるのが当たり前で、日本の方法の悪さにぶち当たる。

いついたせばいいのでしょう??

出産前に見たSexAntTheCityの中で、シングルマザーで出産した主人公のひとりがリビングでいたしてる最中に赤子が泣きだし、彼女は「Mama is coming!!」と叫びつつ最後を迎えようとがんばるものの、男の方が途中でできなくなってしまうとシーンがあって笑ってしまったが、今はひとごとじゃない。
実際、同じベットで寝ていると赤子を挟んでいるのでいたすタイミングが非常にむずかしい。
しかも産後1ヶ月~2ヶ月はいたしてはいけない(出産や悪露によって傷ついているので、雑菌が入ったりさらに傷ついたりするので)。
臨月頃もあまりいたさないのではないかと思うので、普通に3~4ヶ月はいたさない状態が続いているわけだ。
しかもぽこっと夫婦間に侵入し、万里の長城よろしく立ちはだかる赤子(彼らは挟まれて寝ると安心する)。
世の中のご夫婦は、そんな中でどうやって夫婦の営みをなさっているのか、わたしは不思議でたまらない。
世界で一番セックスをしてないのが日本人だというが、それは「川の字」と「夜にするもの」と「秘密でこそっとするもの」という3種の神器が根付いているからではないかと思う。
我が家も残念ながらその中のひとつなので、妊娠後期から現在に至るまでの間、激減しているので。
できることなら、世の中のご夫婦にアンケートしてみたい。「いつ・どこで・どのように」いたしているのか? と。
JunkStage的には、この人とかこの人に聞いてみたいし、この人とかこの人には男性側の意見を聞いてみたい。
そんでもってこの人にアドバイスしてもらったら、いい感じに解決できるかもしれない。

まぁそんなおふざけは置いておいて。
やっぱり夫婦である以上、お互い枯れているわけではないのだから、やっぱりふれあいというものは必要で。
健全にいたしていないのは絶対に不健全。
女感や男感を保つためにも、お互いのホルモンをちゃんと分泌させるためにも、夫婦間を良好に保つためにも。
わたしは男女の関係がなくなった枯れたような両親の方が嫌だし。

……しかし、こんなこと書いてて、そろそろJunkStageをクビになるんじゃないかとヒヤヒヤしております。
その前に一方的にリンクはられたライターさんからクレームがくるかもしれないので先に謝っておこうと思います。
勝手にリンクを張って、大変申し訳ありません。
JunkStage第2回公演のパンフレットで記事を書かせていただきましたが、それにかこつけて、そんなプライベートに関するアンケートをすることなど一切ございませんので、広い心でお許しください。

2009/06/05 04:56 | 夫婦関係と子育て | No Comments