« | Home | »

2009/03/26

そろそろ生後3週間。
赤子、まじかわいいです。
いとおしいです。

助産院話の前にちょっと。
なんというか、自分がそんな気持ちを抱くようになるようになるとはまったく思いませんでした。
だって、妊娠しても基本的に子どもは好きでなく(知人の子どもは好き)、スーパーでエスカレーターを逆走する小学生には「邪魔」と言い放ち睨みつけ(びくっとして一瞬でやめる)、行く手に床に転げて泣きじゃくる子どもがいれば「踏むよ」と親を睨み付け、足元のおぼつなかい子どもを歩かせていてぶつかりそうになれば親に向かって「どこ見てんの?」と言い放つ、非常に好戦的な妊婦でございました。
個人的に、4歳とかになって、ぎゃーぎゃーいつまでも泣き続けるのは、泣き続ければ親が願いを叶えてくれるとわかっているから泣くわけで。たんに甘やかしてるだけ。
保育園でバイトしてたからわかりますが、保育園にいつまでもぐずぐず泣き続ける子どもはいませんでした。
というわけで、基本的に小学生以下の子どもへの不満は、親に言うのです。睨みつけても、その年代は睨まれてることがわからなかったりするし。

そんなわたしが、こんなにも赤子をかわいがるとは…。

わたしは親との行き違いがあり、ものすごい長い反抗期を過ごしたので(小学5年くらいから20歳頃まで(笑)赤子ができたら絶対2歳まではつきっきりでいたいと思ってました。
うちは母もフルタイムで働いていたので、わたしの中にずっとあった満たされない感の原因がそこにあった気がするのです。
実際母もそんなような事を言ってましたし。
だから妊娠したとわかった時、専門学校も中途半端で、産むか産まないかを本当に悩み、結局、学校は辞めることにしました。
なもんで、とにかく赤子は、抱っこして、褒めて、笑って育てようと思ってました。
抱っこ癖がつく、とか言いますが。
本当に抱っこしてなきゃ困るのなんて、数か月。
そのうちハイハイで自分で動き回りだし、親が抱っこしたくても抱っこされなくなってくるのですから。
最初の半年や歩き始める1年くらい、がっつり抱っこにおんぶで育てようと思ったのです。
その方が、情緒も安定するような気がしますし(実際どうかは知りません)。
実際、10か月もお腹の中で母体の体温にくるまれていたのに、いきなり別々になって、しかも抱っこ癖がつくとか言って泣いても抱っこしてもらえなかったらすごく不安だし親からの愛情を疑ってしまいたくなるかもしれないではないですか。
そんなわけで、ひとりで寝てても抱っこしてるわたしです(笑)

で。
布おむつに、母乳で育てたくて、ストレスたまるのかなぁと思っていたのですが。
3時間おきに母乳与えるなんて、大丈夫か?と。
しかもうちの王子は母乳飲むのが超ヘタ(笑)
母乳飲む時、口の中が真空状態になるのですが、その真空状態にするのが下手くそで。
何回も何回もくわえなおして、途中、「こんなうまく吸えないおっぱいは嫌じゃ!」と顔を背けらたりしつつ、泣こうと開けた口に乳首を押し込むのです(笑)
そんななんだけど、全然平気。
ほぎゃ…と赤子が泣いただけで不思議と目が覚め、下手くそなので添い乳(添い寝したまま授乳する事)もできないので起き上がって抱っこして授乳する日々です。
で、ちゃんと吸えると「おっぱい吸うの上手だねー」「すごいねー」「いっぱい飲んでくれて嬉しいなぁ」「ありがとう」と言いまくる。
だいたいおっぱいの前か後にはオムツを替えるのですが、「うんちいっぱいして偉いねー」「おしっこいっぱいでたねー、すごいねー」となんでもかんでも褒めまくる。
オムツもおっぱいも大丈夫で、抱っこして泣きやまない時は、しゃべれなくても、目が見えてなくても、目を合わせて「どうしたの?」「どうしてほしいの?」「何が嫌なの?」「教えてよ」ときいてみると、けっこう泣きやむ。
オムツ替えの時も「ちっこかなー?」「うんちかなー?」とオムツをあけ、してれば「気持ち悪いねー」「替えようね」と声をかけ、寒くて泣けば「寒いのやだね」「ごめんね」「ちょっと我慢してね」と言い、替え終わったら「気持ちよくなったね」「やったね」と言う。

赤子は本当に雰囲気を読み取る力が優れていて、「早く寝てくれ」と思ってるとぜったい寝ないし、自分以外に母親の興味をそそる対象(父親とか)がいると、自分に興味をむけようとぐずる。
なもんで、うちでは旦那様がいる時の方が王子はぐずる(笑)

だから、母親がストレス溜まらない状態が、赤子にとっても快適な状態なのだ。
で、自分を快適な状態にするための方法が話しかける事や抱っこする事。
そのおかげかなんなのか、あまり泣かないし、すぐ泣きやむ。
だからストレスがたまらない。
ストレス溜まらないから超かわいい。かわいいかわいいと言ってると余計かわいく思う(自己催眠?)。
かわいいから「良い子だねー」「ありがとう」と口癖みたいに言ってるので赤子もご機嫌な気がします(言葉にも、快・不快な雰囲気ってあるし)。

というわけで。
全国のお母さん。自分の母親や旦那の母親や、周りの人に何を言われようと、褒めて褒めて笑って抱っこして存分に親ばかになって、自分の母性を存分に引き出して、育児しましょー。

2009/03/26 12:48 | ストレスレス育児のミソ | No Comments