« | Home | »

2009/04/14

①出産 はこちら。

わたしの産んだ助産院の食事の基本「おっぱいに良い食事」。
マクロビオティックの考え方を取り入れている(厳密なマクロビオティックではない)、と言われていました。
マクロビオティックは地産地消と玄米菜食が基本。精製された砂糖・動物性食品は排除したベジタリアン的な食事というのがイメージしやすいでしょうか。
というわけで、産後の体力を消耗したわたしに(普通に元気でした(笑)どんな低カロリーなヘルシーご飯を食べさせるんだ、と思っておりました。
が、マクロビオティックとか精進料理のレシピを見たことがある人はご存じと思いますが、揚げ物があったり、肉の代わりに大豆製品や豆類、穀物、芋類がふんだんに使われて結構ボリューミー。
最初の2日間は魚も出たし(厳密なマクロビオティックは動物性タンパク質はとりませんが、前述の通りマクロビオティックの考え方を取り入れた”おっぱい(母乳)に良い食事なので、お魚もでていました)、夕飯は手作りデザートが出る。
大まかに、朝はお味噌汁とご飯とお漬物と魚(朝ごはんの写真を撮るのを忘れてました……)
昼は麺類。(写真のメニューはペンネ・アラビアータとグレープフルーツゼリー)
p1010173.JPG
夜はご飯、汁物、主菜、副菜2品、デザート。
yuuhan.jpgdesert.jpg

部屋はこんな、普通のお家とかわりません。
p1010172.JPG
埼玉県の田舎にあるので、窓からの景色はこんな感じ。
p1010171.JPG

面会時間は13時~20時と長く、しかも身内だったら20時すぎても大丈夫という感じ。非常にゆるーい。

入院生活は、赤子が泣いたらおむつを替え(布おむつで、やり方を教えてくれる)、おっぱいをあげ、あやし、赤子をつっついたり鼻をつまんだりして遊ぶ(これはわたしだけかも)。
その間に、午前中にシャワー。(水中出産用にお風呂場は広く、湯船はその真ん中に添えつけられている。湯船の大きさは普通)お昼過ぎに赤子の沐浴(お風呂)。
それがあるだけで、いたって暇。
赤子と共に昼寝をしたり、本を読んだり、テレビを見たりと、まさに食っちゃ寝生活(しかもごはんがおいしい)。
掃除も洗濯もないし(あ、家でも旦那様がやってくれてるわ(笑)、ご飯を作る必要もない。
相手をしなきゃいけないのは赤子のみ。
来てくれた友達としゃべったり、差し入れのお菓子をいただいたり。楽しかった。また入院したい(笑)

でもさすがに、母乳で血液をとられ(母乳も牛乳も原料は血液です)、悪露で出血しているので、頭が回転しない。
本も持って行ってのだけど、いかんせん北方謙三の「三国志」だったもんで、当然ながら名前も漢字、地名も漢字。しかも中国だから日本では見かけない組み合わせや、日本にはない漢字のオンパレード。結局読む気にはなれず、天然生活を眺めてました。

わたしの入院期間は3泊4日。日曜日に出産し、木曜日には退院。
初産だと(産んだ日から)4泊5日がその助産院ではスタンダードなのだけど、母乳も売るほど出てたし元気いっぱいだったので、早めの退院となりました。
(実際は、金曜日の夜に一度入院して土曜日の昼に中抜けし、再び土曜の夜から入院しているので6泊になるのですが)

そして嬉しかったのは、入院中に毎日助産師さんが脚のマッサージをしてくれるのです。
食後、赤子が沐浴が終わり、おっぱいを済ませ寝た後、マッサージタイム。
15分~20分、ゆっくりといろんな話をしながらマッサージ。
そのあとそのままお昼寝。至福でした。

夜は助産師さんが泊まり込んでいるのでいろんな話をしたり。
わたしの時はひとりでしたが、他に入院してる人がいる時は一緒にご飯を食べたりおしゃべりしたりと親交を深め、末長い友達になることも多いそう。

さらにラッキーなのが最終日に、「おむつなし育児」「EC」「トイレット・コミュニケーション」「0歳児トイレ」とかいろいろな呼び方をされている「0歳からトイレでうんちとおしっこをしてもらおう」という教室(?)みたいのに参加できたこと。
この助産院で出産し、実際に6ヶ月の息子さんをトイレでうんちをおしっこをさせているお母さんのお話をきけたのです。
毎月第2木曜日にはじめることになったその集まりの一番最初に、たまたま参加できたのです。
そこで思ったのが…赤子、でかい(笑)
みなさん6ヵ月~1歳くらいと、先輩ばかり。当然、はいずり回るし、首もすわってるし、ひとりですわることもできる。
産まれたてで、地球にいきなりおっこってきてしまった宇宙人みたいに不安げな我が子と比べると、もう立派な人間。
6ヵ月で体重が3倍増するので当然ですが。

※2010.11.07 一部、記事を修正しました。

2009/04/14 05:11 | 助産院てこんなとこ | No Comments